こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

松本潤×長澤まさみ×永山瑛太が舞台初競演。野田秀樹新作舞台「正三角関係」上演決定。ロンドン公演も

野田秀樹率いる「NODA・MAP」最新作「NODA・MAP第27回公演『正三角関係』」が日本3都市、そしてロンドンにて上演されることが決定した。

本舞台では、松本潤、長澤まさみ、永山瑛太が舞台初競演。松本潤は野田が20年前に出会ってから、数多くのワークショップに参加してきた。まさに満を持しての「NODA・MAP」初登場。そして、「THE BEE」(2021年)で暴力に屈していく様を儚くも美しく演じ観客を魅了した長澤まさみ。さらに、「MIWA」(2013年)、「逆鱗」(2016年)で清冽で鮮烈なインパクトを残し、近年も表現するたびに新鮮で目覚ましい活躍を見せる永山瑛太。野田が「この作品のために生まれてきた3人」と賞する座組だ。いったい、この3人を中心に野田はどんな物語を描くのか。

物語の発射台は、「カラマーゾフの兄弟」。19世紀ロシア文学を代表するドストエフスキーの最高傑作を入口に、野田は「日本のとある場所のとある時代の花火師の家族」、つまり「唐松族の兄弟」の新しい物語を創り上げた。

その「唐松族の兄弟」を演じるのが、松本、長澤、永山の3人だ。松本が長男の花火師を、永山が次男の物理学者を、長澤が三男(!)の聖職者を演じ、この三兄弟の父親を竹中直人が演じる。いつもの如く、観客の観劇当日の新鮮さのために、「NODA・MAP」の新作公演は幕が開くまで物語の全貌が明かされない。とはいえ、「松本は心が荒廃した花火師、長澤は性格的にも真反対の“男役”と“女役”の二役を演じ分け、永山は神をも恐れぬ不敵なインテリと、3人いずれも新鮮な役どころである」という断片的なインフォメーションが明かされている。

さらに、村岡希美、池谷のぶえ、小松和重といういずれも近年の「NODA・MAP」作品で圧倒的な存在感を放ってきた役者が勢揃い。毎回、何役を演じるのか注目が集まる野田秀樹も舞台に立つ。ここに「NODA・MAP」を語るうえで欠かせない変幻自在な17名の精鋭アンサンブル・キャストが合流。総勢25名のキャストがめくるめく野田ワールドを展開する。この芝居そのものが、演劇界の「事件」とも言えるこのドリーム・キャストが起こす化学反応は必見だ。

また、英語タイトルは「Love in Action」。従来、日本から海外へ舞台作品を持っていく場合は「再演」のもの、すでにできあがった作品を持っていくのが通例である。しかし、今回は「新作」をロンドンへ持っていくという、さらに「挑戦的な海外公演」となる。

 

▼上演情報
「NODA・MAP第27回公演『正三角関係』」
7月11日(木)~8月25日(日)東京芸術劇場 プレイハウス
9月5日(木)~9月11日(水)福岡 J:COM北九州芸術劇場 大ホール
9月19日(木)~10月10日(木)大阪 SkyシアターMBS
10月31日(木)~11月2日(土)ロンドン Sadler's Wells Theatre
作/演出:野田秀樹
出演:松本潤 / 長澤まさみ / 永山瑛太 / 村岡希美 / 池谷のぶえ / 小松和重 / 野田秀樹 / 竹中直人 / 秋山遊楽 / 石川詩織 / 兼光ほのか / 菊沢将憲 / 久保田武人 / 後東ようこ / 近藤彩香 / 白倉裕二 / 代田正彦 / 八条院蔵人 / 引間文佳 / 間瀬奈都美 / 的場祐太 / 水口早香 / 森田真和 / 吉田朋弘 / 李そじん
「正三角関係」公式ホームページ:https://www.nodamap.com/seisankaku/

オススメ情報

新規メンバーズ登録クーポン

TOWER RECORDS MUSIC

セブン-イレブン受け取りサービス

最新のアナログレコード情報はこちら

towerbooks

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2024年04月18日 16:00

  • Mikiki - music review site
  • TOWER RECORDS MUSIC
  • 夏のタワーレコードSALE