こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

巨匠ショルティのロンドンでの軌跡を網羅した初のBOXセット『ロンドン(管弦楽)録音全集』(36枚組)

ハンガリー出身で後に世界的な活躍を果たし、イギリス国籍も取得した指揮者・ピアニスト、サー・ゲオルグ・ショルティはデッカに膨大な録音を残しています。その中からロンドンで行った管弦楽の録音をすべて集めたCD36枚組BOXセットです。モーツァルト、ハイドンを始め、バルトーク、エルガー、リスト、マーラーなどによる交響曲、管弦楽曲、協奏曲など、レパートリーも多岐に渡り、これらの録音がまとめて発売されるのは初めてです。限定盤
(2021/09/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

"ひそやかな音楽”第4集の自演ライヴ!『モンポウ・ライヴ 1977 マドリード』

1977年にスペインのフアン・マルク財団のホールで行われたモンポウの初出ライヴが登場。『ひそやかな音楽』第4集の自演ライヴはこれが初めてとのことです。静寂を音楽で表現しようとするかのようなこれらの作品が、ライヴならではの緊張感の中で紡がれています。『ポール・ヴァレリーの詩による5つの歌曲』は、モンポウと同じカタルーニャ出身のソプラノ、モンセラート・アラベドラ(1946-91)による歌唱。モノラルながらたいへん質感の高い音になっています
(2021/09/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

オール・アルフレッド・リード・プログラム~東京藝大ウィンドオーケストラ第91回定期演奏会ライヴ~

東京藝大WOとして初のライヴCDは、生誕100年を迎えたA.リード作品より厳選。「音楽祭のプレリュード」「パンチネルロ」「アルメニアン・ダンス」などA.リードの代表する作品に加え、音楽技法の新旧が見事に融合した響きが魅力の名曲「北国の伝説」、日本を愛する氏の想いが詰まった「第6組曲」などこだわりのプログラムが際立つアルバムとなっています
(2021/09/20)

クラシック ブラス

APRより20世紀イギリスの偉大なるバッハ弾き『ハロルド・サミュエル~ソロ録音全集』(2枚組)

20世紀イギリスの偉大なるバッハ弾き、ハロルド・サミュエル(1879-1937)のバッハ録音集は、数々のソロの名演に続く形でニューヨークでのライヴ録音である「ブランデンブルク協奏曲第5番」と、イゾルデ・メンゲスとのスタジオ録音であるホ長調の「ヴァイオリン・ソナタ」によって締めくくられています。クレメンティやコロンビアの教育プロジェクト「ヒストリー・オブ・ミュージック」のために録音されたバッハの息子2人の作品なども収録されています
(2021/09/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

全世界496枚限定生産!アッカルド~ドビュッシー&ラヴェル: ヴァイオリンとピアノのための作品集<初回完全限定生産盤>

イタリアの偉大なヴァイオリニスト、サルヴァトーレ・アッカルドが2019年11月にミラノで録音したドビュッシーとラヴェルの作品集が、日本製(東洋化成株式会社)の超高品質限定プレスLPとなってリリース! ドビュッシーのソナタをメインに、ヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリニストのための難曲から、当時の音楽家による有名曲の編曲版(ハルトマンはドビュッシーの友人、ガルバンはラヴェルの友人でした)まで、フランス近代音楽の魅力が詰まったアルバムです
(2021/09/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

キングズ・シンガーズのニュー・クリスマス・アルバム『クリスマス・キャロル・ウィズ・キングズ・シンガーズ』

2018年に結成50周年を迎えた男声ア・カペラ・グループのレジェンド、キングズ・シンガーズ。エドワード・バトン(カウンターテナー)、ニック・アシュビー(バリトン)が加わった新メンバーによる新たなクリスマス・アルバムは、現代合唱の宝石やフォークソングから世界中で愛されるキャロルまでを25曲を収録。キングズ・シンガーズの原点でもあるケンブリッジ大学キングズ・カレッジの伝統を反映した、有名な英国の教会キャロルもいくつか含まれています
(2021/09/20)

