こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

生誕150年記念!Capriccioレーベル『ツェムリンスキー:生誕150周年記念エディション』(6枚組)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2021年04月27日 00:00

ツェムリンスキー:生誕150周年記念エディション②

1871年、ウィーンに生まれたアレクサンダー・ツェムリンスキー。ユダヤ系の血を引いていた彼はシナゴーグ(ユダヤ教の教会)でオルガンを弾くなど少年時代から音楽的才能を発揮。13歳の時にはウィーン音楽院に入学、ピアノを学んだ後にロベルト・フックスから作曲の指導を受けます。1895年にはアマチュア・オーケストラを結成し、入団してきたシェーンベルクと親しくなり、後にシェーンベルクはツェムリンスキーの妹マティルデと結婚。二人は義理の兄弟になりました。

作曲家、指揮者として着々と名声を高めていくツェムリンスキーですが、8歳年下のアルマ・シントラーとの失恋は彼の心に大きな痛手を残し、この出来事はその後の作品にも影を落としたことが知られています。1906年にはウィーン・フォルクスオーパーの初代首席指揮者、1911年からはプラハ・ドイツ国立劇場の指揮者を務めるなど活躍の幅を広げましたが、1938年にナチスの圧力から逃れ、アメリカに亡命。しかしこの地では認められることなく、1942年にひっそりと生涯を閉じました。一時期は"退廃音楽"として無視されていた彼の作品ですが、20世紀の終わりから急速に再評価が進み、現在では数多くの曲が演奏されるなど人気も復興しています。

このBOXは、ツェムリンスキー再評価の一翼を担ったCapriccioレーベルの一連の録音から交響曲から声楽曲までを収録。名演として知られるエッシェンバッハの「抒情交響曲」をはじめ、研究者でもあるボーモント、近現代音楽で評価の高いマルッキによる一連の演奏や、ツェムリンスキー歌劇復興の立役者、ゲルト・アルブレヒトが指揮する歌劇の抜粋まで代表的な演奏で、ブラームスの影響を受けたとされる初期の作品から、未完に終わった《カンダウレス王》まで、後期ロマン派時代の最後を生きたツェムリンスキーの作風の変遷も楽しめます。
(ナクソス・ジャパン)

『ツェムリンスキー:生誕150周年記念エディション』
【収録内容】
アレクサンダー・ツェムリンスキー(1871-1942):
【CD1】
1-7. 抒情交響曲 Op. 18(1923)

[演奏]
クリスティーネ・シェーファー (ソプラノ)
マティアス・ゲルネ(バリトン)
パリ管弦楽団
クリストフ・エッシェンバッハ(指揮)

[録音]
2005年6月22,26日 パリ(フランス)

【CD2】
1-4. 交響曲第1番 ニ短調(1892/93)
5-7. シンフォニエッタ Op. 23(1934)
8-10. 3つのバレエ小品『時の勝利』(1903)

[演奏]
北ドイツ放送交響楽団…1-4
アントニー・ボーモント(指揮)…1-4
ウィーン放送交響楽団…5-7
スザンナ・マルッキ(指揮)…5-7
ハンブルク州立フィルハーモニー管弦楽団…8-10
ゲルト・アルブレヒト(指揮)…8-10

[録音]
1995年11月28-30日、1997年4月16-18日 NDR Studio 10, Hamburg(ドイツ)…1-4
2019年6月13-14日 Konzerthaus, Vienna(オーストリア)…5-7
1992年6月 Musikhalle Hamburg(ドイツ)…8-10

【CD3】
1-6. Frühlingsbegräbnis 春の埋葬(1896-97/1902改訂)- ソプラノ、バリトン、合唱とオーケストラのために
7. Waldgespräch 森の対話(1895/96)- ソプラノ、2つのホルン、ハープと弦楽のために
8. Maiblumen blühten überall 至るところに5月の花が咲く(1898頃)- ソプラノと弦楽六重奏のために
9-15. 交響的歌曲 Op. 20(1929)- バリトンとオーケストラのために
16-21. 6つの歌曲 Op. 13『メーテルリンク歌曲集』(1910/13/24)

[演奏]
エディット・マティス(ソプラノ)…1-8
ローランド・ヘルマン(バリトン)…1-8
北ドイツ放送合唱団…1-8北ドイツ放送交響楽団…1-8
アントニー・ボーモント(指揮)…1-8
フランツ・グルントヘーバー(バリトン)…9-15
ハンブルク州立フィルハーモニー管弦楽団…9-15
ゲルト・アルブレヒト(指揮)…9-15
ペトラ・ラング(ソプラノ)…16-21
ウィーン放送交響楽団…16-21
スザンナ・マルッキ(指揮)…16-21

