こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

サラ・カニンガム&リチャード・エガーによるJ.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバとハープシコードのためのソナタ集

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年10月12日 00:00

J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバとハープシコードのためのソナタ集

サラ・カニンガム&リチャード・エガーによるバッハ!3つのガンバ・ソナタに、カニンガム編のガンバ版トリオ・ソナタと無伴奏フルート・パルティータをカップリング!

ピリオド・パフォーマンス・コミュニティの巨匠、サラ・カニンガムとリチャード・エガーがイギリスのAvieに初登場! チェロ&ガンバ・レパートリーの定番として長く愛されるJ.S.バッハの「3つのヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ」を核に、カニンガム編曲による「オルガン・トリオ・ソナタ第3番」と「無伴奏フルートのためのパルティータ(第1楽章)」の秀逸なガンバ版アレンジを組み合わせた興味深いプログラムです。

サラ・カニンガムはハーバード大学、ロンジー音楽院、ハーグ王立音楽院で研鑽を積み、1981年にモニカ・ハジェット、ミッツィ・メイヤーソンとともに「トリオ・ソネリー」の共同創設者となって国際的に活躍。ソリストとして、サヴァール、ラトル、コープマン、ガーディナー、レオンハルトなどの巨匠たちや主要グループと共演しています。

リチャード・エガーは指揮者、鍵盤楽器からのディレクター、リサイタリスト、室内楽奏者など様々な音楽制作の形で鋭い探求心を続ける古楽界の巨匠の1人。クリストファー・ホグウッドの後任として15年間(2021年まで)エンシェント室内管弦楽団(AAM)の音楽監督を務め、2020年8月からはフィルハーモニア・バロック・オーケストラ&コラールの音楽監督に就任。また、2019年からハーグ・レジデンティ管弦楽団の首席客演指揮者を務める他、セント・ポール・チェンバーのアーティスティック・パートナー、スコティッシュ・チェンバーのアソシエイト・アーティストなど多彩に活躍してきました。
(東京エムプラス)

『J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバとハープシコードのためのソナタ集』
【曲目】
J.S.バッハ:
ソナタ第1番 ト長調 BWV.1027
ソナタ第2番 ニ長調 BWV.1028
ソナタ第3番 ト短調 BWV.1029
オルガン・トリオ・ソナタ第3番 ニ短調 BWV.527(サラ・カニンガム編曲/ヴィオラ・ダ・ガンバとハープシコードのための)
無伴奏フルート・パルティータ イ短調 BWV.1013より 「1. アルマンド」(サラ・カニンガム編曲/ヴィオラ・ダ・ガンバ独奏のための〔ニ短調へ移調〕)

【演奏】
サラ・カニンガム(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
リチャード・エガー(ハープシコード)

【録音】
2017年11月、ニュー・マールボロー連合教会(マサチューセッツ)

輸入盤

[日本語曲目表記オビ付き]

 

国内仕様盤

[解説日本語訳&日本語曲目表記オビ付き]
解説:サラ・カニンガム(日本語訳:生塩昭彦)