こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

マックス・リヒターの世界初録音となるバレエ音楽“エグザイルス”&代表作のオーケストラ・ヴァージョンを収録!『エグザイルス』

カテゴリ : ニューリリース | タグ : クラシックLP

掲載: 2021年06月18日 18:00


[MaxRichterMusic 公式チャンネルより]

ポスト・クラシカルのカリスマ、ストリーミング再生2億回超のマックス・リヒターによる最新オーケストラ・アルバム。

バレエ音楽『エグザイルス』の世界初録音!
『エグザイルス』は、ネザーランド・ダンス・シアターで2016年に初演されたバレエ「 サンギュリエール・オディセ(Singuliere Odyssee) 」の音楽。
このバレエは2019年6月のネザーランド・ダンス・シアターの来日公演にて上演されました。
2011年3月「アラブの春」と呼ばれた民主化運動による内戦から逃れた「移民危機」を題材にした作品。

「オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライト」他、リヒターの代表曲のオーケストラ・バージョンを新録音で収録。オーケストラのゴージャスなサウンドがより感動を深めます。
演奏は現代音楽のエキスパートで、2019年のマックス・リヒターの日本公演も指揮したクリスチャン・ヤルヴィ。

LPは180g重量ブラック盤
(ユニバーサルミュージック)

『エグザイルス』
【収録内容】
マックス・リヒター:
1. フラワーズ・オブ・ハーセルフ(『ウルフ・ワークス』から)
2. オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライト(『ブルーノート・ブック』から)
3. ホーンテッド・オーシャン(『戦場でワルツを』から)
4. インフラ5(『インフラ』から)
5. サンライト(『ソングズ・フロム・ビフォー』から)
6. エグザイルス

【演奏】
クリスチャン・ヤルヴィ(指揮)
バルト海フィルハーモニック

CD

 

LP(2枚組)

[180g重量ブラック盤]

 

<Max Richter>
現代音楽シーンに燦然と立つカリスマ、マックス・リヒター。シンセサイザー、コンピューター、そしてフルオーケストラまでを駆使した因習にとらわれない活動からは、数々のソロ・アルバム、バレエ音楽、コンサート会場でのパフォーマンス、映画/テレビシリーズ、映像アート・インスタレーション、舞台作品が生まれてきた。彼の書く曲は、美しさと知性を併せ持ち、聴く者の心を落ち着かせ、和ませる。その根底には洗練された品性があるのだが、決して格式張らず、親しみが持てる。そんな彼の魅力があってこそ、今やストリーミング回数は10億回を突破。アルバム・セールスも100万枚以上という快挙を遂げている。

ソロ・アルバムの影響力が大きすぎたこともあり、長く“アヴァンギャルド” のレッテルを貼られてきたリヒターだが、最近は映像クリエイター達とのコラボレーションも多く、その名は広く一般に知られるようになった。ゴールデン・グローブ賞、ヨーロッパ映画賞を受賞した『戦場でワルツを』を始め、HBOのカルト的ドラマ『LEFTOVERS /残された世界』、ジェシカ・チャステイン主演『女神の見えざる手』、クリスチャン・ベール主演『荒野の誓い』、チャーリー・ブルッカー製作総指揮『ブラック・ミラー』、そして初のエミー賞ノミネートをリヒターにもたらしたトム・ハーディー主演『TABOO /タブー』など。スコアの書き下ろしだけではない。マーティン・スコセッシ(『シャッター・アイランド』)、ドゥニ・ヴィルヌーヴ(『メッセージ』)など、“特別な” 音楽を求める監督達の多くが、リヒターのカタログにその答えをみつけてきた。

近作としては、マシュー・マコノヒー主演『ホワイト・ボーイ・リック』、シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビー主演『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』、ブラッド・ピット主演『アド・アストラ』、HBOシリーズ『My Brilliant Friend』のスコアを手がけている。次なる舞台プロジェクトは、原作マーガレット・アトウッド、英国人振付師ウェイン・マクレガーによる新作バレエ『MADDADDAM』である。


[参考音源:Nederlands Dans Theater (NDT) 公式チャンネルより]