こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

 

 

【YAJICO GIRL】
四方颯人/vo、榎本陸/gt、武志總真/ba、吉見和起/gt、古谷駿/dr
大阪出身!優勝の名を裏切らないポテンシャルを秘める5人組ロックバンド。独特の個性とリズムで日々を歩く彼らが歌詞に込めるメッセージ性は、抒情的で挑戦的。2016年は〈未確認フェスティバル2016〉のグランプリ獲得のほかに、〈十代白書〉グランプリ、〈eo Music Try〉準グランプリ、〈MASH FIGHT〉グランプリと、数々のイベントで上位をマークし、本年のインディーズ若手アーティストを代表する1組と言っても過言ではない存在に。9月に発売したミニ・アルバム『ひとり街』は、ライブ会場ほか、タワーレコード関西地区店舗と新宿店で販売中。

【スペシャルトレーラー&コメント映像】

【未確認フェスティバル ファイナリストアンケート】

「未確認フェスティバル2016」のレコーディング時に、ファイナリストのみなさんにアンケートに答えて頂きました。フェスの感想はもちろん、来年応募したい!と思っている10代のみなさんへのメッセージも!

――「未確認フェスティバル2016」のファイナルステージに立った感想を教えてください

四方(vo):人がいっぱいいて緊張しました。上の方に芸能人がいっぱいいてテンションが上がりました。
榎本(Gt):新木場エグい!
吉見(Gt):緊張しましたが、バンド全員で音を鳴らした瞬間、緊張が吹き飛びました。
武志(ba):大勢の前で演奏ができて、とてもよい経験でした。
古谷(Dr):新木場はでかかったです。

――ファイナルステージ終了後、心境や環境の変化などはありましたか?

四方(vo):知り合いから「飯おごれ!」と言われるようになった。
榎本(Gt):周りの人らに「100万円あるんやろ。おごってくれ」と言われるようになった。〈未確認フェスティバル〉の代表ということで、練習時間が以前より増えた。
吉見(Gt):心境の変化は特にありません。いままでどおりです。環境は、Twitterのフォロワーが増えました(笑)。ありがたいです。
武志(ba):財布の紐が少し緩くなった気がします。
古谷(Dr):環境の変化はこれからあると思います。心境は変化させずにやっていきたいです。

――「未確認フェスティバル2016」に参加した約半年間を振り返って、印象に残っていることは?

四方(vo):永野芽郁ちゃんと写真を撮ったこと
榎本(Gt):LIVEステージで、アリスムカイデさんがかわいくて、それだけしか覚えていません。
吉見(Gt):大阪会場の雰囲気がとてもよかったです。本番前も本番も本番後もすごく楽しかったです。
武志(ba):音楽に真剣に取り組む同世代と出会えたことが印象に残っています。
古谷(Dr):お客さんの盛り上がり方が凄かった。

――2017年の「未確認フェスティバル」に参加したい!と思っている10代アーティストに向けて、アドバイスやメッセージがあればお願いします

四方(vo):とりあえず応募してみたらいいと思います。
榎本(Gt):いいところまでいけば有名な人と会えるので、ぜひいいところまで行って、美女に囲まれてください。
吉見(Gt):気が付けば20歳になっている可能性が高く、気が付けば応募資格を失ってます。応募するなら今だと思います。
武志(ba):Demoでも良いので、ダメもとでも応募しないと始まらないと思います。
古谷(Dr):良いきっかけを与えてくれると思います。

――今後のアーティストとしての目標は?

四方(vo):良い曲を作り続ける。
榎本(Gt):お茶の間のスターになる。
吉見(Gt):細くても長く続けたいです。
武志(ba):末永く良い音楽を作り続けること。
古谷(Dr):のんびり

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る