こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

〈Jazz Premium Seats(ジャズ・プレミアム・シーツ)〉第4期 15タイトル

タグ : ジャズ復刻&発掘 リイシュー リマスター

掲載: 2021年09月14日 11:57

Jazz Premium Seats

ビル・エヴァンスやアート・ブレイキー、チェット・ベイカーらジャズ・レジェンドがヨーロッパで行なった歴史的ライヴ音源や、J.R.モンテローズやハンス・ダルファーらが残した激レアお宝盤、レイン・デ・グラーフやロブ・アフルベークらヨーロッパを代表するピアニスト達がデクスター・ゴードンやジョージ・コールマンと行なった幻のライヴ・セッションを復刻リリースする欧州発の人気シリーズ企画〈ジャズ・プレミアム・シート〉!

オランダの名門、タイムレス・レコードの創立者ヴィム・ヴィヒトはヨーロッパのトップ・コンサート・プロモーター~プロデューサーとしても知られるジャズ・レジェンド。1970年代のジャズ不況時代、アート・ブレイキーやジョージ・コールマンらヴィヒトのブッキングによりヨーロッパでの人気を不動にし、さらに本国アメリカで復権を果たしたジャズ・レジェンド達は数多い。

さらに当時ヨーロッパに住んでいたJ.R.モンテローズやデクスター・ゴードンらがヴィヒトのプロデュースによりレイン・デ・グラーフやロブ・アフルベーク率いるダッチ・ピアノ・トリオと結成したカルテットはヨーロッパ各地で熱狂をもって迎えられ、またサポート役のダッチ・ジャズマン達の人気も上がりジャズがヨーロッパ各地で大いに盛り上がることになった。

さながら1950年代のハードバップの熱気が1970年代のヨーロッパで再燃したような熱い時代のジャズを中心に、そのレガシーを受け継いだ現代のハードバッパーらの作品までレアで激アツなライヴ作品をリイシューするジャズ・プレミアム・シート、ご期待ください!

ジャズ・プレミアム・シート 第四期 15タイトル
2021年10月20日(水)発売
最新リマスター
日本語解説書き下ろし、
オリジナルジャケット使用
定価:¥1,363 +税

line

ビル・エヴァンス / オランダ・ラジオ・セッションVOL.1

【日本初CD化】1973年と1975年にオランダで行われたビル・エヴァンスのラジオ放送用コンサート音源!エディ・ゴメス(b)とのデュオとエリオット・ジグモンド(ds)を加えたトリオでの演奏はこの時期のエヴァンスの充実ぶりを示す素晴らしい内容!


line

ビル・エヴァンス / オランダ・ラジオ・セッションVOL.2

【日本初CD化1979年にオランダで行われたビル・エヴァンスのラジオ放送用コンサート音源の第2集はマーク・ジョンソン(b)ジョー・ラバーベラ(ds)とのラスト・トリオによる白熱の演奏を収録!M5以降はハーモニカのトゥーツ・シールマンスとのハートフルなセッション!


line

アート・ブレイキー・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズ / オランダ・ラジオ・セッションVOL.2

【日本初CD化】1980年と1983年にオランダのラジオ放送用音源として録音されたメッセンジャーズのライヴ作品第2集!1980年のライヴは神童ウィントン・マルサリスが加入するわずか2カ月前の演奏で、1983年のライヴではテレンス・ブランチャード~ドナルド・ハリソンの黄金コンビがフロント!


line

ディジー・ガレスピー / オランダ・ラジオ・セッションVOL.2

【日本初CD化】ビバップ開祖にしてモダン・ジャズのアイコン、ディジー・ガレスピーがオランダで行ったラジオ放送用音源第2集!キューバの至宝パキート・デリヴェラを加えたクインテット(M1~3)とサム・リヴァースとのレアなコンビによる白熱のライヴを(M4~8)を収録!


line

チェット・ベイカー / オランダ・ラジオ・セッションVOL.2

【日本初CD化】クール・ジャズのアイコン、チェット・ベイカーが1984~85年にオランダで行ったラジオ放送用セッションの第2弾!1984年のライヴはピアノ・トリオをバックにしたカルテットで、1985年はフィリップ・カテリーンを伴ったトリオでクールなチェット節を聴かせる!


