こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

「マンガ大賞2020」発表。大賞は山口つばさ「ブルーピリオド」に決定

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2020年03月17日 10:22

ブルーピリオド

「マンガ大賞2020」の授賞式が、3月16日、有楽町 ニッポン放送のイマジンスタジオで行われた。

今年の大賞に選ばれたのは、山口つばさによる「月刊アフタヌーン」連載中の「ブルーピリオド」。成績優秀でスクール・カースト上位でありながら、どこか空虚な日々を送る高校生 矢口八虎が絵を描くことの楽しさに目覚め、美術大学への入学を目指すスポコン受験物語だ。

「マンガ大賞」は、書店員を中心とした各界のマンガ好きが投票によって「一推しマンガ」を選ぶ賞。今回は、2019年1月1日~2019年12月31日の間に単行本が出版された作品で、最大巻数が8巻までのマンガ作品から選出された。

大賞以下の「マンガ大賞2020」の結果は以下の通り。

■大賞
「ブルーピリオド」山口つばさ

■2位
「SPY×FAMILY」遠藤達哉

■3位
「スキップとローファー」高松美咲

■4位
「波よ聞いてくれ」沙村広明

■5位
「水は海に向かって流れる」田島列島

■6位
「ミステリと言う勿れ」田村由美

■7位
「夢中さ、きみに。」和山やま

■8位
「チェンソーマン」藤本タツキ

■9位
「まくむすび」保谷伸

■10位
「違国日記」ヤマシタトモコ

■11位
「僕の心のヤバイやつ」桜井のりお

■12位
「あした死ぬには、」雁須磨子

なお、現在マンガ大賞公式サイトでは大賞を受賞した山口つばさの受賞イラストが公開されている。

 



オススメ情報

オンライン限定 新規メンバーズ登録でもれなく!!500円オフクーポンプレゼント