こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

カラヤン&VPO、L.プライス~プッチーニ:歌劇“トスカ”(最新リマスタリング2CD+Blu-ray Audio)

1962年にアナログ録音されたカラヤン最初の“トスカ”全曲盤。79年の再録音は手兵のベルリン・フィルでしたが、歌劇場オケならではの歌いに歌うウィーン・フィルが絶賛されたこの演奏。スタジオ録音の可能性を追求したDeccaの効果満点&立体的な音場づくりも聴きものです
(2016/12/26)

クラシック オペラ

リング全曲チクルス第2弾!ズヴェーデン&香港フィル~ワーグナー:楽劇“ワルキューレ”

ラング、ゲルネ、シュトルックマン、スケルトン・・・。望みうる最高のワーグナー歌手を取り揃えてコンサート形式で上演された“ワルキューレ”全曲。ニューヨーク・フィルへの就任が決まり、意気軒昂なズヴェーデンの剛毅な指揮ぶりにも注目です!
(2016/10/23)

クラシック オペラ

ジョルディ・サヴァール最新録音~3人の大作曲家による“主は言われた”

バロック盛期のヴィヴァルディ、バロック末期のヘンデル、ウィーン古典派のモーツァルトを“DIXIT DOMINUS”をキーに結びつけた最新アルバムです。サヴァールと彼のグループならではの南欧的なパッションと豊饒な歌に満ちた演奏をお聴きください。SACDハイブリッド盤
(2016/10/10)

クラシック 古楽・バロック オペラ

カラヤン2度目のベートーヴェン:交響曲全集がブルーレイ・オーディオ1枚に!

1961~62年録音、演奏・録音・製盤の優秀さで世界的ベストセラーとなり、フランス・ディスク大賞を受賞した名盤が1枚に収録されています。ボーナストラックとして交響曲第9番リハーサル録音を収録したほか、貴重な写真や資料など情報量満載の56ページ・ブックレットが付きます。
(2016/04/08)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ラトル&ベルリン・フィル2015年10月ライヴ~ベートーヴェン交響曲全集

CD5枚に全曲音源が入り、BD1枚に全曲のハイレゾ音源(2.0PCM Stereo 24 bit/96kHzと5.1DTS-HD MA 24 bit/96kHz)を収録。BD2枚に全曲のコンサート映像が収録されます。日本語解説&字幕付。ボーナス映像、全曲の24bit/192kHz音源ダウンロード・コードなど特典多数のほか、初回特典ポストカード付。
(2016/03/29)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

アバド&ベルリン・フィル~ラスト・コンサート&貴重なドキュメンタリー映像集!

ベルリン・フィル・レコーディングスが、クラウディオ・アバドの三回忌を悼みリリースするアルバム。2013年5月にアバドがベルリン・フィルに最後に客演した際の演奏を収めたもので、メンデルスゾーン“真夏の夜の夢”(序曲および6曲)およびベルリオーズ“幻想交響曲”がCD、BDビデオ&オーディオ、ハイレゾ・ダウンロードのマルチ・フォーマットで収録されています
(2016/01/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

シベリウス・イヤーの真打ち登場!ラトル&ベルリン・フィルによる交響曲全集

2014~15年の最新録音。CD4枚に加え、ハイレゾ音源を収めたブルーレイ・オーディオ、HD映像を収めたブルーレイ・ディスク、ハイレゾ・ダウンロード・クーポンなどを収めた至れり尽くせりの一組。
(2015/11/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

LSO次期音楽監督ラトルによる最大の話題盤。万全のキャストで臨んだシューマン「楽園とペリ」

2017/18年シーズンよりロンドン響の音楽監督に就任するサー・サイモン・ラトルが、これに先駆けてLSOLiveに堂々の初登場。2015年1月に本拠バービカンで行なわれたばかりの公演をライヴ収録したもので、SACDハイブリッド盤2枚組に加えて、ピュア・オーディオ・ブルーレイ・ディスクも同梱されるという、たいへん力の入ったつくりとなっています
(2015/09/03)

クラシック オペラ

マゼール&ウィーン・フィルのシベリウス/交響曲全集がCD+Blu-ray Audioで復活

1963年にはザルツブルク音楽祭にデビューし、1965年にはベルリン・ドイツ・オペラの音楽監督に就任するなど、破竹の勢いでヨーロッパの音楽界を席巻していた若きマゼール。このシベリウスには、そんな彼の野心に満ち溢れた濃厚なロマンティシズムと、オーケストラを完璧に掌握しようとする意気込みが込められています。
(2015/08/28)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ベルリン・フィル自主制作レーベル最新作~アーノンクールとのシューベルト演奏集(8CD+1Blu-ray)

ベルリン・フィル自主制作レーベルから、新たな録音が登場! 巨匠アーノンクールとのシューベルト演奏集(交響曲全曲、ミサ曲、オペラを収録)。CD8枚にBlu-ray Audio、そしてハイレゾ音源のダウンロード・コードとデジタル・コンサートホール7日間無料視聴バウチャーが付いた豪華仕様です。日本語字幕付トレーラーをご覧いただけます。※追加情報:初回応募特典も決定しました。
(2015/06/11)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

世界初ブルーレイオーディオ化でムラヴィンスキー、カラヤン、チョン、バレンボイムの名盤が甦る!

