こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

〈PUNKSPRING 2017〉出演!レス・ザン・ジェイク、7曲入りミニ・アルバム

タグ : PUNK/EMO

掲載: 2017年01月27日 18:05

Less Than Jake

 

新曲で作詞者でありドラマーのVinnie Fiorello が「唯一続いている事は変わっていくこと」という一節をサビの部分で書いている、まったくもってそのとおりだと僕は思った。この歌詞に気づいて、噛み砕いて、呑みこむと、たちまち良い気分になる。電光石火のごとく、前を向いて進もう。全てのもの、人は変わっていく、嫌でも世界は周っているのだ。

Less Than Jake の新しいEP、「Sound The Alarm」はバンドの25 周年を記念するとともに彼らのエキサイティングな新しい章に入ったことを示している。そして新たにアメリカではPure Noise Records と契約をかわしている。7 つのスカに浸み込ませたパンクの曲はリスナーに彼らの覚えやすいメロディーラインを作り出す素晴らしい才能を認識させる。

「前作の “ See The Light ” と似たような感じでこれらの曲を作り始めたんだ、俺たちの倉庫でアコースティックギターと紙に走り書きした歌詞、そして次々と浮かんでくるアイデアをもってみんなでテーブルを囲んで座ってね」とVinnie が話す。「浮かんでくる曲のアイデアを試してみたり、時にはそれを追ってみたり、またそのアイデアに結びついたり、すぐに結びつかなかったり。ワープドツアーの間に曲をかいたりアイデアを出し合ったりしていたよ」。

「Sound The Alarm」はベースのRoger Lima のプロデュースでレコーディング、コロラド州のフォートコリンズにあるパンクシーンでは有名なスタジオのブラスティングルームでミックスを行い、去年のワープドツアーを終えた後に仕上げられた。

Less Than Jake はメジャーやインディーのいろいろなレコードレーベルからリリースをしてきたが、南カリフォルニアのPure Noise Records という新しいホームを見付けた。

「ワープドツアーでサンフランシスコを訪れたときレーベルのJake に会って一緒にやらないかという話をした」Vinnie が続ける、「彼はLTJ の長いファンで、俺たちの歴史も良く知っているからバンドが向かっていく先を知っている。バンドとレーベルがお互いに尊敬しあえることはとても大切で、LTJ とPure Noise Records はまさしく関係性をもっているんだよ」。(Liner-notes by PURE NOISE RECORDS)

【来日情報】
PUNKSPRING 2017 Final!
3月25日(土)神戸ワールド記念ホール
3月26日(日)幕張メッセ9~11ホール