こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

宮本益光、初のリート・アルバム!『“白鳥の歌”四題』~シューベルト、ブラームス、ヴォルフ、マーラー(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2021年01月13日 00:00

宮本益光

日本を代表するバリトン歌手、宮本益光3年ぶりのソロ・アルバムで、初のリート・アルバムです。
「“白鳥の歌”四題」と題し、ロマン派を代表する4人の作曲家、シューベルト、ブラームス、ヴォルフ、マーラーが円熟期から最晩年にかけて書いた淡く崇高な歌曲を集めました。
各作曲家が行きついた「音楽の精神」がこれらの作品であり、苦難を強いる今の時代に問うような、人間の「死」と「生」を見つめる深い普遍的な作品集です。

このプログラムは宮本の師である高橋大海が1985年10月に行ったリサイタルへのオマージュとなっています。宮本は、師への敬意を払い、師と寄り添い対話しつつも、自らの魂を解放させ音楽の真髄へと向かって行きます。宮本の心の琴線に触れる深い歌声が全編にわたり聴くものの心を揺さぶり、一筋の希望の光を射すかのような「楽に寄す」でアルバムを終えます。宮本益光の覚悟と精神と師への愛情が詰まった渾身の作品です。
(ナクソス・ジャパン)

『“白鳥の歌”四題』~シューベルト、ブラームス、ヴォルフ、マーラー
【曲目】
シューベルト:白鳥の歌 D.957より
1.アトラス
2.彼女の絵姿
3.漁師の娘
4.街
5.海辺にて
6.影法師

ブラームス:4つの厳粛な歌 作品121より
7.人間の成り行きは
8.私は顔を向け、見た
9.おお、死よ、なんと辛いことか

ヴォルフ:ミケランジェロの詩による3つの歌曲
10.我、ときに思う
11.生あるものすべて
12.我が魂は感じる、神の創った憧れの光を

マーラー:リュッケルトの詩による5つの歌曲より
13.この世に私はいない
14.たおやかな香りをかいだ
15.真夜中に

シューベルト:
16.ミューズの児 作品92-2 D.764
17.楽に寄す 作品88-4 D.547

【演奏】
宮本益光(バリトン)
髙田恵子(ピアノ)

【録音】
2020年9月28-30日
かつしかシンフォニーヒルズ、アイリスホール
DXD352.8kHzレコーディング