こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ルーシー・ファン・ダールの秘蔵録音がNIFCから登場!ヤジェンプスキ:カンツォーナとコンチェルト集(2枚組)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年09月03日 00:00

ルーシー・ファン・ダール

オランダ古楽界の巨匠ルーシー・ファン・ダールの秘蔵録音がNIFCから登場!ポーランド・バロック、アダム・ヤジェンプスキの「カンツォーナ&コンチェルト集」を初めてオリジナル楽器で演奏した1993年録音!

グスタフ・レオンハルト、フランス・ブリュッヘン、トン・コープマンらオランダの巨匠たちと幅広く協力し、ブリュッヘンと共同で18世紀オーケストラを創設するなど古楽界の発展に寄与し、アムステルダム音楽院やハーグ王立音楽院で多くの後進を育成してきたオランダを代表するバロック・ヴァイオリニスト、ルーシー・ファン・ダール。NIFC(ポーランド国立ショパン研究所)の自主レーベルから、ポーランド放送の音源として残されていたルーシー・ファン・ダールの1993年の貴重な録音がリリース!

ポーランド国王ジグムント3世の宮廷で重用されたポーランド初期バロックの作曲家&ヴァイオリニスト、アダム・ヤジェンプスキ(c.1590-1649)の「カンツォーナとコンチェルト集」は、ヴァイオリン、管楽器、ヴィオラ・ダ・ガンバの中からの様々な組み合わせによる2声~4声までと通奏低音で演奏される器楽曲集。
ポーランド・バロック最古のコレクションとも言われるヤジェンプスキの作品を、ルーシー・ファン・ダールを筆頭にアメリカの名コルネット(ツィンク)奏者ブルース・ディッキーなど、当時の歴史的演奏のエリートたちが、初めてオリジナル楽器を用いてレコーディングし、その後のマイルストーンとなった名録音です。
(東京エムプラス)

【曲目】
アダム・ヤジェンプスキ(c.1590-1649):2声、3声または4声と通奏低音のためのカンツォーナとコンチェルト集(1627)
(オリジナル楽器による世界初録音)

【演奏】
ルーシー・ファン・ダール(ヴァイオリン1&芸術監督)
マリネッテ・トロースト(ヴァイオリン2)
ヤネケ・グイタルト(ヴァイオリン3)
ブルース・ディッキー(ツィンク)
シャルル・トゥト(トロンボーン)
アルベルト・グラッツィ(バスーン)
リヒテ・ファン・デル・メール(ヴィオラ・ダ・ガンバ1)
ライナー・ツィパーリング(ヴィオラ・ダ・ガンバ2)
ティティア・デ・ズヴァールト(ヴィオラ・ダ・ガンバ3)
フィオラ・デ・ホーフ(チェロ)
マイケル・フェントロス(テオルボ)
アンソニー・ウッドロウ(ヴィオローネ)
ジャック・オッホ(クラヴィチェンバロ、オルガン)

【録音】
1993年10月18日-25日、ポーランド放送コンサート・スタジオ S-1(ポーランド、ワルシャワ)