こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

シュテファン・テミングによる18世紀ドイツ・リコーダー音楽の精華!『ライプツィヒ1723~バッハと好敵手たち、トーマス・カントルを巡って』

ライプツィヒのトーマス・カントル(ライプツィヒの聖トーマス教会の音楽監督)は18世紀ドイツの音楽家にとって名誉ある重要な仕事のひとつでした。リコーダー奏者のシュテファン・テミングは、音楽史上においてスリリングなこのトーマス・カントル争いの瞬間をテーマに、J.S.バッハ、グラウプナー、ファッシュ、テレマンの4人の作品を取り上げました
(2021/08/11)

クラシック 古楽・バロック

ドイツ・グラモフォン、デッカ『クラシックDVD名盤セレクション2021』(30タイトル)~2020年にご好評いただいた「史上最安値のDVDキャンペーン」の続編が登場!

2020年にご好評いただいた「史上最安値のDVDキャンペーン」の続編が登場!今回もオペラやバレエに、バッハの3大宗教曲の貴重な映像や再発売の要望が多かったブーレーズ指揮の“ニーベルングの指環”、3大テノールのライヴを加えた厳選30タイトルがお得な価格で再プレス!日本語の字幕付きで1枚組1,980円、2枚組2,970円(税込)!
(2021/08/11)

クラシック オペラ 古楽・バロック バレエ 国内クラシック

ダニール・トリフォノフの新録音は“フーガの技法”を含むバッハ・アルバム!『バッハ:アート・オヴ・ライフ』[2枚組UHQCD X MQA-CD]

世界が注目するピアニスト、ダニール・トリフォノフの新録音はバッハ!J.S.バッハの最晩年の作品“フーガの技法”をはじめ、バッハの息子たちが書いた作品や、二人目の妻、アンナ・マグダレーナ・バッハに贈った音楽帳など、バッハの家庭に覗き込めるような選曲となっております。トリフォノフによる第14コントラプンクトゥス完成版も収録!国内盤はMQACD、UHQCDの高品位CD仕様での発売
(2021/08/26)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

ヴラディーミル・アシュケナージ、4年振りとなる新録音!J.S.バッハ:イギリス組曲第1番~第3番、他[2枚組UHQCD X MQA-CD]

2020年にコンサート活動から引退を表明したデッカの伝説的ピアニスト、アシュケナージの4年振りとなる新録音はJ.S.バッハの“イギリス組曲第1番~第3番”!CD2には1965年録音の“ピアノ協奏曲第1番”のリマスター版をボーナスCDとしてカップリング。国内盤はMQACD、UHQCDの高品位CD仕様での発売!
(2021/08/26)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

ジャン・ロンドー、アンナ・ベッソン参加の古楽器四重奏団「ネヴァーマインド」の新録音はC.P.E.バッハ作品集!

ジャン・ロンドー、アンナ・ベッソン、ルイ・クレアック、ロバン・ファロによる気鋭の古楽器四重奏団「ネヴァーマインド」。今回の録音は、C.P.E.バッハの個性的な最晩年の謎めいた“四重奏曲”を中心に、ネヴァーマインド編曲作品2曲が添えられた好選曲です!
(2021/08/06)

クラシック 古楽・バロック

フィリップ・ヘレヴェッヘ&コレギウム・ヴォカーレ・ヘントによるジェズアルド晩年の傑作三部作録音完結!“マドリガーレ集第5巻”

『レスポンソリウム集』、『マドリガーレ集 第6巻』に続き、ヘレヴェッヘ&コレギウム・ヴォカーレ・ヘントの厳選メンバーによる、ジェズアルド晩年の異形の傑作三部作の録音が遂に完結!「残された人生は本当に必要と思える曲としか向き合わない」と言明した古楽合唱の名匠が放つ、決定的と言ってもよい新名盤の誕生です
(2021/08/06)

クラシック 古楽・バロック

日本語字幕付き新装版!ウィリアム・クリスティ&レザール・フロリサンによるリュリ:歌劇“アティス”~2011年パリ・オペラ=コミック座上演

1987年にクリスティが蘇演し、歴史的大成功を収めたリュリの歌劇“アティス”。この映像は2011年のパリ・オペラ=コミック座での上演の記録です。2011年にFRA Musicaから発売されたディスクに、日本語字幕を加えた新装版としてリリース。初演当時の様式や衣装、装置を再現した豪華で正統的な演出に目を奪われます
(2021/08/06)

