こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

髙木竜馬『Metamorphose』~第16回グリーグ国際ピアノコンクールの覇者待望のデビューアルバム

第16回エドヴァルド・グリーグ国際ピアノコンクールにて優勝及び聴衆賞を受賞し、一躍世界的に脚光を浴びる髙木竜馬。満を持してリリースするデビューアルバムは、シューマンの“謝肉祭”を軸に組み立てられたプログラムであり、「変奏曲」がメインテーマとなっています
(2024/02/26)

クラシック 国内クラシック

マチェラル&フランス国立管『エネスク:交響曲第1-3番/ルーマニア狂詩曲』(3枚組)~DGよりリリース!

グラミー賞受賞指揮者でジョルジュ・エネスク国際音楽祭の芸術監督を務める指揮者クリスティアン・マチェラルと彼が音楽監督を務めているフランス国立管弦楽団による、ジョルジュ・エネスクの録音がドイツ・グラモフォンより発売されます。CD3枚組。交響曲の第1番から第3番、『ルーマニア狂詩曲』の第1番と第2番が収録されています
(2022/08/01)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

今週の入荷、発売新譜タイトルをご紹介〈2月第4週分〉

2024年2月第4週に、入荷、発売されましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2024/02/23)

クラシック

これから発売予定の新譜タイトルをご紹介〈2月第4週分〉

2024年2月第4週分に、新規にサイトにアップいたしましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2024/02/23)

クラシック

『ヴィルヘルム・ケンプ - ライヴ・コンサート・エディション』(9枚組)~レーグナー、カザルスとのお宝音源満載!

MELO CLASSICSの凄いセット物!注目は1965年3月ライヴのレーグナー指揮シュターツカペレ・ベルリンと共演のベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲!他にヨッフム指揮コンセルトヘボウ管弦楽団とのモーツァルトのピアノ協奏曲第15番、1963年10月のポツダムでのリサイタル、プラド音楽祭で81歳のカザルスと共演したベートーヴェンのチェロ・ソナタ第5番、ブラームスのピアノ三重奏曲第1番も収録!
(2024/02/22)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

〈タワレコ限定〉アンゲルブレシュト/ドビュッシー:歌劇“ペレアスとメリザンド”1963年ステレオ・ライヴ シャルラン録音(SACDハイブリッド)

Altusレーベルとのコラボ企画、最新の通算第13弾は2024年2月29日の「渋谷店CLASSIC専門フロア移設オープン記念」。1963年録音の“ペレアス”はアンゲルブレシュトが1965年に亡くなった際に、追悼盤LPとして関係者のみに200セット配布された幻の音源であり、収録はかのシャルランでした。今回、この貴重な録音を歌詞対訳付の国内盤仕様で限定数販売します。驚くべきクオリティの「ペレアス」を、高音質のSACDでぜひお聴きください
(2024/02/22)

クラシック オペラ

スタインバーグ&ボストン響『コンプリート・RCAレコーディングズ』(4枚組)~未発表録音3曲を含む集成!

シューベルト「ザ・グレート」(CD1)はスタインバーグ唯一の録音。ブルックナーの交響曲第6番(CD2)はアメリカのオケにとって同曲の初録音。CD3の小品集は、スタインバーグの体調不良で収録が予定通りに進まず、小澤、ラインスドルフ、フィードラー指揮の小品を加えて1972年に発売されたもの。今回は、オリジナルLPの全曲目に、スタインバーグの未発表録音3曲を加えています。またCD4にはフィードラー指揮ボストン響の“新世界より”を関連収録しています!
(2024/02/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 クラシック オムニバス

ユンディ・リ/モーツァルト:ソナタ・プロジェクト-ザルツブルク(第11番、第8番、幻想曲ハ短調、第14番)~ブルーレイ映像が登場!