ハピネット・ピーエムのブルーレイディスクオーディオに新たな5タイトルが加わります。最大の注目はムラヴィンスキーのチャイコフスキー第4&6(DG)。先に発売された第5とともに3大交響曲が揃いました。他にカラヤン&VPOの『惑星』、チョン・キョンファのデビュー盤、バレンボイムの『オルガン付』がリリースされます。
(2015/04/16)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

ガーディナーによるメンデルスゾーン『宗教改革』&序曲集(SACDハイブリッド+ブルーレイ・オーディオ)

サー・ジョン・エリオット・ガーディナーがロンドン響を指揮するメンデルスゾーン・シリーズの第2弾。『宗教改革』はウィーン・フィルとの96年盤以来、18年ぶり2度目の録音。SACDハイブリッド盤に加えて、同一の演奏内容を収めたピュア・オーディオ・ブルーレイ・ディスクが同梱されます。
(2015/02/27)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ショルティ/楽劇『ニーベルングの指環』全曲 ブルーレイ・オーディオ・スペシャル・エディション

「ショルティのリング」が1枚のブルーレイ・オーディオで登場! 豪華ブックレット(ドイツ語歌詞&英訳付き)が付いたスペシャル・エディションです。クラシック・レコード史上の不滅の金字塔を24ビット/48kHzの高音質音源でお楽しみいただけます。
(2014/11/05)

クラシック オペラ

世界初ブルーレイ・オーディオ化! ムラヴィンスキーのチャイコフスキー第5、ほか4タイトル

ハピネット・ピーエムよりユニバーサル音源を用いた世界初のブルーレイディスク・オーディオ化アイテムが4タイトル、リリースされます。 アシュケナージによるラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2&3番(デッカ)、イ・ムジチ合奏団のヴィヴァルディ:四季(デッカ)、小澤&サイトウ・キネンのベートーヴェン:第9(デッカ)、ムラヴィンスキーのチャイコフスキー:第5(DG)という豪華な内容です。
(2014/09/26)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

パヴァロッティDECCA録音50周年記念! オペラ全曲CD+ブルーレイ・オーディオ、3タイトル同時リリース

イタリアの偉大なテノール歌手、ルチアーノ・パヴァロッティ(1935~2007)の英デッカ録音50年を記念して、彼の代表的なオペラ全曲盤3点が96KHz/24bitリマスターCD+96KHz/24bitブルーレイ・オーディオのセットで再発売されます。パヴァロッティの天与の美声と圧倒的な表現力を英デッカ・アナログ全盛期の鮮烈な優秀録音でお楽しみください。
(2014/09/09)

クラシック オペラ

2014年グラモフォン賞オーケストラ部門受賞盤~シャイーのブラームス:交響曲全集がBD-Audio化!

昨年9月にインターナショナル発売され、各国のメディアから高い評価を受け、2014年8月に発表された英グラモフォン賞のオーケストラ部門賞を得た名盤、シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団のブラームスの交響曲全集が待望のブルーレイ・オーディオ化されます。
(2014/09/04)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ガーディナーによるメンデルスゾーン『スコットランド』。カップリングはピリス独奏のシューマンの協奏曲

サー・ジョン・エリオット・ガーディナーがメンデルスゾーン・シリーズの録音をスタート。1996~97年に録音された旧Philips盤では強いこだわりを見せていただけに、楽しみなシリーズとなりそうです。カップリングはピリスとのシューマン:ピアノ協奏曲と、こちらも豪華な内容です
(2014/08/28)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

ゲルギエフ『幻想交響曲』再録!~LSOベルリオーズ・シリーズ スタート~

ゲルギエフ&LSOによるベルリオーズ・シリーズがスタートします。第1弾は巨匠10年ぶりの『幻想交響曲』再録音!LSO初ブルーレイ・オーディオ・ディスクを同梱。「幻想」全曲演奏のライヴ映像も丸ごと収録のお得セットです
(2014/08/19)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

「ベルリン・フィル・レコーディングス」始動!第1弾・ラトル指揮~シューマン:交響曲全集

2014年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が、自主レーベル「ベルリン・フィル・レコーディングス」をスタートいたします。第1弾は2013年2月、11月にベルリン・フィルハーモニーでライヴ録音されたラトル指揮、シューマンの交響曲全集です。
(2014/06/03)

クラシック

61~62年録音、カラヤン&ベルリン・フィルのベートーヴェン交響曲全集をBlu-ray Audioで!

1961&62年、ベルリン、イエス・キリスト教会で収録されたステレオ録音が、24bit/96kHzリマスターで見事に蘇りました。ブルーレイ・オーディオには第9番のリハーサル風景も収録。CD5枚(交響曲全9曲)+ブルーレイ・オーディオ1枚(交響曲全9曲+第9番リハーサル)。完全限定盤です!
(2014/05/26)

クラシック