こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

THE ROLLING STONES(ザ・ローリング・ストーンズ)、ミニ・ドキュメンタリー・シリーズ「The Rolling Stones Chronicles」順次公開開始

THE ROLLING STONES

THE ROLLING STONESのミニ・ドキュメンタリー・シリーズ「The Rolling Stones Chronicles」が、VEVO社が開設/管理するYouTubeチャンネルにて2月9日より順次公開開始となった。

The Rolling Stones - The Rolling Stones Chronicles - The Last Time (EP1)

「The Rolling Stones Chronicles」は、60年代の音声/映像資料をTHE ROLLING STONESの音楽に乗せ、分断と動乱の時代を振り返るABKCOとBBCによる画期的なドキュメンタリー・シリーズで、全6エピソードから成る各エピソードのサウンドトラックには、60年代にTHE ROLLING STONESが発表したヒット曲が1曲ずつ設定されている。それらの楽曲に組み合わせられるのは、バンドのメンバーや60年代を代表する著名人らの各話のテーマに関連するインタビューや、その時代に世界各地で発生した歴史的事件の記録映像である。各エピソードは2月9日から3月16日まで、毎週木曜日に1話ずつ公開される。その記念すべき第1弾となるのは「エピソード1 – ラスト・タイム」である。

同エピソードのサウンドトラックには、表題通り、THE ROLLING STONESが1965年に発表したヒット・シングル“The Last Time”(全米9位、全英1位)が使用されている。このエピソードでは、黎明期のロックンロールやシカゴ・ブルースがTHE ROLLING STONESの面々に与えた影響のほか、アメリカ発祥の文化を「逆輸入」したブリティッシュ・インヴェイジョンの皮肉などが描かれている。作中では、メンバーの憧れの的だったB.B. KINGやLittle Richardなど数多くのミュージシャンの映像や、ロンドン出身のTHE ROLLING STONESをシカゴに招いたときのことを語るMarshall Chessの肉声も使用される。このエピソードの最大の見どころを挙げるとすれば、未来のビジネス・パートナーであるMick Jaggerと出会った日のことを語るKeith Richardsのインタビューだろう。そのときJaggerは、当時はあまり知られていなかったR&Bやブルースの名作レコードを抱えて列車に乗っていたのだという。「盗みたくなるような代物を抱えてやがる」と思った、とRichardsは上機嫌で語っている。

第2エピソード以降では、THE ROLLING STONESが時代を象徴する存在として君臨していた1965年から1969年までに起こった文化的な大変革が描かれていく。例えば、英米両国で1位に輝いた大ヒット・ナンバーが流れる「エピソード2 – サティスファクション」(2月16日公開)では、「性の解放」がテーマになっている。そこでは、David Bowie (当時はまだJones姓を名乗っていた) が設立した「長髪男性に対する虐待防止協会 (Society for the Prevention of Cruelty to Long-haired Men)」についても触れられている。

2月23日公開の「エピソード3 – シーズ・ア・レインボー」では、サイケデリアの大流行や、悪名高い「レッドランズの逮捕劇」―― 1967年、当時のRichards邸で過ごしていたJaggerとRichardsが、シンガーのMarianne Faithfullら友人たちと共に薬物の不法所持で検挙された事件などが取り上げられる。

また、1968年にパリなど世界各地で起きた学生運動をヒントに書かれた1曲が流れる「エピソード4 – ストリート・ファイティング・マン」(3月2日公開)は、60年代後半に激化した社会運動を扱っている。その中心として語られるのは、人種差別の撤廃や同性愛者の権利保護、ベトナム戦争への反対運動、学生デモ、北アイルランド問題などに関連して各地で発生した闘争だ。作中では、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアや、「私たちの民族は何よりも、自由、正義、平等を手にする権利がある」という言葉を残したモハメド・アリらの音声/映像資料も使用されている。

続く「エピソード5 – ジャンピン・ジャック・フラッシュ」(3月9日公開)では、コンピューターの黎明期において、テクノロジーやその急激な推進に潜んでいた二面性が描かれる。そこでは核実験、宇宙飛行士、そしてTHE ROLLING STONESの面々によるオリンピック・スタジオでのレコーディング風景(ジャン=リュック・ゴダールが監督を務めた映画『ワン・プラス・ワン』にも使用された)などの映像を交え、東西冷戦、宇宙開発競争、レコーディング技術の進化といった時代の動きが語られていく。

「The Rolling Stones Chronicles」の最終エピソードとなる「エピソード6 – ギミー・シェルター」は、3月16日に公開される予定だ。60年代終盤の変革と動乱をテーマにした同エピソードのサウンドトラックは、1969年のアルバム『Let It Bleed』の記憶に残るオープニング・ナンバーである。ヒッピー・カルチャー、結成メンバーだったギタリストのBrian Jonesの葬儀とハイド・パークでの追悼コンサート、そして「オルタモントの悲劇」はすべて、この第6エピソードで語られる。その中のある場面で、Jaggerはインタビュアーに向けてこう話す。「若者のほとんどは、時代に振り回されることに不満を抱いている」。それに対し「あなたは何に不満を抱いていますか?」と尋ねられた彼はこう答える。「俺たちを振り回す、今の時代だね」。

「「The Rolling Stones Chronicles」では、彼らの音楽を歴史の流れと結びつけている」と語るのはこのシリーズのプロデューサーを務めるロビン・クラインである。「THE ROLLING STONESはあの時代を象徴する存在だったが、それと同時に彼らは、変化を推し進め、変化を映し出し、変化を引き起こす存在でもあったのだ」。ぜひチェックしてほしい。

 

▼リリース情報
THE ROLLING STONES
ライヴ・アルバム
『Grrr Live!』
NOW ON SALE



オススメ情報

TOWER RECORDS MUSIC

新規メンバーズ登録クーポン

Instant Disk Audio

CDレコ

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2023年02月10日 15:35

  • Mikiki - music review site
  • TOWER RECORDS MUSIC
  • オンライン限定 全品20%ポイント還元キャンペーン