こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

mabanua、Kan Sanoら所属のorigami PRODUCTIONS、楽曲を無償提供する「origami Home Sessions」始動。WONKも楽曲“Small Things”を無償提供

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2020年04月01日 17:07

origami Home Sessions

mabanua、Kan Sano、Shingo Suzukiらが所属するorigami PRODUCTIONSが、所属アーティストの楽曲を無償提供する「origami Home Sessions」を始動した。

この企画は、ライヴができず収益が当面見込めないアーティストにインスト・トラックやアカペラのデータを無償提供するというもの。楽曲のパラデータ、ステムデータもダウンロード可能で、構成を変える、サンプリングする、ラップや歌を乗せる、楽器を足すなどといった方法でコラボ楽曲を制作することが可能となる。制作した楽曲はネットにアップしたり、CDやストリーミングで販売したりといったことが可能。収益は100%リリースしたアーティストに提供される。

今回の企画に際して、Shingo Suzuki、mabanua、Kan Sano、関口シンゴ、Michael Kanekoはインスト・トラックを、Hiro-a-keyはシンガーとしてアカペラを提供している。アーティストだけでなく、リスナーも楽曲を試聴することが可能。

■楽曲はこちら

また、「可能な限りコラボ表記を入れる」、「SNSで拡散させる際はハッシュタグ #origamiHomeSessions #アーティスト名 #origamiPRODUCTIONS を入れる」、「リリースの際はJASRACなど著作権団体への登録は避ける」といった楽曲使用の際のガイドラインがorigami PRODUCTIONSオフィシャル・サイトにて掲載されている。

すでに提供楽曲を使用したミュージシャンの作品も投稿されている。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、レーベル EPISTROPHを運営しているWONKも「origami Home Sessions」に影響され、楽曲“Small Things”のデータの無償提供を開始した。“Small Things”は、WONKが2018年に発表した楽曲。WONKはこの楽曲を「「些細なことが世界を明るく照らしてくれる」という楽曲」とし、「未曾有の危機に対して私たちWONKが出来ることは非常に限られていますが、この小さな取り組みが、少しでも世界を明るく照らす一助となれば幸いです。」とコメントしている。

WONKの提供楽曲の使用に際しても公式サイトにてガイドラインが掲載されている。

 

オススメ情報

オンライン限定 新規メンバーズ登録でもれなく!!500円オフクーポンプレゼント