こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

マーラー9番日本初演も収録!NHKマスターからCD化され大きな話題をさらったコンドラシンの来日公演を5枚組セット化!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック) GUSTAV MAHLER

掲載: 2021年02月24日 15:00

コンドラシン

最新マスタリングで音質全面刷新!!
皆が虜になったあの壮絶サウンドが次々に迫りくる
新たによみがえったマーラー9番日本初演も必聴
巨匠コンドラシン語り継がれるべき来日公演

NHK収録のオリジナルマスターからCD化され、大きな話題をさらったコンドラシンの1967年来日公演を5枚組セット化!ALTUS最新技術を尽くした新リマスターで音質大改善、ブックレットも単売CDと同じ原稿をしっかりと網羅。さらに指揮者・坂入健司郎氏による書き下ろし原稿も掲載。完全限定生産品のため、お早目の入手をお勧めします!
注目すべきはDISC1のマーラー9番。これが日本初演で、日本音楽史における最重要記録のひとつです。しばらく流通しておらず廃盤状態でしたがこのセットで待望の復活。一部マスターテープの状態に起因する音質の難がありましたが、このたび丁寧にリマスターし可能な限り修正、ふたたびこの名演を世に問うこととなりました。凍りつくような緊張感と、冷酷での容赦のない推進力が凄まじい印象をもたらします。『悲愴』やショスタコーヴィチも言わずもがなという壮絶さで、これこそが皆が虜になったあのコンドラシンの音であると納得。ヴァイオリン協奏曲でのオイストラフとの共演も聴きものです。そしてDISC3は驚きのアンコール集、まさかマーラー3番の2楽章をやってしまうとは…芥川も本家ソ連の演奏で聴けます。超充実のラインナップで迫る、コンドラシンの記念碑的大名演集!
(キングインターナショナル)

【曲目】
[CD1]
マーラー:交響曲第9番ニ長調(日本初演)
ライヴ録音:1967年4月16日/東京文化会館

[CD2]
グリンカ:歌劇《イワン・スサーニン》序曲
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」 Op. 74
ライヴ録音:1967年4月4日/東京文化会館

[CD3]
〈アンコール曲集〉
芥川也寸志:弦楽のためのトリプティークより プレスト
ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」よりロシア舞曲
マーラー:交響曲第3番より 第2楽章メヌエット
プロコフィエフ:「3つのオレンジへの恋」より スケルツォ、行進曲
ワーグナー:「ローエングリン」第3幕への前奏曲
ドビュッシー:「夜想曲」より 祭り、「牧神の午後への前奏曲」
ラヴェル:「ラ・ヴァルス」
ライヴ録音:1967年4月4-20日/東京文化会館

[CD4]
(1)ショスタコーヴィチ:交響曲第6番 ロ短調
(2)ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調*
ライヴ録音:(1)1967年4月18日、(2)1967年4月4日/東京文化会館
*ダヴィッド・オイストラフ(ヴァイオリン)

[CD5]
ムソルグスキー:歌劇《ホヴァンシチナ》前奏曲(モスクワ河の夜明け)
ショスタコーヴィチ:交響曲第8番 ハ短調 Op. 65
ライヴ録音:1967年4月20日/東京文化会館

【演奏】
キリル・コンドラシン(指揮)
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団