クラシック 古楽・バロック オペラ

トン・コープマンの偉業『ブクステフーデ:作品全集』からの分売!ブクステフーデ:室内楽全集(3枚組)

J.S.バッハ以前のドイツ・バロック音楽の最重要作曲家、ブクステフーデの作品すべてを網羅したボックス・セット(CC-72827)からの分売。演奏を手掛けているのはバロック演奏の重鎮トン・コープマンと、主兵アムステルダム・バロック・オーケストラのメンバーたちです。細やかな筆致で充実した展開を見せるブクステフーデの室内楽、名手たちの雄弁極まりない演奏でじっくりとお楽しみください。(キングインターナショナル)
(2021/08/05)

クラシック 古楽・バロック

ラ・フェスタ・ムジカーレの新録音はウィーン古典派誕生に貢献したG.J.ヴェルナー:サルヴェ・レジナとパストレッラ

前作のヴェントゥリーニ作品集も好評のラ・フェスタ・ムジカーレ。新録音は、ウィーン古典派の誕生に貢献したオーストリアの作曲家グレゴール・ヨーゼフ・ヴェルナー(1693-1766)のサルヴェ・レジナとパストレッラを録音。ラ・フェスタ・ムジカーレの指揮者でオルガニストのラヨシュ・ロヴァトカイは長きに渡りヴェルナーの作品を研究しており、当録音はまさに満を持して行われました
(2021/08/04)

クラシック 古楽・バロック

男声ヴォーカル・アンサンブル「チンクエチェント」によるフランドル楽派の作曲家ヤーコプ・ルニャール:ミサ曲“キリストが復活した”

ルネサンス系男声ヴォーカル・アンサンブル「チンクエチェント」。今回はハプスブルク家の宮廷で活躍したフランドル楽派の作曲家、ヤーコプ・ルニャールの2つのミサ曲を取り上げました。ルニャールの2つのミサ曲とモテットを、チンクエチェントのしなやかで、メロウで、表現力豊かな歌声が彩ります
(2021/08/04)

クラシック 古楽・バロック

カウンターテナーの新星!ヤクブ・オルリンスキ~18世紀のアリア&モテット集『アニマ・テルナ(永遠の生命)』

18世紀の神聖なアリアとモテットによるアルバム『アニマ・テルナ(永遠の生命)』は、2018年リリースのヤクブ・オルリンスキのデビュー盤『アニマ・サクラ』の続編となるものです。ここで選ばれた作品は、ゼレンカ、ヘンデル、フックスのバロック時代の重要な作曲家の作品だけでなく、ジェンナーロ・マンナ、アントニオ・デ・アルメイダ、バルトロメオ・ヌッチなど、現在ではほとんど知られていない作曲家の作品も収録され、世界初録音曲も含まれています。LPも発売
(2021/07/30)

クラシック 古楽・バロック オペラ

パパヴラミ、2度目のJ.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全曲録音!

パパヴラミによる同曲全曲ははaeonレーベルで2004年に制作された旧録音(AECD0535)もありますが、今回の新録音では徹底的にヴィブラートを抑え、音の造形を改めて考え抜いたピリオド・アプローチ寄りの解釈。しかも理念的な堅苦しさに傾くことがまったくない、驚くほど丹精で自然な演奏です。文芸批評や音楽評論でも活躍するジャーナリストのジャック・ドリヨンが解説を寄せている点も、文人音楽家の録音らしい一面といえるかもしれません
(2021/07/29)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

ヴィオラ版バッハ無伴奏に画期的な名盤誕生!安達真理によるト調でまとめられた無伴奏組曲&パルティータ!

インスブルック響で副首席ヴィオラ奏者を務めたのち、今年度より日本フィルハーモニー交響楽団の客演首席奏者に就任した実力派の安達真理。2枚目のアルバムは、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番、無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番、そして無伴奏チェロ組曲第6番を収録。ヴィオラ版ではト長調→ト短調→ト長調となるぜ絶妙な組み合わせ!特典として192KHz / 24bitハイレゾ音源2曲が楽しめるダウンロード用QRコード付き!
(2021/08/16)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック 国内クラシック

ロバート・キング&キングズ・コンソートによる新たなパーセル録音第2弾!『パーセル:メアリー女王の誕生日のためのオード集』

英国古楽界の巨匠ロバート・キングとキングズ・コンソートが2013年に立ち上げた自主レーベル「Vivat」。新たにスタートしたパーセル録音の第2弾!サンプソン、デイヴィス、ダニエルズ、ブルックらキングズ・コンソートとともに20年間パーセルを録音・演奏してきた超一流古楽系歌手達が歌う、メアリー女王のための生誕を祝う頌歌を3曲収録!
(2021/07/28)