2000年のショパン・コンクール第1位、現代で最も称賛され注目されるピアニストのひとり、ユンディ。ユンディはモーツァルトの音楽に対し「人間の魂に道徳的美徳や音楽について教える可能性を秘めている」と語っており、有名なトルコ行進曲付きのイ長調のソナタ、2つの短調のソナタ、ハ短調の幻想曲を、ピアノで語っていきます。SACDハイブリッド、CD、LPレコードのリリース情報に続き、ブルーレイ映像の発売が情報解禁されました
(2024/02/22)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

パッパーノ&聖チェチーリア管『R=コルサコフ: シェヘラザード、ムソルグスキー: はげ山の一夜(1867年原典版&1880年版)』

豪華な物語を語るリムスキー=コルサコフの『シェヘラザード』と、グラフィックでゾッとするムソルグスキーの『はげ山の一夜』は、ロシアのレパートリーの中で最も人気のある2つの作品です。アントニオ・パッパーノは、二人の作曲家のつながりを思い出させてくれます。同時に彼は、ムソルグスキーの「はげ山の一夜」の2つのヴァージョン(1867年原典版と、1880年管弦楽と声楽付版)を聴く貴重な機会を提供します
(2024/02/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 バレエ

アンサンブル・モリエール『ルイ14世の宮廷音楽』~英国の新世代アンサンブルが奏でる太陽王の宮廷の一日

2021年、英国のBBC Radio 3とロンドン王立音楽大学(RCM)が共同推薦するニュー・ジェネレーション・バロック・アンサンブルの初代団体に選ばれたアンサンブル・モリエールによる、トリオ・ソナタ編成でルイ14世お気に入りの作曲家たちの名作を辿るアルバム。ヴェルサイユの各所に楽隊を配し、朝から晩まで音楽漬けで政務を続けた王の一日を辿るかのように、序曲から室内楽、正餐時のBGM、宮廷劇場の音楽、そして就寝時の音楽へと続くプログラムで構成されています
(2024/02/22)

クラシック 古楽・バロック

フラッド、タランデク、バウムガルトナー&ジモン/フランコ・アルファーノ:歌曲集(3枚組)~世界初全曲録音!

ベルリンのラグジュアリー・レーベル「bastille musique」からリリースされる26番目のアルバムはナポリ生まれの作曲家フランコ・アルファーノの歌曲集。ドイツ放送と共同で3年という時間をかけて制作された本アルバムにはアルファーノの活動時期のほぼすべてを網羅する1896年から1954年の間に作曲された多種多様なアートソングが初めて全曲収められており、豪華アーティストたちによる世界初録音が多く含まれています
(2024/02/22)

クラシック オペラ

ロベルト・アバド&RAI国立響/ロッシーニ:歌劇《コリントの包囲》~2017年ロッシーニ・フェスティヴァルで上演

毎年8月にイタリアのペーザロ市で開催されている音楽祭「ロッシーニ・オペラ・フェスティバル」で2017年に上演されたロッシーニ:歌劇《コリントの包囲》の映像が登場。本上演の演出は、バルセロナのパフォーマンス集団ラ・フラ・デルス・バウスが参加しており、その中心メンバー、カルルス・パドリッサが演出を担当しています。ルカ・ピサローニ、ニーノ・マチャイゼなど充実の歌手陣にも注目。日本語字幕付き
(2024/02/22)

クラシック オペラ

ベルリン古楽アカデミー/C.P.E.バッハ:交響曲集~コンサートマスターは平崎真弓とゲオルク・カッルヴァイト!

ベルリン古楽アカデミーによる長年のプロジェクト、C.P.E.バッハの交響曲全曲録音の最終巻の登場です。1750年代半ば、C.P.E.バッハの創作力が最高潮にあった時期の作(174, 176, 177)など収録。コンサートマスターは平崎真弓、そしてゲオルク・カッルヴァイト!
(2024/02/22)

クラシック 古楽・バロック

横浜ブラスオルケスター『Wunderbar BLAS』(2枚組)~創団25周年記念、初のライブアルバム!

1999年に創立、2023年までに全国大会出場17回・金賞受賞12回を誇る「横浜ブラスオルケスター」。日本アマチュア吹奏楽団の最高峰が、創団25周年を記念して初のライブアルバムをリリース!毎年春に開催されている定期演奏会の秘蔵ライブ録音から厳選した名曲名演をCD2枚組でタップリとお届けします
(2024/02/22)

クラシック ブラス

『ヨーゼフ・シゲティ AFRS録音全集、他 』~第2次大戦中の米軍短波放送のための録音!

