こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

オラフソンの個性あふれるプログラミングによるモーツァルト・トリビュート!『モーツァルト&コンテンポラリーズ』

カテゴリ : ニューリリース | タグ : クラシックLP

掲載: 2021年07月07日 18:00


[Deutsche Grammophon - DG 公式チャンネルより]

国内盤は発売日前日までポイント10%還元!
未知の宝石が光輝く!
巧みなプログラミングによるモーツァルト・トリビュート。


2019年英グラモフォン賞「アーティスト・オブ・ジ・イヤー」受賞、2020年ドイツ『オーパス・クラシック賞』器楽録音(ピアノ)部門受賞と世界的な音楽賞を次々と射止める驚異的な才能。世界が絶賛するデジタル時代のハイブリッド・アーティスト、ヴィキングル・オラフソンによるモーツァルト・トリビュート。

モーツァルトのお気に入りの作品を、彼の同時代の作品と一緒にプレイリストのように絶妙に配置。ドイツ=オーストリアのカール・フィリップ・エマヌエル・バッハとハイドンは、音楽と精神の両方でモーツァルトと密接に関係を持つ一方、イタリアのガルッピとチマローザは、モーツァルトと直接的な繋がりはなく、地理的距離もあったにせよ、18世紀の同じ音楽生態系に属し、共存した異なる美的価値を反映している。

ピアノ学習者が必ず学ぶモーツァルトのソナタ第16番(旧第15番)やハイドンのソナタ第47番など大変有名な作品と、現在ではあまり顧みられなくなった同時代の作曲家、ガルッピ、チマローザ、C.P.E.バッハらの珠玉の作品を並置することでそれぞれ魅力を倍増させている。新たな発見の喜びを提供する非凡なアルバム。

ウィーン古典派作品における繊細かつ大胆な独自の解釈は、ピアニストとしての評価さらに決定的なものとする。
(ユニバーサルミュージック)

『モーツァルト&コンテンポラリーズ』
【曲目】
1. ガルッピ:アンダンテ・スピリトーソ(ピアノ・ソナタ 第9番 ヘ短調から)
2. モーツァルト:ロンド ヘ長調 K.494
3. C.P.E.バッハ:ロンド ニ短調 H 290
4. チマローザ:ソナタ 第42番 ニ短調(オラフソン編曲)
5. モーツァルト:幻想曲 ニ短調 K.397(未完)
6. モーツァルト:ロンド ニ長調 K.485
7. チマローザ:ソナタ 第55番 イ短調(オラフソン編曲)
8-10. ハイドン:ピアノ・ソナタ 第47番 ロ短調
11. モーツァルト:小さなジグ ト長調 K.574
12-14. モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第16番 ハ長調 K.545
15. モーツァルト:アダージョ 変ホ長調(弦楽五重奏曲 第3番 ト短調 K.516から オラフソン編曲)
16. ガルッピ:ラルゲット(ピアノ・ソナタ 第34番 ハ短調から)
17-19. モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調 K.457
20. モーツァルト:アダージョ ロ短調 K.540
21. モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618(リスト編曲)

【演奏】
ヴィキングル・オラフソン(ピアノ)

【録音】
2021年4月 レイキャヴィク

輸入盤CD

 

国内盤CD(MQA/UHQCD仕様)

【UHQCD】【MQACD】
MQA:88.2kHz/24bit
※全てのCDプレーヤーで再生可能 (44.1kHz/16bit) な高音質CD (UHQCD)です。
※MQA対応機器を使用すれば、元となっているマスター通りのハイレゾ・クオリティで再生することができます。

 

輸入盤LP(2枚組)

 

<ヴィキングル・オラフソン VIKINGUR OLAFSSON>
 1984年アイスランド生まれ。2008年にジュリアード音楽院でロバート・マクドナルドのクラスを卒業。ジュリアード・オーケストラ、アイスランド交響楽団などと共演。オックスフォード大学とレイキャヴィーク大学で音楽のマスタークラスの指導者として迎えられるだけでなく、クラシック音楽に新しい扉を開くことを目的とした学生のためのアウトリーチ・リサイタルも開いている。5つのピアノ協奏曲を初演。彼はまた、音楽を広めるためにメディアに出演し、アイスランド放送のための約10本のテレビシリーズ「音楽エピソード」の制作も行った。2012年にはレイキャヴィク・ミッドサマー音楽祭を創設して芸術監督を務める。また、2015年からはスウェーデンのヴィンターフェスト音楽祭の芸術監督に就任した。アイスランド音楽賞、アメリカン・スカンジナビア社会文化賞、ジュリアード・バルトーク・コンクール賞、ロータリー財団文化賞など、多くの賞を受賞。庄司紗矢香やビョークらとも共演し、アイスランドに新風を吹き込む若き音楽家。
彼は伝統的なコンサート・ピアニストであると同時に、ビョークやオーラヴル・アルナルズ等コンテンポラリー・コンポーザーたちともコラボレーションを行い新たな世界を切り拓いている。