こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

デ・ヴィートの名盤3点をオリジナルそのままにLP復刻!バッハ&モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス

オリジナル・デザインにこだわる韓国SOUND TREE 社によるハイ・クオリティな復刻LPシリーズから、名女流デ・ヴィートによる「バッハ&モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲」、「ベートーヴェン:クロイツェル・ソナタ」、「ブラームス:ヴァイオリン協奏曲」の3タイトルが同時発売!どれも名演の誉れ高く、オリジナル盤は中古市場で高値で取引されるレア盤です。しなやかで凛とした音色と、作品の持つ味わいを深く引き出す歌。レコードならではの美感にあふれた逸品です
(2022/05/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

希少な7インチ盤2枚をLPに復刻!アンドレ・レヴィ/チェロは歌う ~フランス音楽集<限定生産盤>

オリジナル・デザインにこだわる韓国SOUND TREE社によるハイ・クオリティな復刻LPシリーズより、アンドレ・レヴィとアンドレ・コラールによるフランス作品集が登場。これは1960年代初頭に300~400枚という少数生産で世に出たもので、今や状態の良いオリジナル盤を入手することは至難。その貴重なLumenオリジナル盤のファースト・プレスからデジタル・トランスファーして最新リマスターを施し、フランスプレスで製品化した愛好家大注目のレコードです
(2022/05/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

「松脂が飛び散るような」モノラル期の名録音!シュタルケルのコダーイ:無伴奏チェロ・ソナタがLP復刻!

オリジナル・デザインにこだわる韓国SOUND TREE社によるハイ・クオリティな復刻LPシリーズより、26歳のシュタルケルによるコダーイ無伴奏録音が登場。コダーイ作品の認知を上げ、シュタルケルの名を不滅のものとした名盤にして、オリジナル盤はたいへん入手難の一品。その貴重なPeriodオリジナル盤のファースト・プレスからデジタル・トランスファーして最新リマスターを施し、フランスプレスで製品化した愛好家大注目のレコードです
(2022/05/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

藤田真央~ソニークラシカル専属第1弾!モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集 (5枚組)

クラシックの名門レーベル、ソニークラシカルとの専属ワールドワイド契約を結んだ日本人ピアニストは藤田真央が初めて。今後藤田真央は、その多彩なレパートリーをアルバムという作品にして世界に向けて発表していくことになります。その第1弾が、2021年のヴェルビエ音楽祭(スイス)でも絶賛されたモーツァルトのピアノ・ソナタ全集(CD5枚組)。藤田真央とモーツァルトの音楽の親和性の高さは、日本での実演でも既に証明済みであり、待望の一組と言えるものです
(2022/05/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

4つの名曲“四季”を収録!『16シーズンズ』~ヴィヴァルディ、ピアソラ、マックス・リヒター、フィリップ・グラスによる4つの「四季」(2枚組)

ヴィヴァルディはもちろん、ヴァイオリンを独奏に据えた古今東西4つの『四季』が収録されたアルバムが登場!ピアソラの“ブエノスアイレスの四季”はデシャトコフ編曲によるソロ・ヴァイオリンと室内楽版を使用。マックス・リヒターの名曲“リコンポーズド: ヴィヴァルディ - フォー・シーズンズ”に、フィリップ・グラスのヴァイオリン協奏曲“アメリカの四季”を収録
(2022/05/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック 現代音楽

2台ギター版!タスカン・ギター・デュオによるJ.S.バッハのゴルトベルク変奏曲が登場

イタリア出身のタスカン・ギター・デュオが、2004年から2010年までパルマ音楽院の院長も務めたイタリアの作曲家エミリオ・ゲッツィ(1955-)が2台ギター版に編曲に編曲したJ.S.バッハのゴルトベルク変奏曲を録音!
(2022/05/27)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

ロッケンハウス音楽祭40周年を祝う2021年ライヴ!豪華作曲家の新作ばかりを豪華アーティストの共演で!『CREATION』~ロッケンハウス室内楽音楽祭40周年記念~

