こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

コンヴィチュニー新演出、フセイン&ウィーン放送響によるマスネ:歌劇“タイス”~2021年1月アン・デア・ウィーン劇場で上演!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年07月29日 00:00


[CMajorEntertainment 公式チャンネルより]

2021年1月ウィーンで上演された
コンヴィチュニー新演出による《タイス》


2021年1月にアン・デア・ウィーン劇場で巨匠ペーター・コンヴィチュニーの新演出により上演されたマスネのオペラ《タイス》。

「タイスの瞑想曲」で知られるこのオペラの舞台は古代エジプト。修道士アタナエルは娼婦タイスを改心させ信仰の道に入るよう導こうとするも、逆にタイスの虜となる。19世紀末のフランスでマスネの人気は絶大なものでした。当時パリ・オペラ座で作品を上演するのは簡単ではありませんでしたが、マスネは《ラホールの王》《ル・シッド》《ウェエルテル》《マノン》といった作品を次々と上演させていました。
この《タイス》はまさにマスネの絶頂期にあたる作品。いまでは「タイスの瞑想曲」が有名となっていますが、マスネの特徴があらわれた意欲作といえるでしょう。
また現代での上演頻度が少ない理由として、タイスとアタナエルの主役二人に、高い技術が求められることもあげられます。

タイスには、オペルンヴェルト「オブ・ザ・イヤー2020」の若手アーティストに選出されたニコール・シュヴァリエ。アタナエルにはウィーン出身の若きバス・バリトン、ヨーゼフ・ワーグナー。タイス、アタナエルの心の葛藤を見事に歌いきっています。
コンヴィチュニーの演出はこのオペラのテーマでもある「聖」と「俗」の葛藤を鮮やかに描いています。
(キングインターナショナル)

【演目】
マスネ: 歌劇《タイス》

【出演】
ニコール・シュヴァリエ(タイス/ソプラノ)
ヨーゼフ・ワーグナー(アタナエル/バリトン)
ロベルト・ザッカ(ニシアス/テノール)
ギュネス・ギュルレ(パレモン/バス=バリトン)
ソフィア・ヴィニク(ミルタル、アルビーヌ/メゾソプラノ)
ロリーナ・リッポ(クロビル/ソプラノ)

アルノルト・シェーンベルク合唱団
ウィーン放送交響楽団
レオ・フセイン(指揮)

演出: ペーター・コンヴィチュニー

【収録】
2021年1月、アン・デア・ウィーン劇場, ウィーン(ライヴ)

ブルーレイ

[国内仕様盤は日本語帯・解説付]
画面:16:9 (4K 収録)
音声:PCM ステレオ、DTS HD-MA5.1
BD50
言語:フランス語
字幕:フランス語、ドイツ語、英語、韓国語、日本語
111分

 

DVD

[国内仕様盤は日本語帯・解説付]
画面:16:9 ,NTSC
音声:PCM ステレオ、DTS5.1
DVD9
言語:フランス語
字幕:フランス語、ドイツ語、英語、韓国語、日本語
111分

 

マスネ:タイス