こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

セントチヒロ・チッチ(BiSH)|愛猫との暮らしを綴る初のフォトエッセイ『チッチと猫のハクと坊』6月14日発売|【タワレコ特典】先着:ハク坊ミニミニトート(A4サイズ)

カテゴリ : ニューリリース 予約 Girl's Pop Information | タグ : 書籍 Girl's Pop Information 写真集

掲載: 2022年05月18日 17:00

チッチと猫のハクと坊_1


タワレコ特典

先着: ハク坊ミニミニトート(A4サイズ)


※特典数には限りがございます。限定数満了次第、終了とさせていただきます。
※商品がすべて揃うまでに特典の保管期間(発売日より1ヶ月)が経過すると、自動的に特典付与対象外となります。
※タワーレコード店舗とオンラインでは特典の運用状況が異なる場合がございます。
店舗でのご購入で特典ご希望のお客様は、各店舗に運用状況をご確認ください。

▼特典がご不要なお客様は下記手順に従って設定してください。
[1]ご注文時
1.ショッピングカート内で「商品に特典が付く場合特典を希望します」に対し「いいえ」を選択
2.注文確認画面にて選択内容を確認の上購入確定

[2]ご注文後
ご注文後商品未出荷の期間マイページにてご注文時の特典設定の選択が変更可能
※詳細はこちらをご覧ください。


『チッチと猫のハクと坊』


セントチヒロ・チッチ(BiSH)による愛猫エッセイ
本人自宅で川島小鳥がプライベートな表情を切り取る

2023年をもって解散を発表している”楽器を持たないパンクバンド” BiSHのメンバーとして活躍するセントチヒロ・チッチ。2020年3月に出会って以降ともに暮らす愛猫、ハクと坊はファンにもその存在をよく知られているが、ふたりとの暮らしを綴る初のフォトエッセイが本書だ。
撮影を担当しているのは写真家の川島小鳥。銀杏BOYZ等のジャケット写真でも知られる川島小鳥とセントチヒロ・チッチは以前から面識はあったものの、撮影を担当するのは初めてのこと。以前から川島の作品のファンであったという彼女にとっては、念願のコラボレーションとなっている。撮影は、2匹の愛猫と彼女が実際に暮らす部屋で行われ、プライベートなシチュエーションならではの自然体な姿が切り取られている。
フォトエッセイにはそれら写真に添えて、二匹の愛猫との出会いから暮らし、自粛下での生活、BiSH解散発表後の日々などが、二匹の相棒たちとの生活とともに語られている。また、ハクと坊が生まれた徳島を訪れた際の模様や、事前にファンから募集したQ&A企画への回答も掲載される予定だ。
ライブの日も、レコーディングの日も、コロナ禍で何もできなかった日々も、そして解散までの駆け抜ける日々も、家に帰ればいつもハクと坊が居た。そんな家族の風景を、彼女自らの言葉と写真で綴る。


= contents =
ハクと坊ちゃんのいろは/成長日記/教えてハクと坊Q&A/ハクと坊の故郷へ行く
※仕様、内容は変更になる可能性があります。


<セントチヒロ・チッチ/プロフィール>
”楽器を持たないパンクバンド”BiSHのメンバー。音楽はもちろん、ファッション、アート、カメラ、カレーと多趣味。ファッションブランドとのコラボレーションアパレルの発売、フジテレビNEXTにて「スパイストラベラー」の番組MCを務めるなど、多方面で活躍している。

BiSH
“楽器を持たないパンクバンド“をテーマに、2015年3月に結成。2016年5月、avex traxよりメジャーデビュー。以降、「オーケストラ」「プロミスザスター」などの楽曲がスマッシュヒットを記録し、横浜アリーナや幕張メッセ展示場等でワンマンを開催。ロックフェスにも多数出演。2021年末には念願の初の紅白歌合戦出場を果たした。2023年をもって解散することを発表しており、2022年は12ヶ月連続リリースや、各地でのライブ、BiSH主催フェスの開催が予定されている。


<川島小鳥/プロフィール>
写真家。1980年生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業後、沼田元氣氏に師事。写真集に『BABY BABY』(2007)、『未来ちゃん』(2011)、『明星』(2014)、谷川俊太郎との共著『おやすみ神たち』(2014)、『ファーストアルバム』(2016)、台南ガイドブック『愛の台南』(2017)。第42回講談社出版文化賞写真賞、第40回木村伊兵衛写真賞を受賞。銀杏BOYZやSHISHAMOのジャケット写真などでも知られる。


チッチと猫のハクと坊_2

チッチと猫のハクと坊_3