クラシック オペラ

マリア・カラス入門盤として最適!カラス全盛期の名アリアを新マスタリングでまとめた2枚組

フランスのシャン・デュ・モンド社の「巨人の声」シリーズ第41弾は伝説の歌姫マリア・カラス。全盛期の名唱のなかから特に魅力的なものを集めた企画ですが、単なる寄せ集めではなく、2019年にABラボ・マルセイユ社がマスター音源からトランスファーと新マスタリングを行なっているのに注目です。マリア・カラス入門盤としても最適ですが、これ1セットあれば、いろいろなオペラのなかから名アリアばかりをカラスの魔術で堪能できるお買い得盤でもあります
(2021/09/20)

クラシック オペラ

アリアンナ・サヴァールとペッテル・ウトランド・ヨハンセンが歌いあげる、詩と音楽の美しき融合

ゲーテやリルケ、リュッケルト、シェイクスピア、イプセンといった大詩人、シューマン、ショパン、リヒャルト・シュトラウス、グリーグなどの大作曲家はもちろん、ガルシア・ロルカやミェチスワフ・カルウォヴィチといった、非業の死を遂げた芸術家の作品、アリアンナ・サヴァールの自作も収録しています。撥弦楽器を主体としたアンサンブルの美しい響き、アリアンナ・サヴァールとペッテル・ウトランド・ヨハンセンの済んだ歌声をお楽しみください
(2021/09/20)

クラシック オペラ

『レコード芸術』2021年10月号~特選盤

毎月20日発売の月刊誌「レコード芸術」の2021年10月号における"特選盤"を集めました。輸入盤の取扱いの有るものはあわせてご案内しております。
(2021/09/18)

クラシック

ツィメルマン×ラトル×ロンドン響!ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集 デラックス・エディション[3CD+Blu-ray Audio+Blu-ray Disc]

7月にCD3枚組とLP5枚組が発売され大絶賛を受けた「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集」。このデラックス・エディションはCD3枚にブルーレイ・オーディオ1枚、そしてブルーレイ・ビデオ1枚をセットにし、カードカヴァー・ブックに収めた豪華版
(2021/09/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ツィメルマン×ラトル×ロンドン響!ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集[3SACD Hybrid+Blu-ray Audio+Blu-ray Disc]

ツィメルマンが2020年のベートーヴェン生誕250年にベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を、約30年ぶりに再録音!今回の新録音は、円熟を増したツィメルマンとラトルの組み合わせによる期待に違わぬ名演で話題を呼んでいますが、今回、国内盤のみSACDハイブリッド化、ブルーレイによるハイレゾ音源と映像が付く高音質を盛り込んだ限定デラックス版(初回生産限定盤)が新たに発売されることとなりました
(2021/09/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

マルタ・アルゲリッチ『コンセルトヘボウ・ライヴ録音集』(アナログLP4枚組)

アルゲリッチがコンセルトヘボウで1978、79、92年におこなった演奏会からのライヴ録音。これまでCD3枚分で発売されていた音源を、180gアナログLP盤4枚組として限定生産!(ワーナーミュージック)
(2021/09/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

フルトヴェングラー&バイロイト/ベートーヴェン:交響曲第9番(アナログLP盤:2021年リマスター)

「フルトヴェングラー正規レコード用録音集大成」用として、2021年Studio Art & Sonによるオリジナル・マスターテープからの24bit/192kHzリマスター音源が採用されています。これまでの一番新しいリマスター音源は2010-2011年にアビイロード・スタジオによるものでしたが、今回では最新デジタル機器とさらなる高ビットによる入念なる新しいリマスターにより、これまで以上にマスターテープに残された記録が再現されています。180gアナログLP盤、数量限定生産盤
(2021/09/17)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

『パリのヴァイオリン』~ルノー・カピュソンが新録音した小品集をCDとLPでリリース!

