こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

『ポール・パレー~デトロイト交響楽団との名演集』(10枚組)~フランスの巨匠絶頂期の名盤集 1曲を除きステレオ!

ポール・パレー(1886~1979)はフルトヴェングラー(1886~1954)と同い年のフランスの巨匠指揮者。戦前、フランスで要職を歴任した後、1952年に66歳でデトロイト交響楽団の首席指揮者に任命され、1963年まで率いて同団の黄金時代を築きました。これは、デトロイト交響楽団との名盤を10枚収めた廉価BOXです
(2024/07/17)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 バレエ

『ロザリン・テューレック・プレイズ・バッハ』(10枚組)~魂の奥底に迫るゴルトベルク変奏曲の96分演奏!

このCD-BOXには彼女が1950年代にモノラル録音したバッハ作品がCD10枚に収録されています。イギリスで「今日、世界で最も洞察力のあるバッハ解釈者の一人」との賛辞を浴びた彼女の、ペダルを絶妙にコントロールし、バッハのポリフォニーを多彩に明瞭に描き出した演奏、そして知的であるだけでなく感情的でもある演奏をたっぷりお楽しみください
(2024/07/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

『クララ・ハスキル名演集』(10枚組)~ルーマニアの名ピアニストの代表的名演を廉価BOX化!

ルーマニアが生んだ天才ピアニストで、今日では国際ピアノ・コンクールにその名を遺すクララ・ハスキル(1895~1960)の代表的名盤を収めた廉価BOXです。彼女が得意としたモーツァルトを始めとして、バッハ、スカルラッティ、ベートーヴェン、シューベスト、シューマンの名演がバランス良く収められ、名コンビを謳われたグリュミオーとの二重奏も3枚入るなど、ハスキル入門に好適な一組です
(2024/07/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

〈タワレコ限定・高音質〉『宇野功芳 これが僕のベスト5だ!』(SACDハイブリッド5枚組)

ファン必聴!宇野功芳氏自身が生前選んだ、厳選演奏のアルバム・ベスト5を集成。最初にして最後の名演奏を世界初SACD化!没後8年企画。深い所縁のある4名の関係者による新原稿、宇野功芳氏自身の初出時の解説他、資料豊富の充実の解説書合計48ページの永久保存盤!今回の復刻のために新規で江崎友淑氏がマスタリング。シリアル・ナンバー付555セット限定盤
(2024/07/12)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

ポール・ロブスン『自由の声: コロムビア、RCA、HMV&ビクター録音全集』(14枚組)~1925-58年録音、未発表トラックも収録

ポール・ロブスンのRCA Victor、HMV、Columbia Masterworks、および OKeh レコーディングの全てが14枚のCDに収められ、オリジナルのラッカー盤とアナログ・テープから24bit/96 kHzにて復元およびリマスターされ、未発表トラックも収録されています。1925年のVictor録音から、1958年にColumbiaへ録音したライブまで、彼の録音遺産が初集成されました
(2024/07/12)

クラシック オペラ

『生誕100年記念~タチアーナ・ニコラーエワの芸術 』(40枚組)~バッハ:パルティータ集を新収録!

旧ソ連の名ピアニスト、タチアナ・ニコラーエワ(1924~1993)の1950年代から最晩年の1991年までの録音を幅広く集めたアンソロジーが英スクリベンダムより発売されます。音源は旧ソ連メロディア、旧東ドイツ・エテルナ、チェコ・スプラフォン、英オリンピアへ録音したものから幅広く収められ、一部ライヴ音源も含まれています。パルティータ第4~7番は世界初CD化となります
(2024/07/12)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集(10枚組)~CD時代の名全集が復活!

国際的に高い評価を受け、ベストセラーとなっていたゲヴァントハウス弦楽四重奏団によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集(1996~2003年に録音)。以前、解説を収めたCD-ROM付きで発売されていましたが、今回はCD(10枚)のみとなっています。廉価盤ですがデジタル録音で音質も良く、ビギナーからマニアまで、安心しておすすめできるBOXです
(2020/06/03)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

デ・フリエンド&ハーグ・レジデンティ管/シューベルト:交響曲全集(4枚組)

2023年12月の読売日本交響楽団との〈第九〉演奏会が大いに話題となり、2024年4月から京都市交響楽団の首席客演指揮者に就任した、今最も注目される指揮者の一人ヤン・ヴィレム・デ・フリエンド。そのデ・フリエンドがハーグ・レジデンティ管弦楽団を振ったシューベルトの交響曲全集が遂にセットでリリース!
(2024/07/11)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

『ランデヴー・ウィズ・マルタ・アルゲリッチ 第3集 - 2021ハンブルク・ライヴ』(7枚組)

2021年のライヴBOXが2018年、2019年に続いて登場。今回も豪華な出演者となっていますが、中でも初めての共演となるムターとアルゲリッチにマイスキーを加えた3人による深みを湛えたメンデルスゾーン、こちらも初共演であったピリス(ピレシュ)とアルゲリッチのデュエットによる音楽を慈しむようなモーツァルトなどが、大きな聴きどころと言えるでしょう
(2024/07/09)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

『アルフレード・カンポーリ - ベル・カント・ヴァイオリン』(21枚組)~イタリア出身の名手カンポーリの録音集成!

