こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

インド映画の崇高なる傑作。グル・ダットの『渇き』が18%オフ

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 映画 MOVIEリイシュー

掲載: 2011年02月22日 18:00

更新: 2011年02月25日 14:01

2005年、タイム誌による映画史上の名作100選の1本に選出されたグル・ダットの代表作。魂の内面に触れるような深みを帯びたインド映画屈指の傑作として、不滅の輝きを放つ本作。全編にちりばめられた詩人サーヒルによる歌や詩は、人生の真実を映し出し、観る者の共感を誘います。グル・ダットが発見した女優ワヒーダー・ラフマーンの魅力的な演技も必見。1988年に日本で開催された「大インド映画祭」で初上映された際には大反響を呼び、熱狂的な信者を生み出しました。監督として、そして俳優として非凡な才能を発揮しつつも39歳でその命を絶ってしまったグル・ダット。彼の遺した素晴らしい作品を是非体験してください。

【ストーリー】
売れない詩人ビジャイは、世間からも家族からも見捨てられていたが、ただひとり娼婦グラーブだけは彼の詩を愛していた。やっと出版社に職を見つけたヴィジャイだが、社長の妻が大学時代にビジャイの恋人であったミーナであることを知り、愛より金を選んだ彼女に失望する。そんなとき、ある出来事から、ビジャイは事故死したと思われてしまう。悲しんだグラーブは彼の遺稿集を出版するため、自分の宝石を費用として出版社の社長に差し出す。詩集はベストセラーになり、ビジャイに冷淡だった者たちも一転して故人の才能を惜しむが、彼が生きていたと分かるとビジャイを精神病院に幽閉してしまう。果たしてビジャイの運命は?

インド人監督グル・ダット&サタジット・レイの作品たち。

インドっぽい名前の中国の電子楽器。