こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

INTERVIEW(3)――自分のなかで変化があった2013年のまとめ

カテゴリ : .com FLASH!

掲載: 2014年02月12日 18:01

更新: 2014年02月12日 18:01

インタヴュー・文/宮本英夫



自分のなかで変化があった2013年のまとめ





──フル・アルバム並みにこれだけ聴きどころが多くて、しかもフル・アルバムより安い(笑)。素晴らしいEPですよ。

「まとまりがあるか?と言ったらわからないけど(笑)。でもヴァラエティーに富んでると思うし、特に“IGNITE”“REVOLVE”は、これからの音楽の作り方を予感した感じがありますね。イメージ通りにそのまんま、作りたいように作ったので。俺はこれからはそれでいいんだな、と思いました」

──では最後に。これから小林太郎がめざすロックの形とは?

「そうだなあ……いま思い出したんですけど、レディ・ガガのライヴDVDを観ていたら、シャウトがハンパないんですよ! 日本で言ったらアイドルみたいな部分もあると思うんですけど、MCの時の〈イエー!!〉っていうシャウトが物凄くて。俺にとってのロックって、ああいうことのような気がする」

──というと?

「曲がこういうふうだからロックだとか、日本では言われると思うんですけど。曲とかじゃなくて、MCで〈イエー!!〉っていうシャウトがカッコ良かったら、十分にロックなんだろうなと思う。単純に、ビリビリッときたら楽しいじゃないですか。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの『Sleep Now In The Fire』でザックが叫ぶ〈イエー!!〉と、レディ・ガガの〈イエー!!〉と、同じ衝撃を受けたんですよ。そういうところでも、細かいことはもうどうでもいい。よく考えると、叫ぶだけで聴いてるほうがテンション上がるなんて、意味わかんないじゃないですか。〈イエー!!〉って言われて〈ウォー!!〉って応える理由なんて、誰にも言えない。だって楽しそうだから、としか言えなくて。ロックの元って、そこな気がする」

──うんうん。

「これからは細かいことはどうでもいいから、本質的なところでロックをやっていきたいと思ってるんですね。というか、ジャンルじゃなくて、すごいエネルギーを持ってる人がステージに立ってるというのがエンターテイメントだと思うんですけど、そういうところでやっていきたいんですよ。これからもジャンルとしてのロックはやっていくと思うんですけど、精神的にはエンターテイナーでありたいし、〈あいつは人並み外れたエネルギーを持ってるからステージに立てるんだ〉と思ってもらえる感じになりたいと思います」

──もうなってると思うけど。

「いやいや。これからそれをやるにあたって、ストレートに出していかなきゃいけないと思うんですね。歌い方も、曲作りも。もう悩んでる暇はないんだろうなと思いつつ、泥臭いロックもやっていきたいし、ナイン・インチ・ネイルズ、ケミカル・ブラザーズとか、ああいうクールでデジタルな感じもすごくやってみたい。かといって、そこで思いっきりわかりやすいJ-Popのバラードがあってもいいし。とりあえず何に関しても、2013年の“太陽”までのような、勉強のために悩みながらやってきたことに区切りをつけて、何も悩まずに、おもしろそうだからと思ったものを片っ端からやってみようと思います。焦る必要もないので、徐々にやっていきます。そういうふうに自分のなかでいろんな変化があった2013年のまとめのEPがこうやってリリースされるのは、感慨深いですね」


記事ナビ

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!