こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

 

 

【the Lump of Sugar】
太田涼介/Vo.Gt. 石津琢也/Ba. 上野佑/Dr.
京都出身の3人組は、王道ポップスが持つ軽快さと痛快さを、ハイレベルなソリッドさでかき鳴らす新型ロックバンド!準優勝の理由は一聴で十分! 2016年に発売したCD『period』『Remember Summer』は、ライブ会場とタワレコ渋谷&京都で販売中!

【スペシャルトレーラー&コメント映像】

【未確認フェスティバル ファイナリストアンケート】

「未確認フェスティバル2016」のレコーディング時に、ファイナリストのみなさんにアンケートに答えて頂きました。フェスの感想はもちろん、来年応募したい!と思っている10代のみなさんへのメッセージも!

――「未確認フェスティバル2016」のファイナルステージに立った感想を教えてください

太田(Vo/Gt):終わってからたくさんの反響をいただいて、それがあって改めてファイナルのステージに立てて良かったなと思いました。
石津(Ba):あたたかいお客さんがいっぱいで楽しかったです。貴重な経験だったなと今でも思います。
上野(Dr):いま思い出してみても、お客さんの感性や楽しんでいる顔が鮮明に蘇るぐらい最高のステージだったと思います。あれだけ大きな空間に、音楽好きの若者たちが集まって作り上げたあの日の新木場スタジオコーストのステージは、他にはない場所でした。あの日のステージでライブができたこと、そして賞を貰えたことは、僕の音楽人生でも貴重な経験になったと思います!

――ファイナルステージ終了後、心境や環境の変化などはありましたか?

太田(Vo/Gt):発言に責任を持たないとと思いました。
石津(Ba):これからチヤホヤされる予定です。あと親が優しくなったというか、音楽に対して寛容になった。
上野(Dr):今までは目標して目指してきた準グランプリという肩書きが、いまでは、the Lump of Sugarというバンドの経歴になって、昔の僕たちと同じようにここを目指すバンドの思い、今年の決勝戦のステージに立ちたくても立てなかったバンドの人たちの思いを背負っていかないといけないという責任感を持ちたいです。

――「未確認フェスティバル2016」に参加した約半年間を振り返って、印象に残っていることは?

太田(Vo/Gt):「めざましテレビ」に少し映ったこと。家族や親せきが見てくれていてびっくりしました。
石津(Ba):ステージの景色
上野(Dr):遠くで活躍しているバンドの出会えたこと。同世代の色々なバンドと対バンできて楽しかった。

――2017年の「未確認フェスティバル」に参加したい!と思っている10代アーティストに向けて、アドバイスやメッセージがあればお願いします

太田(Vo/Gt):逆に(アドバイスやメッセージが)ほしいところですが、自分はこの音楽が好きなんだということを、しっかり信じ続けてほしいです。
石津(Ba):あいさつは「おはようございます」
上野(Dr):音を楽しもう!

――今後のアーティストとしての目標は?

太田(Vo/Gt):挑戦し続ける!
石津(Ba):CDがたくさん売れることを願います。
上野(Dr):追ってもらえるようなバンドになる!

前の記事

次の記事

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る