2020年3月、ルノー・カピュソンがパリのロックダウン中に、毎日56日間ヴァイオリンの名小品を自宅で演奏し、SNSを通じ世界中に配信されました。もともとルノーの息子であるエリオットへの音楽を通じての共有のための演奏でしたが、あらたに22曲(LPは15曲)を選曲してスタジオ録音し、エリオットへの感謝を伝えたアルバムです
(2021/09/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 クラシック オムニバス

ハープによる"モルダウ""美しき青きドナウ"~アンネレーン・レナエルツ『ウィーンの物語』

このアルバムでは、ウィーン・フィルの首席ハープ奏者として、そして彼女の人生を反映させたレパートリーが選ばれています。有名曲のハープ独奏用に編曲した作品、ハープ教則本や数多くのハープ作品を書いたことでも知られるツァーベルのトランスクリプション。ムーティやネルソンスとのオーケストラで共演した印象的な思い出としての作品。彼女自身が作曲したハープの本領が発揮された華麗な「ボエーム」の主題による幻想曲などを収録しています
(2021/09/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 クラシック オムニバス

スティーヴン・ハフ60歳記念!旧EMI & Virgin録音を初集成『エラート・イヤーズ 1987-1998』(9枚組)

イギリスの知性派ピアニスト、スティーヴン・ハフの名盤のいくつかは、この初期のEMIおよびVirgin Classicsから生まれ、非の打ちどころのないタッチ、音楽的および知的な厳密さ、19世紀後半のサロンを埋め尽くした小品への愛情を味わうことができます。2つのリストのリサイタル・アルバムを核として、モーツァルトからシューマン、ブラームスからブリテンまで、偉大な巨匠の伝統を振り返りながら、その華麗で知性と創造性にあふれた名演を味わうことができます
(2021/09/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

〈タワレコ限定・高音質〉Definition Series第38弾 ベーム"コジ・ファン・トゥッテ”、ジュリーニ"フィガロの結婚”

今回の復刻は1950年代終わりから60年代初めまでのステレオ初期録音ですが、これまでの例に漏れず当時のEMIのオペラ録音は完成度が高く、今回のモーツァルトの傑作オペラ2作は共に演奏や歌手のキャスティング含め、さすが名だたる名盤との認識を新たにするほどの出来映えとなりました。各解説書も歌詞対訳、新規解説含めて140ページ以上の分量となっています。シリアル・ナンバー付800セット限定盤です
(2021/09/17)

クラシック オペラ

名古屋フィルの首席ファゴット奏者ゲオルギ・シャシコフの初ソロ・アルバム!『ニュー・ファゴット・レパートリー Vol.1』

名古屋フィル首席ファゴット奏者として、またソロ・アーティストとして活躍するブルガリア出身のファゴット奏者、ゲオルギ・シャシコフの初めてのソロ・アルバムが登場!ファゴットの定番レパートリーから現代の刺激的な楽曲まで収録。古今東西の楽曲によって浮かび上がるファゴットの響きのヴァリエーション。ファゴットの魅力を追求するシリーズがスタートです!
(2021/09/17)

クラシック ブラス

日本語字幕付き新装版!エキルベイ&トゥーロン歌劇場響、アクサンチュス~レイナルド・アーン:喜歌劇“シブレット”

1923年にパリのヴァリエテ座で初演され大好評を博したレイナルド・アーンの喜歌劇“シブレット”。2013年に指揮者ロランス・エキルベイがアクサンチュス、トゥーロン歌劇場交響楽団とパリ・オペラ=コミック座で上演されました。今回2014年にFRA Musicaから発売されたディスクに、日本語字幕を加えた新装盤としてリリース。喜劇役者としても活躍するミシェル・フォーのコミカルで洗練された演出により、この作品に溢れるベル・エポックの時代を懐かしむ情感が雰囲気豊かに描かれています
(2021/09/17)

クラシック オペラ

ヴィルバート・ロッシーニ音楽祭2018で上演!ペレス=シエーラ&ヴイルトゥオージ・ブルネンシス~ロッシーニ:歌劇“ひどい誤解”

ロッシーニが19歳で作曲し、彼のオペラ・ブッファの第2作となった“ひどい誤解”。1811年のボローニャでの初演の好評にもかかわらず当局によって上演が禁じられ、1825年に一回だけの再演があったものの、その後20世紀後半まで上演されることのない幻の作品でした。ここに収録されたヴィルバート・ロッシーニ音楽祭2018では、ドイツ・ロッシーニ協会による校訂版スコアを用いて上演されました。日本語字幕付き
(2021/09/17)

クラシック オペラ