イタリアのヴァイオリニスト、アルフレード・カンポリのデッカ/オワゾリール録音が初めてすべてまとめて発売されます。CD21枚組ボックス・セット。限定盤。1931年から1978年にかけて録音されたもので、シェラック盤からステレオまでカンポリの47年にわたるキャリアが網羅されています
(2024/07/09)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ショルティ&ウィーン・フィル『ワーグナー: ジークフリート牧歌、子供たちの問答、「ニーベルングの指環」入門』(2枚組)

長い間絶版となっていた、イギリスの音楽学者デリック・クックによる「『ニーベルングの指環』入門」が復活。クックが解説を書き、自身でナレーションも担当したものです。オリジナルLPのカップリング曲、『ジークフリート牧歌』(室内楽版)の美演と、ワーグナーが妻コジマのために作曲した魅力的な作品『子供たちの問答』と共に、オリジナルのLP3枚分の内容がCD2枚に収められています
(2024/07/09)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

『「フィレンツェ五月音楽祭」オペラ映像BOX Vol.1「バロック・オペラ」』(BD6枚組、DVD9枚組)~選りすぐりの6演目を収録!

イタリアのフィレンツェで開かれるオペラ音楽祭「フィレンツェ五月音楽祭」。その最新の舞台収録からバロック・オペラ6作品を厳選したBOXの登場です。2022年収録のリュリ:歌劇《アシスとガラテア》は、同音楽祭管弦楽団が全面的に古楽器に持ち替えて臨んだ最初の上演という記念碑的な舞台。一部日本語字幕付き
(2024/07/09)

クラシック オペラ

ロベルト・アラーニャ『ワーナークラシックス・オペラ全曲版録音集』(33枚組)

アラーニャのキャリアとレパートリー、彼の芸術性の独特の即時性と詩性を反映したこの33CDボックスには、エラート、旧EMIクラシックス、旧ヴァージン・クラシックス、ワーナークラシックスからリリースされた彼のオペラ全曲版録音すべてが含まれています
(2024/07/05)

クラシック オペラ

ギュンター・ヴァント『宗教作品集~モーツァルト、ブラウンフェルス、メシアン、ベートーヴェン、シューベルト』(4枚組)

Profilレーベルから数多くの名演がリリースされている20世紀の大指揮者ギュンター・ヴァント(1912-2002)。当セットは宗教作品を集めた4枚組で、モーツァルト、ブラウンフェルス、メシアン、ベートーヴェン、シューベルトを収録
(2024/07/04)

クラシック オペラ

『ペーター・レーゼル・エテルナ・レコーディングス~ベートーヴェン・コレクション』(5枚組)~ドレスデン出身の名ピアニストの名盤BOX化!

無差別爆撃下のドレスデンで九死に一生を得たピアニスト、ペーター・レーゼルのベートーヴェンは、高度な技術と様式感のもたらす完璧な構築美が素晴らしい逸品揃い。フロール指揮ベルリン響のサポートも俊敏で上質な力感を示しています。※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット内に他のジャケット・デザインも掲載)
(2024/07/02)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

『ペーター・レーゼル・エテルナ・レコーディングス~ブラームス・コレクション』(5枚組)~ドレスデン出身の名ピアニストの名盤BOX化!

無差別爆撃下のドレスデンで九死に一生を得たピアニスト、ペーター・レーゼルのブラームスは、音数の多いブラームス作品を隅々までコントロールした完璧な演奏が魅力。「パガニーニ変奏曲」の結晶化された名演など病みつきになります。※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット内に他のジャケット・デザインも掲載)
(2024/07/02)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

『フランク・ペーター・ツィンマーマン、ヘンスラー録音集成』(4枚組)~バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの協奏曲を収録!

フランク・ペーター・ツィンマーマンのヘンスラー録音集成4 枚組がリリースされます!当セットではベートーヴェン(2002 年/ライヴ)、モーツァルト(2014& 2015 年/セッション)、J.S. バッハ(2017年/セッション)の協奏曲を集めた名録音をお届けします
(2024/07/02)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

〈タワレコ限定〉クーベリック&バイエルン放送響『マーラー:交響曲第1~3番、第5~9番、《大地の歌》』(11枚組)~AUDITEのマーラー・ライヴをすべて収録!

独アウディーテ・レーベルから発売されたクーベリックのマーラー・ライヴを網羅したボックス・セット。DGへのセッション録音全集(1967-71年)と同時期の演奏を含む1967-82年のステレオ・ライヴ録音で、バイエルン放送所有の正規音源他をアウディーテが丁寧にマスタリングして世に出した真の名盤を初めてBOX化!
(2024/06/28)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

『ジョルジュ・プレートル&シュトゥットガルト放送交響楽団名演集』(8枚組)~生誕100年記念、CD3枚分が初出!

ジョルジュ・プレートル(1924-2017)の生誕100年にあたる2024年8月14日を前に、SWR(南西ドイツ放送)のアーカイヴから貴重なライヴ録音集が登場。レーベルからの情報によれば、CD1、CD4、CD7は初CD化とのこと
(2024/06/28)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

カトリーヌ・コラール『エラート、旧EMIクラシックス、ヴァージン・クラシックス録音全集』(7枚組)~早世が惜しまれたフランスの名ピアニスト!

イヴォンヌ・ルフェビュールの看板弟子だったフランスの名ピアニスト、カトリーヌ・コラール(1947~93)。癌のため46歳で亡くなり惜しまれました。ここに集められたエラートと旧EMIのために作られた録音は、彼女の並外れた才能を証明しています
(2024/06/28)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