こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

シャックルトンによるバンド・プロジェクト=Tunes Of Negation(チューンズ・オブ・ネゲーション)がアルバム『Reach The Endless Sea』をリリース

タグ : クラブ/テクノ

掲載: 2019年12月11日 13:25

Tunes Of Negation(チューンズ・オブ・ネゲーション)アルバム『Reach The Endless Sea』

この音楽の先にはまったく別の世界の待っている……奇才シャックルトンの別プロジェクトによる最強のトリップ・サウンドを楽しみましょう。──野田努(ele-king)

電子音響/テクノ・シーンが誇る鬼才中の奇才シャックルトンが、「否定の音」を意味するバンド・プロジェクト=チューンズ・オブ・ネゲーションを始動!電子音楽の未開の地を切り開く圧倒的なアルバムを完成させた!

キーボーディスト/パーカッショニストの元川 匠、ヴィブラフォニストのラフェエル・マイナート、そしてヴォーカリストとしてEditions Megoにも作品を残すヘザー・リーが参加!瞑想的なシンセサイザーの波動に、幾重にも重なる呪術的なパーカッション響きと、これまでのシャックルトン・サウンドが、より生々しく、より深い次元で表現された1枚!

13世紀のイスラムの神学者であり、ペルシャ文学史上最大の神秘主義詩人ジャラール・ウッディーン・ルーミーの詩から影響を受けて名付けられたという本作は、"生命と精神の非有限性に関する瞑想、そしてそれを感じ取る知覚の限界"を打ち破った未開の領域へと達した究極のアルバムだ!


【収録曲】
1. The World Is A Stage / Reach The Endless Sea
2. Tundra Erotic
3. Nowhere Ending Sky
4. Ruckschlag / Rising, Then Resonant
5. The Time Has Come

Tunes Of Negation(チューンズ・オブ・ネゲーション)

Tunes Of Negative photo by Cheddiki