クラシック 古楽・バロック

マリオ・ブルネロ / J.S.バッハ:4弦チェロ・ピッコロによるヴァイオリン・ソナタ集 (2枚組)

ヴァイオリンの1オクターヴ下の調弦となる4弦のチェロ・ピッコロを手に、ブルネロはバッハがヴァイオリンのために作曲した無伴奏ソナタ&パルティータ6編を全曲録音、新鮮な音響体験として大きな話題を呼びました。今回の挑戦は「ヴァイオリンとオブリガート・チェンバロのためのソナタ」。今回の録音はガッリジョーニがバロック・チェロとガンバを使い分けて参加。同じくイタリア古楽界の実力派ロレッジャンがチェンバロとオルガンを使い分け参加しています
(2021/07/22)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

パゾッティ&ラ・フォンテ・ムジカによる中世とルネサンスを繋ぐ知られざる作曲家ザカラ・ダ・テラモの作品全集が登場!(4枚組)

初期ルネサンスのデュファイやバンショワらブルゴーニュ楽派よりもさらに早く、マショーやランディーニら中世末期の多声音楽作曲家たちより少し後の世代に属するザカラ・ダ・テラモ(1360頃-1416)。声楽&古楽器アンサンブル「ラ・フォンテ・ムジカ」が徹底解剖。充実したブックレットとあわせ、古楽ファンの関心を存分に満たしてくれるALPHAレーベルならではの4枚組です
(2021/07/21)

クラシック 古楽・バロック

CPO レーベル~2021年8月発売新譜情報(5タイトル)

今回はパレデフスキとストヨフスキ、ポーランド2人の作曲家によるヴァイオリン・ソナタ集に、ウォルフィッシュ弾き振りによるベルンハルト・ロンベルクのチェロ協奏曲集、ドイツ初期ロマン派の作曲家ドレーゼケの弦楽四重奏曲第2集などCD5タイトルがリリースされます
(2021/07/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック ブラス

VOX BOX 18タイトル復活!マルティノンのプロコフィエフ、クリーンのシューベルト、ポンティのスクリャービンなど

VOXは1945年、大作曲家メンデルスゾーンの曾孫ジョージ・メンデルスゾーン=バルトルディ(1913~1988)が設立したアメリカのレーベルです。LP時代より、低価格レーベルの先駆け的存在として知られています。アーティストは実力派揃いで、マルティノン、ジンマン、クリーン、ブレンデル、ポンティ、東京SQなど錚々たる顔ぶれが揃っています。その膨大なカタログは数多くCD化されましたが、近年は廃盤も増えていました。今回18タイトルが復活しました!
(2021/07/19)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

プレフニャク&ヴェルサイユ王室歌劇場管による、ナポレオンが愛したツィンガレッリ作曲の歌劇《ジュリエッタとロメオ》(抜粋)(CD+DVD)

ナポレオン歿後200周年にあたる2021年を記念して登場するのは、イタリア人作曲家ツィンガレッリの歌劇“ジュリエッタとロメオ”。1796年にミラノ・スカラ座で初演された後パリでもたびたび上演され、ナポレオンも大いに愛した傑作です。今回、現代最高のカウンターテナーの一人フランコ・ファジョーリが出演!重要な場面を中心とする抜粋ながら物語の起伏は充分すぎるほど伝わる好企画。ヴェルサイユ王室歌劇場で行われた、演奏会形式による同内容の無観客公演の模様を収めたDVD付
(2021/07/16)

クラシック 古楽・バロック オペラ

ジョルディ・サヴァール、生誕80周年記念!レゾナンツェン古楽音楽祭の演奏を集成!『ア・ラ・ヴィーダ~ジョルディ・サヴァール・ライヴ・イン・コンサート』(2枚組)

スペインが誇る古楽界の巨匠ジョルディ・サヴァールの生誕80周年を記念したアルバムが登場!ウィーン・コンツェルトハウスで行われているレゾナンツェン古楽音楽祭では、サヴァールは数十年にわたって常連アーティストとして参加。このアルバムでは、ヴィオラ・ダ・ガンバのソリストとして、指揮者として、アンサンブルの主役としてのジョルディ・サヴァールという音楽家の無限の可能性を引き出し、自らが創設したアンサンブルと共にその偉大な芸術を2枚のディスクに収めています
(2021/07/16)

クラシック 古楽・バロック