こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

500セット限定再プレス!Definition Series バルビローリのシベリウス:交響曲全集、管弦楽曲集(SACDハイブリッド)

ジョン・バルビローリが手兵のハレ管弦楽団と組んで録音した シベリウス: 交響曲全集(1-7番)、管弦楽曲集をSACDハイブリッド盤でBOX化!2018年マスタリング音源使用。500セット限定再プレス、シリアル・ナンバーなし仕様盤は2021年10月13日(水)前後に入荷予定です(新宿店のみ、リニューアル先行販売→販売開始日:10/8(金))
(2021/10/01)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

タワーレコード×Sony Classical究極のSACDハイブリッド・コレクション第9弾!ケンペ、ミトロプーロス

2020年に生誕110年を迎えたドイツの巨匠ルドルフ・ケンペ(1910-1976)。今回は旧CBSとRCAから発売された音源を取り上げます。一方、今年2021年に生誕125年を迎えているのがディミトリ・ミトロプーロス(1896-1960)。ソニークラシカルと日本のソニーミュージックとの共同企画として、2023年4月に予定されている世界初のミトロプーロス全録音ボックス(69枚セット)に先駆けて、日本国内だけでのSA-CDハイブリッド・リリースが実現します
(2021/10/01)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

オルガ・シェプスによる子供のためのピアノ曲集!『ファミリー』

ロシアのピアニスト、オルガ・シェプス。母となったオルガが編んだ子供のためのピアノ曲集がリリースされます。「ファインディング・ニモ」や「トイ・ストーリー2」といった映画音楽や、ドビュッシーやモーツァルトなど、両親と子供たちの両方にとって落ち着いてリラックスできるレパートリーを集めました。LPも発売
(2021/10/01)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 クラシック オムニバス

アタッカ四重奏団の新録音はルネッサンスとミニマリストをつなげる独自のコンセプト・アルバム『オヴ・オール・ジョイズ』

『キャロライン・ショウ:オレンジ』で2020年グラミー賞(最優秀室内楽・小編成アンサンブル・パフォーマンス賞)受賞したアタッカ四重奏団。今回は「シンプルであることの強さ」をテーマに、明瞭な流れとシンプルな和声・リズム・構造を持ち、精神の美しさが体現された作品をセレクト。アルヴォ・ペルトやフィリップ・グラスなどのミニマル作品と、ジョン・ダウランド、ギボンズ、アレグリなどのルネッサンス作曲家の作品が収録されています
(2021/10/01)

クラシック 現代音楽 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

前代未聞!最大6挺のチェロアンサンブルをひとりで録音!伊藤悠貴~『アダージョ~孤独のアンサンブル~』

ブラームス国際コンクール、ウィンザー祝祭国際弦楽コンクールで日本人初優勝するなど注目のチェリスト、伊藤悠貴。なんと今回最大6挺のチェロアンサンブルをひとりで録音。自身がライフワークとして取り組むラフマニノフから映画音楽(モリコーネ)、タンゴ(ピアソラ)まで、伊藤悠貴自らがプロデュース!
(2021/10/01)

クラシック 国内クラシック

クラーヴァ&ラトヴィア放送合唱団が歌うグレチャニノフの美しい“徹夜祷”

ラフマニノフやチャイコフスキーの作品が知られる正教会の奉神礼音楽“徹夜祷”。このグレチャニノフの作品は典礼用に書かれた前2作とは異なり、演奏会用として書かれたもの。伝統的なスラヴの聖歌が随所に取り込まれ、全体は明るく神々しい雰囲気を帯びています。シグヴァルズ・クラーヴァ指揮するラトヴィア放送合唱団が紡ぎ出す敬虔な響きをご堪能ください
(2021/10/01)

クラシック オペラ

リントゥ&フィンランド放送響~ラルヒャー:交響曲第2番“慰霊碑”、連作歌曲“失われた夜”

