こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

キセノン・サクソフォン四重奏団 デビュー!グリーグ "ホルベアの時代より"、モーツァルト:弦楽四重奏曲第21番、他

メンバー全員がケルン音楽大学で室内楽と現代音楽の修士号を取得しているキセノン・サクソフォン四重奏団のデビュー盤。弦楽器作品と、21世紀のオリジナル作品を「献身」をテーマに結び付けた絶妙なプログラム。演奏にあたって弦楽四重奏団のメンバーと一緒に奏法を研究、こだわりの感じられる作品に仕上がっています。ちなみにアンサンブル名は希ガスのキセノンに因んでおり、カルテットの理想とする相互作用とアンサンブル・ソノリティを体現しているとのことです
(2021/10/15)

クラシック ブラス 現代音楽

2台ピアノ版 ワーグナー“ニーベルングの指環"(2枚組)~ヘルマン・ベーンによるトランスクリプション

マーラーの友人ヘルマン・ベーン(1859-1927)は、ブルックナーとラインベルガーに作曲を師事したドイツの音楽家。1883年頃にはオリジナルの作曲活動からほぼ手を引き、以降は他の作曲家の作品の編曲、特に交響的な作品の2台ピアノ用編曲で新境地を開拓しました。Musicaphonレーベルからは本作のほかにワーグナーの楽劇 《トリスタンとイゾルデ》 の2台ピアノ版や、マーラー自身によって称賛された交響曲第2番 《復活》 の2台ピアノ版などが発売されています
(2021/10/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

日本独自の美しさと力強さを表現~外山雄三&日本フィル/小川寛興:交響曲“日本の城”がリマスタリングで復活!

数々のヒット曲やテレビ主題歌で有名な作曲家・小川寛興(おがわ ひろおき、1925~2017)が1968年、明治100年記念芸術祭参加作品としてキング・レコードのLPのために作曲した交響曲の大作「日本の城」をリマスタリングで再発売!日本フィルと日本屈指の邦楽演奏家を集めて行われたレコーディングでは、外山雄三の指揮により、小川寛興の交響曲作家としての魅力を存分に描き出しています
(2021/10/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック 現代音楽

〈タワレコ限定・高音質〉Definition Series第39弾 ビーチャム”シェエラザード”&”ペール・ギュント"、ロストロポーヴィチ

2021年に没後60年を迎えたサー・トーマス・ビーチャム(1979.4.29-1961.3.8)の名作2点と、20世紀後半を代表するチェリスト、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(1927.3.27-2007.4.27)が最も得意とした「ドヴォルザーク:チェロ協奏曲」の最初のステレオ録音の計3作を取り上げます。いずれも旧EMIレーベルへの1955~59年のステレオ初期録音ですが、音質は驚くほど素晴らしく、今回あらためて従来を超えるスペック(192kHz/24bit)でデジタル化を行いました
(2021/10/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 バレエ

マルガリータ・ヘーエンリーダーによるベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集の映像が登場~それぞれ異なる指揮者とオーケストラと共演!(3枚組DVD)

ドイツの名ピアニスト、マルガリータ・ヘーエンリーダーがベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を、それぞれ異なる指揮者とオーケストラと共演したコンサート映像が登場。“第1番”はルイージ、“第2番”と“第3番”は彼女の師レオン・フライシャー、“第4番”はハーゼルベック、“第5番”はブルーノ・ヴァイルが指揮を務めています
(2021/10/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ガブリエル・シュヴァーベの新録音はエルガー&ブリッジ:チェロ協奏曲

ドイツのチェリスト、ガブリエル・シュヴァーベがウォード&ウィーン放送響との共演で、エルガーの名曲“チェロ協奏曲”と、第一次世界大戦終結後に犠牲者を悼んで書かれたブリッジの“悲歌的協奏曲「祈り」”を録音!
(2021/10/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

Naxos~2021年11月第2回発売新譜情報(6タイトル)

今回はマリン・オルソップがヒンデミットの交響曲“画家マティス”と一幕の歌劇“聖スザンナ”を録音!ほかに、アメリカ近代女性作曲家フローレンス・プライスの交響曲第3番、ウィリアム・ボルコムのホルン三重奏曲&無伴奏ヴァイオリン組曲第2番、MARCO POLOレーベルからの移行盤『ブリティッシュ・ライト・ミュージック 第3集』、NAXOSの人気シリーズ、リスト・ピアノ曲全集第59集など、世界初録音も含むCD6タイトルがリリースされます
(2021/10/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 現代音楽

ノルウェー&日本の注目ヴァイオリニスト、園子ミリアム・ヴェルデ、デビュー!ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番&V=ウィリアムズ:揚げひばり、他

ノルウェーのLAWO Classicsとオスロ・フィルのコラボレーション録音最新作は、ノルウェー&日本の注目ヴァイオリニスト、園子ミリアム・ヴェルデが登場!ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番を皮切りに、ヴォーン・ウィリアムズの“揚げひばり”、サミュエル・バーバーのヴァイオリン協奏曲と、麗しく甘美なヴァイオリンと管弦楽のための傑作を組み合わせた魅惑のプログラムでCDデビュー!
(2021/10/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

カナダの人気金管五重奏団「バズ・ブラス」、Analekta第2弾はクリスマス!『クリスマス~金管五重奏のための作品集』

カナダの人気金管五重奏団「バズ・ブラス」。Analektaレーベル第2弾となる今作では、クリスマスの名曲を金管五重奏の華やかなサウンドで彩ります。クリスマスではお馴染みの作品に、男声ヴォーカル・クァルテット「クァルトム」とのコラボレーションで奏でる“クリスマスの12日間”では、ガブリエリやシャイトといった作曲家たちが残した金管アンサンブルのための有名作品の一節を散りばめた好アレンジにも注目です
(2021/10/15)

