こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

LSO次期首席指揮者パッパーノによるヴォーン・ウィリアムズの交響曲第4&6番(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2021年04月27日 12:00

パッパーノ

次期首席指揮者パッパーノによるヴォーン・ウィリアムズの交響曲第4&6番が登場!!

サイモン・ラトルの後任としてロンドン交響楽団(LSO)の首席指揮者に就任することが決まっているアントニオ・パッパーノによる録音が早速登場!
内容は、「もっともイギリス的な作曲家」とも呼ばれるヴォーン・ウィリアムズの交響曲第4,6番という直球プログラム。この2作品は第2次大戦の影響が色濃く現れた作品です。第4番は、第2次大戦直前の不穏な時期を反映した緊迫感みなぎる曲。そして第6番は、戦中から戦後にかけて書かれ、先の第4番を発展させたような強烈な迫力に満ちた音楽です。
パッパーノは、LSOの首席指揮者に就任したことを受けて「1996年初めて共演して以来、この素晴らしい音楽家たちの団結心に圧倒されていました。私が選ばれたことは、まさに"夢が叶った"ようで、最も素晴らしい贈り物です。ロンドンを私の音楽の故郷とすることを約束し、これから私を待っている重要な旅を楽しみにしています。」と語っています。ロンドン交響楽団の新時代を予見させる、期待感あふれる1枚となっています。
(キングインターナショナル)

【曲目】
ヴォーン・ウィリアムズ:
交響曲第4番ヘ短調
交響曲第6番ホ短調

【演奏】
サー・アントニオ・パッパーノ(指揮)
ロンドン交響楽団

【録音】
2019年12月12日(第4番)
2020年3月15日(第6番)
バービカン・ホール、ロンドン(ライヴ)

輸入盤

LSO 0867
(SACD Hybrid)
68分06秒収録

 

輸入盤:国内流通仕様

KKC 6381
(SACD Hybrid)
輸入盤・日本語帯・解説付