1942年8月~44年11月、アメリカ音楽家連盟(American Federation of Mdusicians)がレコード録音のストライキを行ったため、シゲティにもコロンビア録音がありません。トラック1から7はこの空白期間を埋める貴重な音源です。AFRS(Armed Forces Radio Service)は国外で暮らすアメリカ人向けに1940年代初めに米軍が開設した短波放送局。同局の放送用の録音は上記のストライキの対象外でした。このディスクはシゲティがAFRSのために行った録音のすべてを収めています
(2024/02/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ヴィトマン(cl)ルジツカ&ベルリン・ドイツ響/モーツァルト: クラリネット協奏曲 初LPレコード化!

近年作曲家としての目覚ましい活躍で知られるクラリネット奏者、イェルク・ヴィトマン。このアルバムでは演奏家としての彼の本領発揮とも言えるモーツァルトのクラリネット協奏曲を披露しています。7歳の時にこの作品に出合い、クラリネットの演奏を選ぶきっかけとなったと言うヴィトマンは、曲のすみずみまでを丹念に読みこみ、モーツァルトがこの作品に込めた様々な思いを拾い上げながら、見事な演奏を聴かせます
(2024/02/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

『J.S.バッハ: 鈴木雅明自選教会カンタータ選集』(LPレコード 7枚組)<完全限定盤>

バッハ・コレギウム・ジャパンの偉業、J.S.バッハの教会カンタータ全集から鈴木雅明氏自らセレクトした究極の15曲が日本独自企画として7枚組LPの完全限定盤で登場!東洋化成プレスの180g重量盤です。解説には『鈴木雅明氏が語る15曲の魅力』として2024年1月にインタビューした新規原稿(作品のセレクトの理由、各作品の魅力など)を10000字で掲載。また各曲の解説、制作ノート、歌詞対訳、アーティスト・プロフィールも掲載した充実の内容です!
(2024/02/21)

クラシック 古楽・バロック 国内クラシック

数量限定47%オフ!『小澤征爾~レトロスペクティブ』(5DVD)

1989年にサイトウ・キネン・オーケストラを振った「ブラームスの交響曲第4番」は当BOXが初DVD化、秋山和慶指揮「シューベルト交響曲第5番」、小澤征爾指揮「ノヴェンバー・ステップス」は初登場映像でした!他に、ヴァルトビューネに初登場した1993年の映像、2003年「ガーシュウィン・ナイト」、2008年「カラヤン・メモリアル・コンサート」、2015&2016『セイジ・オザワ 松本フェスティバル』のオール・ベートーヴェン・プログラムを収録
(2024/02/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

〈タワレコ限定・高音質〉ブルーノ=レオナルド・ゲルバー/ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ集(SACDハイブリッド5枚組)

DENONレーベルのピアノ録音の傑作、ゲルバーのベートーヴェン音源を初SACD化!この録音は1987年から全集を目指してスタートしましたが、残念ながら1995年の第6弾をもって終了となりました。卓越した完璧なまでの演奏は未だに評価が高いです。今回は全19曲を5枚に集成しました。録音面でも当時話題となった音源を最新復刻盤としてSACDハイブリッドで復刻します。優秀録音盤としても著名な作品ですので今回もORT復刻による効果を存分に堪能ください
(2023/12/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

イム・ユンチャン DECCAデビュー・アルバム『ショパン:練習曲集 Op.10 &Op.25』

2022年6月、ヴァン・クライバーン国際コンクールで史上最年少の優勝者となったイム・ユンチャンのデッカ・クラシックスからのデビュー・アルバム。その人気の高さから「クラシック音楽のK-POP」(『ニューヨーク・タイムズ』紙)と評されています。アルバムのカバー写真はユンチャンが望んだ雰囲気を出すためにフィルムで撮影されています。アシュケナージ、カーゾン、ルプーなどを思い起こさせるように、彼はオリジナルのデッカLPロゴの一つをリクエストしました
(2024/02/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