クレーメルが中心となり、1981年にオーストリアのロッケンハウスで始められた室内楽音楽祭。40周年記念となる2021年のライヴが登場。ヘレナ・ヴィンケルマンとラファエル・メルランによるチェロ協奏曲2曲が初演、さらにサロネン、レーラ・アウエルバッハ、トゥールなどの人気作曲家や、コパチンスカヤ、ムストネンといった気鋭の演奏家たちによる作品も披露されました!演奏者も豪華!
(2022/05/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

生誕85歳記念、UHQCD化!『ヴラディーミル・アシュケナージの芸術(25タイトル)』&『ヴラディーミル・アシュケナージ ベスト(2枚組)』

1955年ショパン国際ピアノ・コンクールにて世界にその名を知らしめ、卓越した技術と磨き抜かれた音色でデッカ・レーベルに数々の名盤を残したピアニストで指揮者のアシュケナージ。今シリーズでは、若き頃のショパン作品や、ラフマニノフ、ショスタコーヴィチ、そしてバッハなど、ピアニストとしてのアシュケナージの功績を表す25枚ををUHQCDで限定発売。初プライスダウンのタイトルも!さらに数々の名演を2枚組に収めた85歳記念ベスト盤も同時発売!
(2022/05/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)とアンナ・プロハスカ(ソプラノ)によるクルターグ:カフカ断章

イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)と、アンナ・プロハスカ(ソプラノ)という、今世界の誰しもが認めるふたりの演奏家の共演による録音が実現しました。作品は、「カフカ断章」。1926年ルーマニア生まれのハンガリー人作曲家クルターグが、フランツ・カフカ(1883-1924)の断片的な40のテキスト(クルターグ自身が選んだ)に、ヴァイオリンとソプラノという珍しい編成で作曲した作品です(1987年完成)
(2022/05/26)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 現代音楽

石川静の名盤、ミスリヴェチェクのヴァイオリン協奏曲全集がセットになって待望の復活!

ミスリヴェチェクは1760年代後半にパドヴァで「悪魔のトリル」で有名なタルティーニの音楽に触れ、おそらくその影響からヴァイオリン協奏曲を次々と作曲しています。また若きモーツァルトと親交も深かったとのこと。作風はタルティーニの影響が見られ、ヴァイオリン独奏の美しい旋律とオーケストラの掛け合いが実に魅力的。古典派の形式のなかにも豊かな旋律を生み出したミスリヴェチェクらしい特徴が凝縮されており、石川静が実に雄弁に奏でています!
(2022/05/26)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

天国から届いた最後のスタジオ録音!『イヴリー・ギトリス - The last studio recording』

2020年に98歳で亡くなったイスラエルのヴァイオリニスト、イヴリー・ギトリスのすばらしいCDが四半世紀を経て、天国からの贈り物のようにリリースされます。というのは、この最後のオーケストラとのスタジオ録音は一時行方が分からなくなっていたからです。ギトリスが生涯を通して演奏し、ピアノ伴奏で録音してきた曲が、ここではトゥールーズ室内管弦楽団との演奏で収録されています。ロドリーゴとビゼーの2つの小品はギトリスのディスコグラフィに新たに加わります
(2022/05/26)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

録音時は14歳!天才少女チェリスト、ミリアム・K.スミスのデビューCD『天賦の才能』

米国の天才少女チェリスト、ミリアム・K.スミスの国際販売でのデビューCD。題名はずばり「天賦の才能」。ミリアム・K.スミスは2006年の生まれ。8歳でハイドンのチェロ協奏曲第1番を弾いて協奏曲デビューを果たしました。以来米国各地で演奏活動を開始。数年前に「着火 ignite」と題されたCDを発表して好評を得ました。この時のジャケット写真はまだあどけない少女でしたが、2020年録音のこのCDでは既に大人の雰囲気を醸し始め、それは演奏にも反映されています
(2022/05/26)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

2011年に急逝した名チェリスト、フランソワーズ・グローベンの録音集成(6枚組)

2011年5月28日、40代半ばで急逝したルクセンブルクの名チェリスト、フランソワーズ・グローベン。ハーディング、ロストロポーヴィチ、スヴェトラーノフといった名指揮者と共演し、ソリストとして活躍。また1997年から2003年までツェートマイアー・クァルテットのチェロ奏者として活躍しました。このBOXにはライヴの初出音源を数多く収録。20世紀の協奏曲を中心に、いかにレパートリーが広いかを示すような充実の内容をおさめています
(2022/05/26)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ヴァイオリニスト小町碧の解説・演奏により味わうヴォーン・ウィリアムズの壮大な音楽

