こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)、大人気ゲーム「フォートナイト」でライヴ開催。随所に散りばめられた「Arianaらしい」演出に世界が熱狂

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2021年08月11日 18:50

Ariana Grande

Ariana Grandeが、8月7日~9日の間に5回に分けて、世界的人気ゲーム「フォートナイト」内で「Rift Tour featuring Ariana Grande」と題されたヴァーチャル・ライヴを行った。海外での盛り上がりはもちろん、ここ日本でも、早朝にもかかわらず1回目のライヴ終了後に「アリアナ・グランデ」がTwitterのトレンド入りをするなど、大きな盛り上がりを見せた。

今回、フォートナイトのイベントとして洋楽アーティストがライヴを行うのは3度目。MARSHMELLO(2019年)とTravis Scott(2020年)に続き、女性アーティストとしては初のライヴ・イベントだった。そのこともあり、ゲーム・ファンやゲーム・メディアからは「今までとは違う演出の連続でスゴイ」、「これまでで最も印象的なイベントだった」という声が上がっている。

Rift Tour featuring Ariana Grande (Full Event Video)

ゲームを起動し、イベントの開始を待機していると、彼女の実際のライヴでもお決まりの1曲目“Raindrops (An Angel Cried)”の最中に「流れ星」の中から、アルバム『Sweetener』時代を懐古させるプラチナ・ブロンド・ヘアーのArianaが登場。そしてすぐさま大ヒット曲“7 Rings”へと移り、プレイヤーたちと巨大Arianaが本物のライヴさながらノリノリで曲に合わせて踊る。曲が終了すると同時にプレイヤーは大きなシャボン玉の中へと移され、雲の中に浮かぶ淡いピンクや紫、水色などを基調としたカラフルなバブルを潜り抜け、大きな羽を身に纏い、次の目的地へと飛行するArianaについていく形で“Be Alright”が披露される(「雲」は、“Breathin”のミュージック・ビデオでフィーチャーされたり、自身がプロデュースするフレグランスを「cloud」と名付けたり、左手の中指に雲のタトゥーを入れたりするなど、Arianaにとって重要なモチーフだ)。

その後、シャボン玉が割れて空を落下していると突如現れるユニコーンが救い上げてくれ、レインボーの絨毯が引かれる雲の中、“R.E.M.”を心地よく聴きながらしばらくゆったりと走り続ける(単に空にいるから「虹」が出現したのではなく、LGBTQの当事者を家族に持ち、自身はアライ(支援者)であるArianaだからこそ、LGBTQコミュニティのアイコンである「虹」を演出として取り入れたのではないだろうか)。しばらく雲の中を走り続けたあと、最後にはブランコに乗って揺れる巨大Arianaが出現。それと同時に今まで「無表情」だった雲たちが猫やうさぎや熊などのキュートな顔に変わる。これもまた、昨年動物救助のチャリティ団体を設立するなど、大の動物愛好家であるArianaらしい演出だ。

曲の終わりと同時に、画面は地上にある白くて大きな建物に切り替わる。Arianaのデビュー・シングル“The Way”が始まると共に、巨大Arianaが建物の上へ上へと階段を上り続けるシーンは、同曲のフィーチャリング・アーティストであり、元恋人で人気ラッパーであった亡きMac Millerを想い「天国への階段を上っている」と捉えることができる、深くて印象的な一幕だ。

そして6曲目、最後の楽曲はArianaの最新アルバムより、表題曲の“Positions”。映し出された「氷の世界」の中でArianaは、七色に光り輝くオーロラの下を自由に飛び交い、この空間を支配している。そして楽曲の終了と共にArianaはすっと姿を消して、イベントも同時に終了。幻想的で壮大な中にもArianaらしい、Arianaならではの演出が随所に散りばめられており、フォートナイト・ファンはもちろんのこと、普段フォートナイトをプレイしないArianaファンにとっても最高の7分間となった。

Ariana Grande

Ariana Grande

Ariana Grande

Ariana Grande

 

▼リリース情報
Ariana Grande
ライヴ・アルバム
『K Bye For Now』
NOW ON SALE


オススメ情報

オンライン限定 新規メンバーズ登録でもれなく!!500円オフクーポンプレゼント

  • TOWER RECORDS MUSIC
  • Mikiki - music review site