こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Jethro Tull(ジェスロ・タル)|英国プログレッシヴ・ロック界の重鎮、約18年振りとなる新作スタジオ・アルバム『The Zealot Gene』

タグ : アナログレコード プログレッシブロック (Progressive Rock)

掲載: 2021年11月12日 18:34

更新: 2021年12月08日 18:13

Jethro Tull(ジェスロ・タル)

英国プログレッシヴ・ロック界の重鎮=ジェスロ・タルの約18年ぶりとなる新作スタジオ・アルバム『ザ・ゼロット・ジーン (The Zealot Gene)』が発売される。2017年には形になり始めていた『ザ・ゼロット・ジーン』は、ツアーやレコーディングを行うアーティストとしての生業が今までにない不安定要素に直面した時代に、あらゆる意味において因習の打破を目指している。バンドリーダー、イアン・アンダーソンは、聖書のストーリーテリングにおける神話やテーマが新作の歌詞の内容に果たした役割について、以下のように語っている。

「私は聖典の華やかさやおとぎ話のようなストーリーテリングが純粋に好きなところがある一方で、その内容に疑問を呈したり、時には文脈からとんでもない類似点を引き出したりする必要性を感じることがあるんだ。このアルバムは全体を通じて良いこと、悪いこと、紛れもなく醜いことが浮かび上がりつつも、愛、尊敬、優しさといった要素が散りばめられている。」

また、結果的に彼らのツアー計画と新作『ザ・ゼロット・ジーン』の2020年リリースを頓挫させてしまった新型コロナウイルスのパンデミックという、世界を震撼させた混乱を振り返り、アンダーソンは以下のように語っている

「あまりに突然だったよ。科学界や、見識あるごくわずかの政治家たちからの懸念や警告の真っただ中、私たちはみな信じられない思いで自宅に引きこもって、嵐が過ぎ去るのをじっと待っていたんだ」。

Jethro Tull(ジェスロ・タル)

<ジェスロ・タル>(現ラインナップ)
Ian Anderson イアン・アンダーソン (フルート、アコースティック・ギター、ハーモニカ、ヴォーカル)
Joe Parrish-James ジョー・パリッシュ・ジェームズ (ギター)
Florian Opahle フローリアン・オパーレ (ギター) [※アルバムのみ参加]
Scott Hammond スコット・ハモンド (ドラムス)
John O’Hara ジョン・オハラ (ピアノ、キーボード、アコーディオン)
David Goodier デイヴィッド・グーディア (ベース)

国内盤CD


輸入盤2CD+Blu-ray Artbook


輸入盤CD


輸入盤3LP+2CD+Blu-ray Artbook


輸入盤2LP


■収録曲
1. Mrs Tibbets
2. Jacob's Tales
3. Mine Is the Mountain
4. The Zealot Gene
5. Shoshana Sleeping
6. Sad City Sisters
7. Barren Beth, Wild Desert John
8. The Betrayal of Joshua Kynde
9. Where Did Saturday Go?
10. Three Loves, Three
11. In Brief Visitation
12. The Fisherman of Ephesus

ジェスロ・タル|未発表音源や未発表ライヴ映像を追加した4CD/2DVDの50周年エディション『BENEFIT (THE 50TH ANNIVERSARY ENHANCED EDITION)』が登場! >>>>

ジェスロ・タル|異色作『A』がスティーヴン・ウィルソンによるニュー・ステレオ・ミックスにレア音源を多数フィーチャーした3CD+3DVDの豪華エディションで登場!>>>>


レコードアクセサリー