[録音]
1995年10月20日-11月30日、1997年4月16-18日 Hamburg, NDR, Studio(ドイツ)…1-8
1992年6月 Hamburg, Musikhalle(ドイツ)…9-15
2019年6月13-14日 Wien, Konzerthaus(オーストリア)…16-21

【CD4】
1-6. トスカーナ地方の民謡によるワルツの歌 Op. 6(1898)
7-11. 5つの歌曲 Op. 7(1898/99)
12. 昔、ひとりの年老いた王がいた
13. 森の語らい
14-15. 2つのブレットル・リーダー(1901)
16. Noch spür ich ihren Atem auf den Wangen
17. Hörtest du denn nicht hinein
18. Die Beiden
19. Harmonie des Abends
20-25. 6つの歌曲 Op. 13『メーテルリンク歌曲集』(1910/13)(室内楽版)

[演奏]
トーマス・マイケル・アレン(テノール)…1-6
チャールズ・スペンサー(ピアノ)…1-6,14-15
ルート・ツィーザク(ソプラノ)…7-11,16-19
ゲロルト・フーバー(ピアノ)…7-11,16-19
カイ・スティーファーマン(バリトン)…12-13
アレクサンダー・シュマルツ(ピアノ)…12-13
トーマス・エベンシュタイン(テノール)…14-15
ゾリアナ・クシュプラー(メゾ・ソプラノ)…20-25
リノス・アンサンブル…20-25

[録音]
2011年6月24-29日 Wien, Tonstudio TONAL(オーストリア)…1-6
2011年11月19-22日 Zürich, Radiostudio(スイス)…7-11,16-19
2013年8月25-29日 Wien, 4tune Studios(オーストリア)…12-13
2017年7月 Wien, 4tune Studios(オーストリア)…14-15
2011年10月 Deutschlandfunk Köln, Kammermusiksaal(ドイツ)…20-25

【CD5】
1-3. ピアノ三重奏曲 Op. 3(1896)
4-7. 弦楽四重奏曲第2番 Op. 15(1913-15)

[演奏]
パシフィック・トリオ…1-3
アルティス四重奏団…4-7

[録音]
2013年5月28-29日 Soka University, Aliso Viejo, California(USA)…1-3
1989年6月22-24日 St. Gilgen, Kirche Abersee(オーストリア)…4-7

【CD6】…オペラ・ハイライト集
1-4. 歌劇《昔あるとき》(1897-1900/1912改訂)より

[演奏]
エヴァ・ジョンソン(ソプラノ)
クルト・ウェスティ(テノール)
ペール=アルネ・ヴァルグレン(バリトン) 他
デンマーク国立放送交響楽団
ハンス・グラーフ(指揮)

5-7. 歌劇《夢見るゲールゲ》(1905-06)より

[演奏]
ヨーゼフ・プロチュカ(テノール)
パメラ・コバーン(ソプラノ)
ハルトムート・ヴェルカー(バリトン)他
フランクフルト放送交響楽団
ゲルト・アルブレヒト(指揮)

8-12. 歌劇《白墨の輪》(1932)より

[演奏]
レナーテ・ベーレ(ソプラノ)
ペーター・マティッチ(語り)
ハンス・ヘルム(バリトン)
ギドン・サークス(バリトン) 他
ベルリン放送交響楽団
ステファン・ゾルテシュ(指揮)

13-15. 歌劇《フィレンツェの悲劇》(1915-16)より

[演奏]
ハイディ・ブルンナー(ソプラノ)
ヴォルフガング・コッホ(バリトン)
チャールズ・リード(テノール)
ウィーン放送交響楽団
ベルトラン・ド・ビリー(指揮)

16-18. 歌劇《カンダウレス王》より

[演奏]
ジェイムズ・オニール(テノール)
ニーナ・ウォーレン(ソプラノ)
モンテ・ペーダーソン(バリトン)
ハンブルク州立フィルハーモニー管弦楽団
ゲルト・アルブレヒト(指揮)

[録音]
1987年6月 Danmarks Radio(デンマーク)…1-4
1987年9月(ライヴ) Frankfurt, Alte Oper(ドイツ)…5-7
1990年2月12-16日 Berlin, Jesus-Christus-Kirche(ドイツ)…8-12
2010年5月20日(ライヴ) Wien, Konzerthaus(オーストリア)…13-15
1996年10月18日、10月25日(ライヴ) Hamburg, Staatsoper(ドイツ)…16-18