こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

BTS、“Dynamite”が米ビルボード「Hot 100」34位に再浮上。30週連続トップ50達成

カテゴリ : K-POP タワーレコード オンライン ニュース | タグ : K-POP

掲載: 2021年03月25日 17:12

BTS
Photo by Big Hit Entertainment

BTSの“Dynamite”が、ビルボード「メインシングルチャート」に再び浮上し、30週連続トップ50を維持した。

3月23日(以下現地時間)に米音楽専門メディア ビルボードが発表した最新チャート(3月27日付)によると、BTSのデジタル・シングル“Dynamite”が前週比9ランクアップした34位を記録。リリースから7ヶ月が過ぎたにもかかわらず、30週連続「トップ50」を維持すると同時に、「Hot 100」30位台に再チャート・インし、冷めないグローバル人気を証明した。

“Dynamite”はビルボードのほかのチャートでも「グローバルメガヒットソング」の威力を誇示。世界200ヶ国以上の国地域のストリーミングと販売量を集計して順位をつける「ビルボードグローバル」(米国を除く)では2位となり、「ビルボードグローバル200」チャートでは6位にランクされた。“Dynamite”はまた、「デジタルソングセールス」チャートで通算16回目となる。これは、このチャートができて以来、歴代2番目(同率)で多く1位を占めた記録だ。

BTSのアルバムもビルボード・チャートで勢いを増している。昨年11月に発売された『BE』はメイン・アルバム・チャートの「ビルボード200」で前週に比べ3段階上昇した39位を記録し、前週に続き「ワールドアルバム」で1位を、『BE』はそのほか「インディペンデントアルバム」で7位、「トップアルバムセールス」と「トップカレントアルバムセールス」で10位、「テイストメーカーアルバム」で4位を記録した。昨年2月に発売された4枚目の正規アルバム『MAP OF THE SOUL : 7』は前週比35段階も急上昇し、「ビルボード200」で100位となり、56週目のチャートにとどまった。

一方、BTSは今月14日に米国最高権威の音楽授賞式「グラミー賞」で単独ステージを行い、大衆音楽史に一線を画した。

 

▼リリース情報
BTS
アルバム
『BE (Essential Edition)』


 

▼映画情報
『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』
4月2日(金)全国東宝系公開
出演:坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子
木村祐一、池田鉄洋、青野楓
杉本哲太、奈緒、田中哲司、鹿賀丈史、伊原剛志
監督:橋本一(映画『探偵はBARにいる』、『相棒-劇場版IV-』)
原案:「시그널(シグナル)」(C)Studio Dragon&ASTORY/脚本 キム・ウニ
脚本:仁志光佑、林弘
音楽:林ゆうき、橘麻美
主題歌:BTS “Film out”(楽曲提供・プロデュース:back number) 配給:東宝
(C)2021「劇場版シグナル」製作委員会
劇場版公式サイト:https://signal-movie2021.jp/
公式Twitter:@signal_ktv
公式Instagram:@signal_ktv

オススメ情報

オンライン限定 新規メンバーズ登録でもれなく!!500円オフクーポンプレゼント

  • TOWER RECORDS MUSIC
  • オンライン限定全品ポイント15%還元キャンペーン
  • TOWER DOORS
  • Mikiki - music review site