こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

パーテルノストロ&ウィーン放送響~エルンスト・フォン・ドホナーニ:組曲 嬰ヘ短調、アメリカ狂詩曲&ヴェイネル:セレナード

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年06月30日 00:00

エルンスト・フォン・ドホナーニ

名指揮者クリストフ・フォン・ドホナーニの祖父、エルンスト・フォン・ドホナーニ(ドホナーニ・エルネー)。ピアニストとして活躍しただけではなく、教育者としてはアニー・フィッシャーやゲオルク・ショルティなど数多くの弟子を育て上げた優れた功績で知られます。作曲家としても数多くの作品を残しましたが、残念なことに演奏される機会が多いとはいえません。

このCapriccioのシリーズではドホナーニのロマンティシズムと官能性に満ちた作品の数々を現代に蘇らせています。
シリーズ第5集となるこのアルバムに収録されているのは、1幕ものの歌劇《シモーナおばさん》の序曲と、ドホナーニの代表作の一つ「組曲 嬰ヘ短調」、彼の最後のオーケストラ作品となった「アメリカ狂詩曲」の3曲。
なかでもアメリカ民謡が数多く引用された「アメリカ狂詩曲」は聴きごたえたっぷりの作品です。
添えられているのはドホナーニより8歳年下のレオー・ヴェイネルの「セレナード」。彼もドイツ・ロマン派とハンガリー民謡の融合を目指した作曲家の一人です。

演奏は世界的なオーケストラと数多く共演し、卓越したパフォーマンスで活躍する指揮者パーテルノストロ。交響曲第1番(C5386)に続くドホナーニ作品のアルバムとなります。
(ナクソス・ジャパン)

【曲目】
エルンスト・フォン・ドホナーニ(1877-1960):
1. 歌劇《Tante Simona シモーナおばさん》 Op.20 - 序曲(1911/12)

組曲 嬰ヘ短調 Op.19(1908/09)
2. I. Andante con variazioni
3. I. Variation 1: Più animato
4. I. Variation 2: Animato
5. I. Variation 3: Andante tranquilol
6. I. Variation 4: Allegro
7. I. Variation 5: Vivace
8. I. Variation 6: Adagio
9. II. Scherzo
10. III. Romanze / Romance
11. IV. Rondo

12. アメリカ狂詩曲 Op.47(1953)

レオー・ヴェイネル(1885-1960):セレナード ヘ短調 Op.3(1906)
13. I. Allegretto quasi andantino
14. II. Lebhaft, sehr rhythmisch
15. III. Rubato - Andantino - Allegretto
16. IV. Allegro molto

【演奏】
ロベルト・パーテルノストロ(指揮)
ウィーン放送交響楽団

【録音】
2019年6月18-19日…2-12
2020年6月22-23日…1,13-16
Wien, RadioKulturhaus(オーストリア)