こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

初出時に大反響を巻き起こしたラトルのシベリウス全集がクリア・レコード盤でリリース!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) クラシックLP

掲載: 2019年10月07日 18:00

ラトルのシベリウス全集LPレコード

ラトルのシベリウス全集が
クリア・レコード盤でリリース!

「ベルリン・フィル・レコーディングス」からサー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によるシベリウス交響曲全集の7枚組クリア・レコード盤が発売されます。カバー写真は、これまでのCD,SACDと同様フィンランドの写真家ヨルマ・プラーネン。このアナログ・セットでは、それぞれのスリーブ・ケースに違うデザインが施されています。ブルーを基調とした写真と、クリア盤のLPがシベリウスの音楽を思わせる、演出となっています。

ラトルは1981~1987年にかけてバーミンガム市交響楽団とシベリウスの全集をレコーディングしており、今回が2度目の全集録音となります。ラトルは子供の頃からイギリス人としてシベリウスに愛着があり、リバプール・フィルで指揮者としてデビューした際も、シベリウスの交響曲第5番を振っており、ラトルにとってシベリウスは特に思い入れのある作曲家のひとりであることがわかります。このベルリン・フィルとのシベリウス・チクルスは、2002年の首席指揮者就任からの希望であり、2015年シベリウス・イヤーにあわせて録音されました。

[ラトル、シベリウスを語るから]
マーラーの音楽では、人間と自然、とりわけ彼自身がテーマとなっています。しかしシベリウスでは、「人がそこにいる」とは感じられません。もし人間がいるとすれば、自分自身の「不安の藪」に入り込み、捕らわれた人がいる、という意味においてでしょう。つまり、そこに足を踏み入れる者は、もう二度と帰って来られないかもしれないのです。私はシベリウスの音楽の本質は、最終的にはそこにあるような気がします。
(キングインターナショナル)

ラトルのシベリウス全集LPレコード

シベリウス:交響曲全集

LP1:交響曲第1番 (37:39) LP5:交響曲第5番 (30:32)
LP2:交響曲第2番 (43:12) LP6:交響曲第6番 (29:13)
LP3:交響曲第3番 (28:17) LP7:交響曲第7番 (21:48)
LP4:交響曲第4番 (36:50)

サー・サイモン・ラトル(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】
2014年12月18-20日(5番)2015年1月28日~2月6日(1~4番)2015年2月7~9日(5~7番)
録音場所:フィルハーモニー、ベルリン
[24bit/192kHz録音]
Vinylマスタリング:ライナー・マイヤール、エミール・ベルリナー・スタジオ
カバー写真:ヨルマ・プラーネン

【仕様】
KKC.1149/55(7LP)
180g
限定盤Clear Vinyl
輸入盤・日本語帯・解説付