こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

雑誌『Wax Poetics Japan』期間限定セール!1冊550円~

ソウル、ファンク、ヒップホップ、ジャズ、レゲエ、ディスコ、ラテン、アフロなどを紹介するブラック・ミュージック専門誌『Wax Poetics Japan』が期間限定で1冊550円に!
(2022/08/05)

書籍 ソウル/クラブ/ラップ ソウル/R&B ラップ/ヒップホップ クラブ/テクノ ソウル / クラブ / ラップ

Theo Croker(セオ・クロッカー)|新世代JAZZ界に衝撃を与え変貌しながら進化する精鋭の最新アルバム『Love Quantum(ラヴ・クォンタム)』!ゲイリー・バーツやジル・スコットら参加

前作に続き名匠ゲイリー・バーツ、ワイクリフ・ジョン、カッサ・オーバーオールを筆頭にジル・スコット、クリス・デイヴ、エゴ・エラ・メイ、ジャミーラ・ウッズ、ティードラ・モーゼスといった多彩なゲストが参加
(2022/07/22)

ジャズ ソウル/クラブ/ラップ ロック/ポップス

Neil Young(ニール・ヤング)|オフィシャル・リリース・シリーズ・ボックスセット第4弾に収録されていた、当時日本とオーストラリアのみでリリースされていた1989年作品の5曲入りEP『ELDORADO』が単独作品で登場!

チャド・クロムウェルとリック・ローザスからなるザ・レストレスをバックに、狂暴なディストーションとアーシーなサウンドを響かせる5曲入りEP
(2022/07/22)

ロック/ポップス

寺島レコード2022 キャンペーン

寺島レコードのレーベルオーナー寺島靖国氏の「JAZZ JAPAN」の大好評連載が書籍化!『MY ROOM MY AUDIO 十人十色オーディオ部屋探訪』の発売を記念して旧譜キャンペーンを開催します
(2022/07/21)

ジャズ

Domi & JD Beck(ドミ & JD ベック)|アンダーソン・パークの新レーベル&ブルーノートと契約したKAWAII×超絶テクのZ世代の新星デュオによるデビュー・アルバム『Not Tight(ノット・タイト)』!サンダーキャットやハービー・ハンコックら参加

マック・デマルコ、スヌープ・ドッグ、バスタ・ライムス、カート・ローゼンウィンケルも参加!超絶テクや複雑なハーモニーを存分に披露したSNS動画で世界的なバズを巻き起こした2人によるデビュー・アルバム
(2022/07/21)

ジャズ ソウル/クラブ/ラップ ロック/ポップス

カーリングシトーンズ|企画アルバムCDとテレビ特番Blu-ray&DVD『Road to 老後 CM王への道』とアルバム『Tumbling Ice』アナログ盤が8月17日発売

『Road to 老後 CM王への道』は全9種のショップ別テーマソングがYouTube動画とライブから誕生しそれらを新たにレコーディングしバンドサウンドを以って完成させたカーリングシトーンズ初の企画アルバム!Blu-ray・DVDは、2020年にフジテレビNEXTで放送されたフジテレビ特番「オレたちカーリングシトーンズ」の完全版が初のパッケージ化!
(2022/07/20)

J-Pop

Panda Bear、Sonic Boom(パンダ・ベア、ソニック・ブーム)|常に新たな音楽を探求し続けるアニマル・コレクティヴの頭脳と、80年代サイケデリック・バンドの代表格スペースメン3の元メンバーによる極上のコラボレーション・アルバム『Reset』

本作はソニック・ブームが所有する50年代、60年代のアメリカン・ドゥーワップやロックンロールのコレクションからインスピレーションを受けた楽曲群で構成されている!
(2022/07/20)

ロック/ポップス

METAFIVE(高橋幸宏 × 小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)|ラストアルバム『METAATEM』9月14日発売

METAFIVEのバンドとして最後のスタジオレコーディング作品となるセカンドアルバム。この作品は昨年末に行われた配信ライブ「METALIVE 2021」の鑑賞チケットに付属という形で一部のファンに届けられていたが、今回は更に2016年12月3日に開催された「WINTER LIVE 2016」のZepp DiverCity Tokyo公演を収録したBlu-rayを加えた2枚組作品「METAATEM (Deluxe Edition)」という形で遂に一般発売される。
(2022/07/19)

J-Pop

P.A Rhapsodies(坂田かよ×清水一平)|7inchシングル『Oh! Alligator / Jockey Full of Bourbon』9月16日発売