line

デクスター・ゴードン / ライヴ・アット・ジ・アムステルダム・パラディーソVOL.1

不世出の名テナー奏者デクスター・ゴードンが1969年にアムステルダムのジャズ・クラブ”パラディーソ“でお気に入りのダッチ・トリオ、シーズ・スリンガー・トリオを率い行った熱狂のハードバップ・ライヴのファースト・セットを収めた白熱のライヴ盤第一集!


line

デクスター・ゴードン / ライヴ・アット・ジ・アムステルダム・パラディーソVOL.2

不世出の名テナー奏者デクスター・ゴードンが1969年にアムステルダムのジャズ・クラブ”パラディーソ“でお気に入りのダッチ・トリオ、シーズ・スリンガー・トリオを率い行った熱狂のハードバップ・ライヴのセカンド・セットを収めた白熱のライヴ盤第2集!


line

ハーブ・ゲラー~ジョン・マーシャル~レイン・デ・グラーフ / ブルー・ライツ~ザ・ミュージック・オブ・ジジ・グライス

【日本初CD化】1950年代からウェスト・コーストで活躍した名アルト奏者ハーブ・ゲラーとビバップ愛を貫くジョン・マーシャルがレイン・デ・グラーフ・トリオをバックに往年のアルト奏者ジジ・グライス楽曲を採り上げグルーヴィに演奏したグライス作品集!


line

バド・フリーマン・アンド・ザ・シーズ・スリンガー・トリオ / ライヴ・イン・ハーレム

【世界初CD化】流れるようなフレーズでファンを魅了するスウィング・テナーの名手バド・フリーマンが1978年にオランダでシーズ・スリンガー・トリオをバックに朗々とスタンダードをブロウした激レアライヴ作品!オールド・スタンダードをゴキゲンにブロウするフリーマンが最高!


line

ジャック・ヴァン・ポール・トリオ / スウィート・ミシィズ

【世界初CD化】ピアノ本常連オランダのジャック・ヴァン・ポールが1978年にトリオで録音したレア盤かつピアノ名盤!スティーヴィー「イズント・シー・ラヴリー」やジョビン「ウェイヴ」などバラエティ豊かなスタンダードを小粋に奏でるヴァン・ポールの真骨頂!


line

カペリーノ・フィーチャリング・ステファン・グラッペリ / ラ・コピーヌ

【日本初CD化】オランダの人気マヌーシュ・グループ“カペリーノ”がマヌーシュ・スウィングのレジェンド、ステファン・グラッペリを招き録音したスタジオ好盤!御大グラッペリによる洒脱で洗練されたヴァイオリンが絶好調、往年のパリのエスプリ漂うマヌーシュ快作!


line

アーヴ・ロクリン・トリオ / ライン・フォー・F.P.

【世界初CD化】アメリカ生まれでオランダをベースに活躍するピアニスト、アーヴ・ロクリンが1982年にトリオで録音したスタジオ佳作!親しみやすいスタンダードを美しいハーモニーとグルーヴィなスウィングで奏でるロクリン・トリオの欧州ジャズ名盤が奇跡の初CD化!


line

エリック・イネケ・ジャズ・エクスプレス / クルージン

【日本初CD化】オランダ・ジャズの重鎮、エリック・イネケがフレッシュな若手を率い結成したジャズ・エクスプレス!アート・ブレイキー&J.Mやホレス・シルヴァー、キャノンボール・アダレイ、ハーパー・ブラザーズ好きはハマる事間違いナシ、2000年代最高のファンキー・ジャズ・グループ好盤!


line

ハリー・ヴァーベク・カルテット / ユー・オア・ノー・ワン

【世界初CD化】オランダのテナー・タイタン、ハリー・ヴァーベクがアーヴ・ロクリン・トリオを伴い吹き込んだ熱き70’s欧州ハードバップ作品!「ブルー・ボッサ」や「シュガー」など否が応でも熱くなる名曲を採り上げ全編豪快にブロウしまくった熱血アルバム!


line

リー・コニッツ~レイン・デ・グラーフ / デライトフル・デュエット2

【世界初CD化】クール・ジャズのアイコン、リー・コニッツとビバップ・ピアニスト、レイン・デ・グラーフが邂逅!デュオで繰り広げるスリリングなライヴ・セッション!1997年にオランダで行われたコンサートを録音し品番まで確定していたものの、何故かオクラ入りとなっていた幻の作品が奇跡のCD化!


line

〈Jazz Premium Seats(ジャズ・プレミアム・シーツ)〉シリーズ

第3期はコチラ
第2期はコチラ
第1期はコチラ