こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

Adrianne Lenker(エイドリアン・レンカー)|『Bright Future』USインディーの至宝ビッグ・シーフの才女によるソロアルバム

親密で非常に温かいサウンドを披露しており、完全に時代を超越した楽曲群でありながら、聴くたびに新鮮な驚きを与えてくれる傑作!
(2024/01/18)

ロック/ポップス カントリー/ブルース

Kim Gordon(キム・ゴードン)|『The Collective』ソロ2作目となる最新作を〈Matador〉よりリリース

時代を切り拓いたオルタナティヴ界の重要バンド、ソニック・ユースのベーシスト、ギタリスト、ヴォーカリストとして築き上げた多彩な才能を余すところなく発揮したアルバム!
(2024/01/18)

ロック/ポップス

Bad Brains(バッド・ブレインズ)|『Omega Sessions』1997年にリリースされた5曲入りEPがリイシュー

EPには「I Against I」の朗読を含む、最終的に後のリリースに登場した曲の初期バージョンを収録!
(2024/01/18)

ロック/ポップス

Fat Dog(ファット・ドッグ)|『All The Same』〈Domino〉が送り出す期待の新人による2ndシングルが数量限定7インチでリリース

サウス・ロンドン発、他の追随を許さないカオティックなライヴ・パフォーマンスで、熱烈なファンを急速に増やしている注目バンド!
(2024/01/18)

ロック/ポップス

Moving Away From The Pulsebeat - Post Punk Britain 1978-1981| 英国ポストパンクのはじまりを捉えた5枚組ボックス・セット

BUZZCOCKS、ECHO AND THE BUNNYMEN、THE FALL、KILLING JOKE、PUBLIC IMAGE LIMITED、SIOUXSIE AND THE BANSHEES、THE CURE、そしてTHROBBING GRISTLEなどから激レア音源まで幅広いセレクトの内容
(2024/01/18)

ロック/ポップス

Ronja|『For Annette』ドイツ・ベルリンのSSW/マルチ・インストゥルメンタリストによるデビュー12インチ

最小限のアコースティックギターの音色が美しくも儚い世界観!
(2024/01/05)

ロック/ポップス

The American Analog Set(アメリカン・アナログ・セット)|『New Drifters』初期3作品が5枚組LPのアンソロジー盤として復活

90年代後半に盛り上がったポスト・ロックムーヴメントで、ダスター、アセトンと共にスラッカー・ロックの枠からポスト・ロックへ殴り込みをかけた伝説のバンド!
(2023/12/28)

ロック/ポップス

Newdad(ニューダッド)|『Madra』アイルランド出身の4人組インディー・ロック・バンドによるデビュー・フル・アルバム

早耳インディー・ロック・リスナーから注目を集める90年代インディー・ロック・サウンドの影響が印象的な4人組!
(2023/12/28)

ロック/ポップス

The 90 Day Men(ザ・ナインティー・デイ・メン)|『We Blame Chicago』90年代シカゴ産マスロック/エモロック・バンドの決定版

3枚のスタジオ・アルバムに未発表2001年セッション音源、EP/シングル/アウトテイク音源を収録したLP5枚組
(2023/12/26)

ロック/ポップス

MGMT|『Loss of Life』NYブルックリン出身の個性派ロック・ユニット、6年振り通算5作目となるニュー・アルバム

ミックス・エンジニアにはデイヴ・フリッドマン(ザ・フレイミング・リップス、スプーン)を迎え制作!
(2024/01/11)

ロック/ポップス

Kula Shaker(クーラ・シェイカー)|『ナチュラル・マジック』オリジナル体制としては25年ぶりの新作リリース

クリスピアン・ミルズ率いるUKロック・レジェンドによる通算7枚目となるニュー・アルバム!
(2023/12/21)

ロック/ポップス

Glaxo Babies(グラクソ・ベイビーズ)|『Dreams Interrupted: The Bewilderbeat Years 1978-1980』ブリストル産ポスト・パンクの代表バンド、全盛期アンソロジー盤

ポスト・パンクの時代、ポップ・グループ、マキシマム・ジョイと共にブリストルを盛り上げた!歴史的資料の価値も凄まじいアンソロジー盤の誕生!
(2023/12/21)

ロック/ポップス

Karate(カラテ)|『Some Boots』ボストンのインディーロックトリオが2002年にリリースしていた作品がリイシュー

ストイックなリズム隊とギターのリフに乾いたボーカルが乗る最高のエモサウンド!
(2023/12/21)

ロック/ポップス

The Libertines(ザ・リバティーンズ)|『All Quiet On The Eastern Esplanade(東部遊歩道異常なし)』9年振り4作目となるニュー・アルバム

パンキッシュでアナーキーなサウンドの中に常に潜んでいた洗練されたソングライティングを堂々と表現した作品!
(2024/01/19)

ロック/ポップス

Sonic Youth(ソニック・ユース)|『Walls Have Ears』史上最高傑作&名ブートレグの呼び声もある1985年UK公演を収めたライヴ・アルバムが初公式リリース

情念駄々洩れなノー・ウェーヴとインディ / オルタナティヴ・ロックを繋いだ"EXPRESSWAY TO YR. SKULL"の旋律と衝動に乾杯!
(2023/12/15)

ロック/ポップス

Julie Henrikke(ジュリー・ヘンリッケ)|『Hver Gang Noe Minner Om Deg』ノルウェー出身のニューカマーSSWによるデビューアルバム

全てのシンガーソングライター、北欧、インディポップ好き絶対必聴の傑作!
(2023/12/15)

ロック/ポップス