こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

フルトヴェングラー / ベートーヴェン:交響曲第5番(アナログLP盤:2021年リマスター)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) クラシックLP BEETHOVEN 2020

掲載: 2021年07月02日 12:00

更新: 2021年09月17日 12:00

フルトヴェングラー正規レコード用録音集大成

フルトヴェングラー生誕135年記念!
2021年新リマスター音源による先行アナログLP盤発売!

ワーグナーとブルックナーの解釈者として名を馳せたにもかかわらず、フルトヴェングラーは一貫してベートーヴェンの音楽を愛していました。フルトヴェングラーは何度も何度もベートーヴェンの交響曲を演奏し、最後の数年間でコンサートプログラムとしてますます支配するようになりました。フルトヴェングラーは、ドイツの伝統的な指揮者としての集大成でした。その見解では、楽譜は真実の一部しか伝えてないといいます。有名な批評家ネヴィル・カーダスによると「フルトヴェングラーは、印刷された楽譜は最終的な声明とは見なさず、想像力に富んだ概念の非常に多くのシンボルと見なし、常に変化し、常に主観的に感じられ、それを実現した」と語っています。この1954年のウィーン楽友協会でのスタジオ録音での「運命」でも、彼の柔軟でありながら有機的なテンポの扱いの素晴らしい例といえましょう。ドラマのように絶え間なく変化する脈動に応じてテンポが変化されますが、すべてが駆動され、単一の根底にある衝動によって浸透されます。同時に、バランスと明快さに対する指揮者の関心は、私たちがすべてを聞くようなものです。すべてのメロディラインが光り輝くように聞こえ、すべての鋭いアクセントが物語っています。
 ここに収録された第5交響曲は、2021年9月24日に発売予定されております「フルトヴェングラー正規レコード用録音集大成」用として、2021年Studio Art & Sonによるオリジナル・マスターテープからの24bit/192kHzリマスター音源が採用され、LPはこの新しいリマスタリングでの先行初公開となります。これまでの一番新しいリマスター音源は2010-2011年にアビイロード・スタジオによるものでしたが、今回では最新デジタル機器とさらなる高ビットによる入念なる新しいリマスターにより、これまで以上にマスターテープに残された記録が再現されています。なおこの音源は、この180gアナログLP盤(数量限定生産盤)と、デジタル配信のみの、先行発売となります。
(ワーナーミュージック)

【収録曲】
ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調Op.67
SIDE A:I. Allegro con brio
       II. Andante con moto
SIDE B:III. Allegro
       IV. Allegro – Presto

【演奏】
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】
1954年2月28日、3月1日、ウィーン、ムジークフェラインザール

【使用音源】
2021年Studio Art & Sonによる、オリジナル・マスターテープからの24bit/192kHzリマスター音源

好評発売中!最新リマスター音源からのアナログLP第1弾

フルトヴェングラー

【曲目】
ベートーヴェン:
《LP1》
[SideA] 交響曲第1番ハ長調Op.21~第1楽章、第2楽章、第3楽章、
[SideB] 交響曲第1番ハ長調Op.21~第4楽章/交響曲第3番変ホ長調Op.55『英雄』~第1楽章

《LP2》
[SideA] 交響曲第3番変ホ長調Op.55『英雄』~第2楽章
[SideB] 交響曲第3番変ホ長調Op.55『英雄』~第3楽章、第4楽章

【演奏】
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】
1952年11月24,27&28日、ウィーン楽友協会(第1番)
1952年11月26&27日、ウィーン楽友協会(第3番)