「揚げひばり」をはじめ、民謡からインスピレーションを得た「ロマンスとパストラル」、「イギリス民謡による6つの練習曲」、そして人生終盤の大作、ヴァイオリン・ソナタが収録されています。これらの作品から流れるのは、ヴォーン・ウィリアムズが愛したイギリスの美しい風景とメロディー。イギリス音楽のスペシャリストであるヴァイオリニスト小町碧の解説・演奏と共に、ヴォーン・ウィリアムズの壮大な音楽は親密に語りかけてきます
(2022/05/26)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

イギリスを代表する古楽器オーケストラ、ハノーヴァー・バンドによるSignum録音第1弾!アンドルー・アーサーが弾き振りしたJ.S.バッハ:ハープシコード協奏曲集

ハノーヴァー・バンドの新録音はSignumレーベル第1弾となるJ.S.バッハによるハープシコード協奏曲集です。ハノーヴァー・バンドのアソシエイト・ディレクターであるアンドルー・アーサーの弾き振りで録音!
(2022/05/26)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

CPO レーベル~2022年7月発売新譜情報(6タイトル)

今回はボッケリーニの90曲ほどの作品を残した弦楽四重奏曲から、CPOに録音のある24曲をお求めやすい価格でBOX化!ほかに、ドイツ音楽史上最初のオペラとされるシュッツの歌劇“ダフネ”(ローランド・ウィルソンによる再構築版)、ヴォルフェンビュッテル城の音楽集 第6集、クーナウの宗教音楽全集 第8集などCD6タイトルがリリースされます
(2022/05/26)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック オペラ

カルロス・クライバー&エッシェンバッハのシューマン:ピアノ協奏曲1968年チェコ・ステレオ・ライヴが初登場!

チェコ放送の自主レーベル「ラジオサーヴィス」のシリーズ『プラハの春音楽祭ゴールド・エディション』第3弾。遂に!カルロス・クライバー指揮クリストフ・エッシェンバッハをソリストに迎えたシューマンのピアノ協奏曲の1968年ステレオ録音が登場!この録音は、チェコ放送に残されてはいましたが、正式なリリースはされていない貴重な音源です。カップリングはサヴァリッシュ指揮チェコ・フィルによるドヴォルザークの劇的カンタータ「幽霊の花嫁」(1980年録音)
(2022/05/26)

クラシック オペラ 協奏曲・室内楽・器楽

初SACD化!コーガン最晩年の貴重ライヴ『ライヴ・イン・パリ 1977&1982』(SACDシングルレイヤー)

Spectrum SoundからCDでリリースされたものの廃盤となっているタイトルを、Global Culture AgencyがライセンスしてSACD化。まずは1977年、ベートーヴェンの協奏曲は温かみのあるふくよかなコーガンの独奏とクリヴィヌのソリストに十分配慮した好サポートが、互いにみごとに高まり合う名演。アンコールも極上。そして1982年、死の直前に娘ニーナのピアノ伴奏で行われたリサイタルはさらに貴重な録音。無伴奏の『シャコンヌ』も忘れがたい感動の名演!
(2022/05/25)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

エリック・ル・サージュがモーツァルトのピアノ協奏曲第17番&第24番を録音!

今までモーツァルト録音が少なかったエリック・ル・サージュが、今回ついに、盟友フランソワ・ルルーの指揮で、ピアノ協奏曲第17番&第24番を録音!古典派における短調協奏曲の傑作“第24番”では、フォーレによるカデンツァを使用
(2022/05/25)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ソニア・ルビンスキーによるブラジルの巨匠ヴィラ=ロボスのピアノ作品全集をBOX化!(8枚組)

1994年から2007年にかけてブラジルのピアニスト、ソニア・ルビンスキーがNaxosに録音したブラジルの巨匠ヴィラ=ロボスのピアノ作品全集がBOX化!国内仕様盤にはピアニストで日本ヴィラ=ロボス協会副会長の清水安紀氏の日本語解説が付属します
(2022/05/25)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