坂田かよと清水一平による話題の男女ユニット、P.A Rhapsodies。待望の新作は、オリジナル・ナンバー「Oh! Alligator」と、トム・ウェイツ「Jockey Full of Bourbon」のカバーを収録した限定7inchシングル!
(2022/07/19)

J-Pop

SOTARO|3枚目の7インチ・シングル『DAISUKI』8月24日発売

今年3月にリリースしたミニ・アルバム『SMILE』に収録された岡村靖幸「だいすき」のカヴァーが待望のアナログ化!カップリングは問答無用の大名曲「君は薔薇より美しい」に挑戦!プロデュースは引き続き冗談伯爵(新井俊也/前園直樹)が担当。そしてSOTAROの両親でもあるSmooth Ace(重住ひろこ/岡村玄)がコーラスを担当し、伊藤敦志(AIRS)がジャケット・デザインを担当。
(2022/07/15)

J-Pop

The 1975|サマーソニック2022にてヘッドライナーとしての出演も決定!2年振りとなる待望の通算5作目のアルバム『Being Funny In a Foreign Language』

先行曲“Part Of The Band”のモノクロで語られたミュージック・ビデオは、彼らの世界観が溢れんばかりに反映されている!
(2022/07/15)

ロック/ポップス

Joshua Redman(ジョシュア・レッドマン), Brad Mehldau(ブラッド・メルドー), Christian McBride(クリスチャン・マクブライド), Brian Blade(ブライアン・ブレイド)|現代ジャズ・シーンを牽引する4人の気鋭による最高峰カルテットの新作『Longgone』

約26年ぶりにオリジナル・メンバーが再び集結し大きな話題となった2020年リリースの作品『RoundAgain』から約2年、早くもこの4人のラインナップで新作をリリース
(2022/07/15)

ジャズ

Lee "Scratch" Perry(リー・スクラッチ・ペリー)| レゲエ界のスーパー・レジェンドにしてダブの巨匠のアンソロジー作品の決定版『King Scratch (Musial Masterpieces from the Upsetter Ark-ive)』が4LP+4CDの豪華ボックス/2CD/2LPにてリリース

2021年8月に惜しくもこの世を去ってしまった、革新的なスタイルと思想で絶大な支持を得る音楽的革命家/芸術家の一周忌となる2022年8月、そのキャリアを見事にまとめあげた『KING SCRATCH』が登場
(2022/07/15)

K-POP/ワールド ソウル/クラブ/ラップ ロック/ポップス

Michelle Branch(ミシェル・ブランチ)|2000年代を代表する女性シンガー・ソングライター約5年振りとなる最新作にしてNonesuch移籍第一弾作品『THE TROUBLE WITH FEVER』

私生活のパートナーでもあるザ・ブラック・キーズのパトリック・カーニーと共に作り上げた高品質のロック/ポップス・アルバム
(2022/07/15)

ロック/ポップス

a-ha(アーハ)|1982年に結成されたノルウェー出身のシンセ・ポップ・バンド、ソニー・ミュージック移籍第一弾となる7年振りのニュー・アルバム『トゥルー・ノース』

アルバムのオープニングを飾る感動的な新曲「アイム・イン」は、マグネ、モートン、ポールの3人組であるa-haの新しい姿を提示している。
(2022/07/15)

ロック/ポップス

風|アルバム『海風』&『Moony Night』180g重量アナログ盤が8月6日発売|「CITY POP on VINYL 2022」

風が1977年~78年に海外(LA)で録音した2タイトルのアルバムを最新リマスター音源からカッティング、180g重量盤高音質アナログLPとして復刻!
(2022/07/14)

J-Pop

ジブリ作品の劇中歌の名曲群をローファイ・ヒップホップにカバー!アルバム『ローファイ・ジブリ』CDが9月7日、アナログ盤が12月21日発売

手掛けるのは『Timeless』や『The Cave』といった良質なローファイ・ヒップホップ・コンピレーションをリリースしているプロデュース・チーム、Grey October Sound。"君をのせて"、"海の見える街"、"やさしさに包まれたなら"等々のジブリ作品を代表する名曲群をカバー!
(2022/07/14)

J-Pop アニメ/ゲーム ソウル/クラブ/ラップ

Sorry(ソーリー)|次世代UKインディ/オルタナ・シーンの代表格が待望のセカンド・アルバム『Anywhere but Here』をリリース!

淡々としながらもスウィートなボーカルは、90年代初期のバンド、スリントやトータスを思わせる不協和音なギターサウンドや、カニエやキャピタル・スティーズの不規則なビートとコントラストを成している
(2022/07/13)

ロック/ポップス