こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

OASIS(オアシス)、9月23日公開の映画『オアシス:ネブワース1996』より“Live Forever”ライヴ映像先行公開

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2021年09月03日 10:00

Oasis
(C)2021 Oasis Knebworth 1996

OASISのキャリア絶頂期に行われ、時代を定義/象徴する伝説のコンサートとなった1996年8月10日、11日のネブワース公演からちょうど25年目の今年、Noel&Liam Gallagher兄弟が製作総指揮を務めたライヴ・ドキュメンタリー映画『オアシス:ネブワース1996』が9月23日より全国112館で劇場公開される。同映画より、“Live Forever”のライヴ映像が先行公開された。

Oasis - Live Forever (Live At Knebworth) [Taken from 'Oasis Knebworth 1996' in cinemas September 23]

公開されたライヴ映像では、Noel Gallagherがナレーションで同曲を振り返り、“Live Forever”を書き終えたときのことを、以下のように語っている。

 

ロック・スターになる野望が爆発した。インディーズ・バンドだった俺たちを“Live Forever”が世界一のバンドに押し上げたんだ。あの曲ができたとき、これはインディーズなんかじゃなくて、とんでもなく最高な曲だって確信した。歌詞もメロディもシャウトも何もかも完璧で、俺にとって特別な曲だ。「自分たちには価値がある」、そう思えるようになった。

―― Noel Gallagher

 

“Live Forever”は、デビュー・アルバム『Definitely Maybe』からの第3弾シングルで、作詞作曲をNoel Gallagherが担当した、OASISにとって記念すべき最初の全英トップ10シングルとなった曲。

Noel Gallagherは、当時のNIRVANAを代表とするグランジ・シーンの「悲観的でネガティヴな性格」へのレスポンスとしての思いを込めて、「死ぬほど才能があるあのクソ野郎(Kurt Cobain)が、俺が欲しかったもんを全部持ってやがったんだよ。金持ちで有名で、あのころトップに立ってたロック・バンドで音楽やってて。しかも自分のことが嫌いだとか、死にたいとかいう曲を書いてんだぜ! 俺としては、俺は自分のことをファッキン愛してるし、永遠に生きてやる(Live forever)って思ってたね」とかつてコメントしている。

またこの曲は、英「Radio X」が毎年行っている「イギリス史上最高の楽曲」を決めるリスナー投票で、2018年に続いて今年2021年に、2度目の1位を獲得している(2019年と2020年はQUEENが1975年に発表した“Bohemian Rhapsody”が1位となっていた)。

 

▼映画情報
『オアシス:ネブワース1996』
9月23日(木・祝)より新宿ピカデリーほか全国112館にて公開
配給:カルチャヴィル
出演:OASIS
監督: ジェイク・スコット
製作会社:ブラック・ドッグ・フィルムズ
プロデューサー:ガーフィールド・ケンプトン
製作総指揮:Liam Gallagher、Noel Gallagher、アレック・マッキンレイ
製作国:イギリス
サウンド:5.1ch
日本公開HP:https://www.culture-ville.jp/oasisknebworth1996
(C)2021 Oasis Knebworth 1996

 

▼リリース情報
OASIS
ライヴ盤
『Knebworth 1996』
11月19日(金)リリース



■タワーレコードオリジナル特典あり(国内盤のみ)
先着で「ステッカー」をプレゼント!
※特典満了次第終了とさせていただきます。

オススメ情報

新規メンバーズ登録クーポン