リントゥ&フィンランド放送響がオーストリアの作曲家トーマス・ラルヒャー(1963-)の2作品を録音!“交響曲第2番《慰霊碑》”はオーストリア国立銀行の設立200年記念の委嘱作で、今回が初録音となります。さらにバリトンのアンドレ・シュエンを迎えて連作歌曲“失われた夜”を収録
(2021/10/01)

クラシック 現代音楽 オペラ

シャロン・カムの新録音!ヒンデミット:クラリネット作品集

シャロン・カムのORFEOレーベルにおける3枚目のアルバムは、ヒンデミットのクラリネット作品集。ここでは“クラリネット協奏曲”、“クラリネット四重奏曲”、“クラリネット・ソナタ”の3曲を演奏。“クラリネット四重奏曲”では、ヴァイトハース、シュテッケルと共演!
(2021/10/01)

クラシック ブラス 協奏曲・室内楽・器楽

ジョスカン・デ・プレ没後500周年記念!マリア・クリスティーナ・キールが歌うビウエラ歌曲!『ザ・ジョスカン・ソングブック~ 2声とビウエラのための音楽』

伝説的ソプラノ歌手、マリア・クリスティーナ・キールとテノールのホナタン・アルバラドが歌うビウエラ歌曲!ジョスカン・デ・プレのもっとも重要な作品のいくつかを、声楽とビウエラのためのトランスクリプションし、没後500周年を祝います
(2021/10/01)

クラシック 古楽・バロック

今週の入荷、発売新譜タイトルをご紹介〈9月第5週分〉

2021年9月第5週に、入荷、発売されましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2021/10/01)

クラシック

これから発売予定の新譜タイトルをご紹介〈9月第5週分〉

2021年9月第5週分に、新規にサイトにアップいたしましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2021/10/01)

クラシック

インバル85周年記念BOX『ベルリオーズ作品集成』(11枚組)『ラヴェル管弦楽曲集』(4枚組)

エリアフ・インバルの生誕85周年を記念して、マーラー交響曲全集の世界的大ヒットに続いて録音されたラヴェルの管弦楽作品集とベルリオーズの作品集成の2タイトルを高品位UHQCDでBOX化するもの。ベルリオーズは'88~'89年、フランクフルト、アルテ・オパー、ラヴェルは'87~'88年、ラジオ・フランス スタジオ104での録音です
(2021/09/30)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ バレエ

貴重な自作自演も収録!サン=サーンス: 作品集~仏ディアパゾン誌のジャーナリストの選曲<初回生産限定盤>(11枚組)

没後100周年を迎えたカミーユ・サン=サーンス(1835-1921)の名曲、または他の作曲家によるトランスクリプションなど数多くの作品の歴史的名演(約14時間10分)を収録。フランソワ・ローランが選出した演奏家の顔ぶれはミュンシュ、フレスティエ、ダルレ、タリアフェロ、フランチェスカッティ、フルニエなど極めて「フランス色」が濃いもの。サン=サーンス自身のピアノ演奏のほか、彼の弟子のイシドール・フィリップ(1863-1958)の希少録音も含まれた充実の内容!
(2021/09/30)

クラシック オペラ 交響曲・管弦楽曲

ターラが発掘、復刻した巨匠の貴重な録音集「フルトヴェングラー不滅の遺産~ターラ編~」(6枚組)

メジャー初出・正規の「ブラ4」(48.10.22)、音質も含めて最高の名演「ブラ1」(1952.2.10)、唯一の録音「高雅にして感傷的なワルツ」(全曲リハ)、2 テイク収録のHMV録音「英雄」、HMV「ベト4」最初の録音、女声混入なしのHMV録音「ベト7」などファン必携の貴重な13曲、最新リマスターで6CDに集成
(2021/09/30)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

スラットキン&BBCコンサート/ルロイ・アンダーソンの名曲を一挙にまとめたBOXが登場(5枚組)

