こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ジュヌヴィエーヴ・ロランソーによる、没後100年を迎えたサン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第1番&ヴァイオリンとハープのための幻想曲、他

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年09月10日 00:00


[naïve 公式チャンネルより]

フランスの美しきヴァイオリン奏者
ジュヌヴィエーヴ・ロランソー!
ヴィルトゥオーゾと自由でノーブルな歌で魅せるサン=サーンス

2021年はサン=サーンス没後100年。フランスのヴァイオリン奏者ロランソーが、サン=サーンスを録音しました。室内楽での親密な雰囲気から、オーケストラの共演でのはつらつとしたヴィルトゥオーゾ性と自由なノーブルさまで、ロランソーの魅力が最大限に発揮されています。
「ヴァイオリンとハープのための幻想曲」で共演するハープ奏者は1992年生まれ、13歳でリリー・ラスキーヌ・ジュニアコンクールで優勝後、フランスを中心に活躍をしている奏者ですが、ベテランのロランソーと見事に息のあった繊細なアンサンブルを展開しており、注目です。
「ミューズと詩人」でロランソーとともにソリストを務めるチェロ奏者ルヴィオノワは、コンクール入賞多数、オーケストラとの共演も多数の、若くしてすでに活躍している奏者です。

ジュヌヴィエーヴ・ロランソーは3歳でヴァイオリンをはじめ、9歳でオーケストラと共演。ヴォルフガング・マルシュナー、ザハール・ブロン、そしてジャン=ジャック・カントロフに師事。ノヴォシビルスク国際コンクールで第1位など、数々の輝かしい受賞歴があります。ソヒエフ、ロトらからもソリストとして指名を2007年~2017年まで、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団のコンサートミストレスを務め、現在はソリストとしての活動および後進の指導に重点を置いています。
(キングインターナショナル)

【曲目】
サン=サーンス(1835-1921):
ロマンス ハ長調 Op.48
ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ長調 Op.20
ロマンス 変ニ長調 Op.38
ヴァイオリンとハープのための幻想曲 イ長調 Op.124
ミューズと詩人 Op.132

ウジェーヌ・イザイ(1858-1931):サン=サーンスの「ワルツ形式の練習曲」によるカプリース

【演奏】
ジュヌヴィエーヴ・ロランソー(ヴァイオリン)
ポーリーヌ・ハース(ハープ)
イアン・ルヴィオノワ(チェロ)
ピカルディー管弦楽団
バンジャマン・レヴィ(指揮)

【録音】
2020年10月19-21日、2021年1月7-8日