こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ALTUS「グレン・グールド 若き日の記録」シリーズ第3集はベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第28番、エロイカ変奏曲、他

カテゴリ : ニューリリース | タグ : BEETHOVEN 2020

掲載: 2021年06月22日 00:00

グレン・グールド

バッハに次いで重要な位置を占めるグールドのベートーヴェン、若さあふれる強烈演奏!
目くるめくスピードと迸るエネルギー、破格の演奏スタイルから生まれた無二の音楽

ベートーヴェンは一生をかけて対位法に取り組み、後期の作品でその完全性を高めた。グールドによるとそれはバロック時代のものとは似つかぬ統合的な対位法であり、ソナタなどの古典派的な構造の要請に応じたもので、それによって構造の修正も行われるという―

ALTUS最新技術で鮮やかに蘇る、グールド若き日の貴重なCBC録音。才気ほとばしる類まれな感性、CBS専属契約前に残した名演奏が望みうる最高の音質で登場!
シリーズ第3集はベートーヴェンのソナタと変奏曲です。ソニーに録音のないソナタ28番が実に貴重。放送ライヴならではの勢いにあふれ終楽章展開部フーガの怒涛の凄まじさはとにかく圧倒的。若々しく白熱する面白さが強く出た無二の演奏です。『エロイカ変奏曲』も後半に進むにつれどんどんエネルギーが充溢していく力演。ベートーヴェンにとって重要なファクターであるフーガや変奏の技法はグールドにとっても大きな武器となる表現要素であり、さらにバッハとは異なる魅力を引き出している所も見逃せないポイント。シュナーベルやバックハウスといった当時のベートーヴェン弾きと比較するなどしてグールドの演奏を考察した解説書も読みごたえがあります。
ジャケット・デザインはシルバーを用いたこだわりの印刷。画面上の画像データでは再現できない色になっておりモノとしての価値も十分。ぜひコレクションに加えたいアルバムです。

※なるべく本来の響きを削ぐことのないようリマスターしているため、マスターに起因するノイズがございます。ご了承ください。
(キングインターナショナル)

【曲目】
ベートーヴェン:
(1)ピアノ・ソナタ第19番 ト短調 作品49-1
(2)ピアノ・ソナタ第28番 イ長調 作品101
(3)ピアノ・ソナタ第4番 変ホ長調 作品7より 第2楽章
(4)創作主題による6つの変奏曲 ヘ長調 作品34
(5)創作主題による15の変奏曲とフーガ 変ホ長調『エロイカ変奏曲』作品35

【演奏】
グレン・グールド(ピアノ)

【録音】
(1)(5)1952年10月5日
(2)(3)1952年10月12日
(4)1952年9月28日
原盤:カナダCBC