こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

デス・グリップス、グルーパー他参加!ザ・バグ6年振りの新作

カテゴリ : ニューリリース | タグ : クラブ/テクノ

掲載: 2014年06月18日 13:31

The Bug

名盤『メザニーン』を更新するのは、この男だった。エイフェックス・ツイン、トム・ヨーク、ケヴィン・シールズ、エイドリアン・シャーウッドら錚々たる面子が賛辞を送るあまりにも暴力的で、あまりにも美しいハードコアの神髄。デス・グリップス、グルーパー、インガ・コープランド、ゴンジャスフィ、フロウダンと超凶力なゲスト陣が集結したザ・バグ6年ぶり最新作にして最高傑作。

テクノ・アニマルやキング・ミダス・サウンドなどいくつもの名義を操り、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズも在籍した伝説のバンド、エクスペリメンタル・オーディオ・リサーチのメンバーとしても名を連ね、エレクトロニック・ミュージック・シーンのアウトサイダーとして、長きに渡って活躍するケヴィン・マーティンのメイン・プロジェクトであるザ・バグの6年ぶり4作目のアルバム!

グルーパーの歌声と共に神秘的に漂うアトモスフィアを徐々に震わせる極悪なベースライン「Void (ft Liz Harris)」(M-1)ですでに本作が紛れもない名盤であることを確信させながら、続く「Fall (ftcopeland)」(M-2)ではインガ・コープランドがソロ作/客演の近作でも類を見ない圧倒的な存在感でリスナーを掌握。強烈な陶酔感を引き連れて<Warp>の怪人ゴンジャスフィが本編の最深部へ案内「Save Me (ftGonjasufi)」(M-6)したのを合図に、後半はそれまでの張りつめた退廃的な官能から一転、盟友ウォーリアー・クイーンやダディ・フレディ、そしてグライム集団ロール・ディープからフロウダンとマンガを引き連れトゥワークとレッキングが同じフロアで勃発必至のハードコア・ダンスホールをブチ込みながら、「Fuck a Bitch (ft Death Grips)」(M-9)ではもはや制御不能なデス・グリップスを迎えて暴力的な高揚感は沸点へと到達!

さらにアルバムにはゴッドフレッシュ、ナパーム・デスでの活動で知られるジャスティン・ブロードリックがギターで参加。本作はザ・バグ名義での最高峰であるとともに、マッシヴ・アタック自らが未だに更新できずにいる『メザニーン』を完全に凌駕したとでも形容したくなるような金字塔を見事に打ち立てるだろう。

 

 

 

【THE BUG】
テクノ・アニマルやキング・ミダス・サウンドなどいくつもの名義を操り、エレクトロニック・ミュージック・シーンのアウトサイダーとして、長きに渡って活躍するケヴィン・マーティンのソロ・プロジェクト。リミキサーとしてもトム・ヨーク、グレイス・ジョーンズ、ノイバウテン、プライマル・スクリームらから依頼を受け、エイドリアン・シャーウッド、アンディ・ウェザーオール、エイフェックス・ツインら重鎮からも熱い支持を受けている。ザ・バグ名義でのデビュー・アルバムは1997年の『Tapping The Conversation』。続く2ndアルバム『Pressue』は、エイフェックス・ツイン主宰の〈Rephlex〉からリリース。そして〈Ninja Tune〉から3rdアルバム『London Zoo』をリリースすると、ウォーリアー・クイーンをフィーチャーした「Poison Dart」が大ヒット・アンセムとなり、その名を世界に轟かせた。フロウダン、ウォーリアー・クイーン、ジャスティン・ブロードリックといった長年のコラボレーターに加え、デス・グリップスやグルーパーを新たに迎えた今作『Angels & Devils』は、6年振り4作目のアルバムとなる。