こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Joan As Police Woman(ジョーン・アズ・ポリス・ウーマン)|デイヴ・オクムとトニー・アレンとのコラボ作品『THE SOLUTION IS RESTLESS』が登場

タグ : UK/US INDIE 世界の音楽

掲載: 2021年12月01日 12:04

Joan As Police Woman(ジョーン・アズ・ポリス・ウーマン)『THE SOLUTION IS RESTLESS』

ジョーン・アズ・ポリス・ウーマンことジョーン・ワッサーがニュー・アルバムをリリース。ザ・インヴィジブルのフロントマン、デイヴ・オクムと先ごろ亡くなった伝説のドラマー、トニー・アレンと書かれ、レコーディングされた『ザ・ソリューション・イズ・レストレス』リリース。

「Damon Albarnが2019年3月におこなわれたAfrica Expressのイヴェント、The Circusで、アフロビートのレジェンド、Tony Allenを紹介してくれた。Tonyと私はNina Simoneの“I Wish I Knew How It Would Feel To Be Free”をプレイし、一緒にレコーディングすることを決めた。古くからの友人であったDave Okumuにロンドンンから来てもらい、一晩中、ジャムをした。そして、ロックダウンに入った時、私はその時にレコーディングしたものを使って『The Solution Is Restless』を書いた」とJoanは語る。

世界が止まっていた時、Joanは音楽の制作/リリースを続けた。Damon AlbarnとGorillazのアルバム『Song Machine』収録の「Simplicity」を書き、レコーディング。2枚目のカヴァー・アルバム『Cover Two』と初のライヴ・アルバム『Live』をリリースし、Afel Bocoumのアルバム『Linde』にも参加した。

Tony Allenは1968年から1979年にかけ、Fela Kutiのバンド、Africa 70のドラマー/ミュージカル・ディレクターを務め、Fela Kutiと共にアフロビートを作り上げたことで知られる。Dave Okumuはマーキュリー・プライズにもノミネートされたバンド、The Invisibleのフロントマンで、9月にはソロ・アルバム『Knopperz』をリリース。

輸入盤:国内流通仕様CD

帯付で解説他は付きません


輸入盤CD


輸入盤LP


【収録曲】
1. The Barbarian
2. Get My Bearings (feat. Damon Albarn)
3. Take Me To Your Leader
4. Masquerader
5. Dinner Date
6. Enter the Dragon
7. Geometry of You
8. The Love Has Got Me
9. Perfect Shade of Blue
10. Reaction

Joan As Police Woman(ジョーン・アズ・ポリス・ウーマン)『THE SOLUTION IS RESTLESS』


レコードアクセサリー