このBOXは、2008年のルロイ・アンダーソン生誕100年を記念してNAXOSからリリースされた5枚の管弦楽作品をまとめたもの。そり滑り、タイプライター、トランペット吹きの休日・・・誰もが知っている名曲から、クリスマスのための組曲や、リリース時に話題となったピアノ協奏曲、ミュージカル《ゴルディロックス》など、世界初録音を含む珠玉の名作を収録。スラットキンとBBCコンサート・オーケストラによる華麗な演奏で、誰もが楽しめる素晴らしいBOXの登場です
(2021/09/30)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

完全初出!シュムスキー唯一のブラームス: ヴァイオリン協奏曲、1984年デジタル録音が登場!

この録音は、1984年秋にドイツのマールで行った演奏会の2日後にセッション収録したものですが、なぜかその存在が知られぬままになっていました。近年、シュムスキーの子息エリックが父の遺産整理中に未編集のテープを発見。かつて父のロンドン・デビューをお膳立てしたエリック・ウェン(現Biddulph)と共に編集と関係者の承諾を進め、ここにリリースされます
(2021/09/30)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

村治佳織~名曲満載のベスト・アルバム「ミュージック・ギフト・トゥ」

人気ギタリスト、村治佳織の7年振りのベスト・アルバム。近年公演でよく弾くレパートリーを中心に、ポピュラー楽曲、クラシックの名曲や映画音楽など人気レパートリーを村治本人が選曲。このアルバムのために新録音したミュージカル《キャッツ》の「メモリー」を特別収録。初回限定盤には(1)新たに撮影した写真満載の別冊フォト・ブックレット、(2)2019年3月にTeamLabボーダレスで開催されたイエロー・ラウンジのライヴから2曲の映像を収録したDVD付き
(2021/09/30)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック クラシック オムニバス

ミュンヘン国際コンクール優勝!佐藤晴真2ndアルバム「SOUVENIR~ドビュッシー&フランク作品集」

2019年、長い伝統と権威を誇るミュンヘン国際音楽コンクールチェロ部門において日本人として初めて優勝する快挙を果たした23歳の新進気鋭チェロ奏者、佐藤晴真のセカンド・アルバム。2021年11月7日から開催が予定されている佐藤晴真チェロ・リサイタルに合わせてリリースされるもので、フランスで活躍したドビュッシーとフランクのソナタを中心に、「月の光」「美しき夕暮れ」といった編曲作品など、フランスのチェロ作品の美点を十分に組み込んだ1枚
(2021/10/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

18世紀オーケストラの新録音はバッハの“ブランデンブルク協奏曲第6番”、“管弦楽組曲第2番”&テレマンの“ヴィオラ・ダ・ガンバと弦楽のための組曲”

ブリュッヘン亡き後にも様々なゲスト指揮者を迎えながら精力的に活動を続けているオランダの古楽オーケストラ「18世紀オーケストラ」。コロナ禍における新録音は、ツィパーリングや、シュミット=カスドルフら古楽器の名手がフィーチャーされた、大バッハとテレマンの名曲アルバム!“ブランデンブルク協奏曲第6番”、“管弦楽組曲第2番”に、テレマンの“ヴィオラ・ダ・ガンバと弦楽のための組曲”を収録
(2021/09/30)

クラシック 古楽・バロック

マイケル・コリンズ&スティーヴン・ハフ~ブラームス:“3つ”のクラリネット・ソナタ(SACDハイブリッド)

マイケル・コリンズの新録音は、長年の友人で室内楽のパートナーとして絶大な信頼を寄せるスティーヴン・ハフとの共演でブラームスの“3つ”のクラリネット・ソナタを録音しました。クラリネット・ソナタといえば作品120の2曲ですが、ここではヴァイオリン・ソナタ第2番をコリンズ編曲によるクラリネット版で収録しており『3つのクラリネット・ソナタ』というアルバム・タイトルが付けられています
(2021/09/30)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 ブラス