クラシック ブラス

今週の入荷、発売新譜タイトルをご紹介〈10月第2週分〉

2021年10月第2週に、入荷、発売されましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2021/10/15)

クラシック

これから発売予定の新譜タイトルをご紹介〈10月第2週分〉

2021年10月第2週分に、新規にサイトにアップいたしましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2021/10/15)

クラシック

吉岡次郎~ポール・ジャンジャン:フルートのための近代音楽エチュード

フランスの作曲家ポール・ジャンジャン。ジャンジャンの“フルートのための近代音楽エチュード”は、学習者が近代クラシック音楽のリズムパターンや和声進行に慣れることを目的として書かれており、芸術的で表情豊かな曲が多く含まれている作品です。音楽之友社から自身が監修した楽譜もリリース
(2021/10/15)

クラシック 国内クラシック ブラス

青木洋也、栗原洋介、和田健太郎、角野まりな、新妻由加~『対話 ―Dialogus―』

カウンターテナーの青木洋也ほか、実力派演奏家が集い、17世紀の主にイタリアの音楽を集めたアルバム。サクバットはトロンボーンの祖先で、15・17世紀に盛んに演奏された楽器。教会に溶け込む豊かな響きにより「神から祝福された天使の楽器」とも言われている。17世紀ヴェネツィアでは教会でも特にサクバットを盛んに使っていたことから、モノディーの影響を受けた独唱による聖歌と器楽合奏曲を選び、極めて個性的な「ヴェネツィア教会音楽の栄光」とも呼ぶべきプログラムを組み上げている。(コジマ録音)
(2021/10/15)

クラシック 国内クラシック 古楽・バロック

クリスティアン=ピエール・ラ・マルカによる、地球を救うことをテーマにしたプログラム!共演者も豪華!『ワンダフル・ワールド』(2枚組)

個性的な選曲で独自の世界観を表現するフランスのチェリスト、クリスティアン=ピエール・ラ・マルカが、地球を救うことをテーマにプログラムしたアルバムをリリースします。ミシェル・ポルタル、トーマス・エンコ、パトリシア・プティボン、バティスト・トロティニョンなど豪華共演陣にも注目です。クラシック、ネオクラシック、ワールドミュージック、ジャズなどを取り上げた2枚組
(2021/10/15)

クラシック クラシック オムニバス

菊地裕介の新録音はベルリオーズ(リスト編曲):幻想交響曲!

リストが超絶技巧を駆使し、ピアノ版に編曲したベルリオーズの代表作“幻想交響曲”。この菊地裕介の演奏は、ピアノが紡ぎ出す音のみで、幻想交響曲の持つ華やかさの中に潜む不気味さまでをも見事に表現しています
(2021/10/14)

クラシック 国内クラシック

篠田昌伸&横島浩~ヘルツォーゲンベルク:ピアノ4手連弾のための変奏曲全集

マニエリスムの日本の代表的な作曲家、横島浩が、同じく作曲家でピアニストの篠田昌伸とともにハインリヒ・フォン・ヘルツォーゲンベルク(1843-1900)のピアノ連弾作品集を録音。ヘルツォーゲンベルクは、ブラームスとレーガーの間に位置する重要な作曲家で、オペラ以外の分野は大規模な宗教曲から交響曲、協奏曲、室内楽まで幅広く作曲している多作家。とくに「変奏曲」に特別な技巧を発揮しており、今回のピアノ連弾のための変奏曲全曲を世に問う意義は大きい。(コジマ録音)
(2021/10/14)

クラシック 国内クラシック

大橋多美子&谷辺昌央~『武満徹・細川俊夫 声とギターの世界』

二人の日本人作曲家、武満徹と細川俊夫による、歌とギターのための作品集。直接的に身体的とも言える歌の可能性も追求していた武満に対し、東洋の文化を背景とする作曲家の創造の可能性を追求する細川。二人の歌に対する大きく異なるアプローチを、大橋と谷辺が真摯に解き明かす。(コジマ録音)
(2021/10/14)

クラシック 国内クラシック 現代音楽 オペラ

木管五重奏団「ペンタドル」の新録音!『バッハをめぐって ~木管五重奏によるバッハ』

1985年結成の木管五重奏団「ペンタドル」。今作ではバッハのトッカータ、フーガ、ソナタ、パルティータ、コラールなどを木管五重奏のために編曲して演奏。カップリングにはデイヴィッド・マスランカの“五重奏曲第3番”が収録されています
(2021/10/14)

クラシック ブラス 古楽・バロック

ディートマル・ベルガー自身によるチェロ編曲!テレマン:無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバのための12のファンタジア(チェロ版)

1735年頃に作曲され、楽譜が出版されていたことは知られていながら、楽譜が消失してしまい謎に包まれていたものの、2015年の春に発見された“ヴィオラ・ダ・ガンバのための12のファンタジア”。ドイツのチェリスト、ディートマル・ベルガーがテレマンの楽譜を隅々まで研究して編曲を施した“チェロ版”が登場!
(2021/10/14)

クラシック 古楽・バロック

ルイサダがLA DOLCE VOLTAレーベルより登場!シューベルト:ピアノ・ソナタ第15番&第21番

ルイサダがシューベルトに初めてふれたのは、5歳か7歳のとき、「未完成」交響曲を聴いて衝撃を受けたのをおぼえているそう。また、ピアーズとブリテンによる「美しき水車小屋の娘」の演奏に感銘をうけ、また、その二人の前で演奏したこともあり、シューベルトはルイサダの中でずっと特別な存在だったといいます。このシューベルトを聴いて、ルイサダがますます研ぎ澄まされたところに到達していることを感じます(キングインターナショナル)
(2021/10/13)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