こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

マイケル・ティルソン・トーマス自作自演ライヴ!サンフランシスコ響と“アンネ・フランクの日記から”&“リルケの瞑想”(2枚組SACDハイブリッド)

マイケル・ティルソン・トーマスのサンフランシスコ交響楽団音楽監督就任25年と音楽監督最終年を記念して、オーケストラと声楽のための最新自作曲をプレミア・レコーディング!オードリー・ヘップバーンのために作曲した“アンネ・フランクの日記から”と、リルケの詩にインスピレーションを得た“リルケの瞑想”を収録
(2020/04/17)

クラシック 現代音楽 オペラ

マハン・エスファハニの新録音はハープシコードで弾く現代作品集!『音楽? ~ ハープシコードのための現代作品とエレクトロ・アクースティック作品』

武満徹から、ヘンリー・カウエル、カイヤ・サーリアホ、ギャヴィン・ブライヤーズ、リュック・フェラーリら現代を代表する作曲家たち、そして同郷のイラン出身の作曲家、アナヒタ・アッバシがエスファハニのために書いた作品まで、マハン・エスファハニの精密な指使いで(時には拳で)表現される現代のハープシコード(+エレクトロニクス)の作品集です
(2020/04/16)

クラシック 現代音楽

アメリカ現代における「総合芸術」の第一人者メレディス・モンクの新作!『Memory Game』

ニューヨーク出身のヴォーカリスト、作曲家…あらゆる芸術活動を行っている「総合芸術」の第一人者メレディス・モンク。このアルバムでは過去作品に新たなアレンジを加えながら、自身のキャリアを振り返るという、まさにアルバム・タイトル「Memory Game」そのままの世界を披露
(2020/04/16)

クラシック 現代音楽

Naxos~2020年5月第2回発売新譜情報(8タイトル)

今回は、タンゴー&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管によるフランクの交響詩3曲、20世紀ノルウェーの作曲家エイヴィン・グローヴェンの交響曲第1番&第2番、『フランス・ピアノ秘曲集』、ベートーヴェンの民謡編曲集、ミロスラフ・スコリクのヴァイオリン協奏曲第2集、プエルトリコの作曲家ロベルト・シエッラの“カンタレス”など世界初録音を含むCD8タイトルがリリースされます
(2020/04/16)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 現代音楽

ポーランド放送アマデウス室内管弦楽団によるヴァインベルク/交響曲集が一挙2タイトル登場

旧ソ連時代には義父が反ユダヤ主義運動により殺害され、自身もジダーノフ批判でいくつかの作品の演奏が禁止され、さらには1953年に逮捕されるという激動と苦難の人生を歩んだヴァインベルク。再評価の途中という状態が続くヴァインベルクの芸術に光をあてる「ポーランド放送アマデウス室内管弦楽団」によるプロジェクトの続編が登場!
(2020/04/14)

クラシック 現代音楽 交響曲・管弦楽曲

10人の日本人作曲家が書き下ろし!飯野明日香~『和の歌─日本の歌によるピアノ作品集』

現代作品の演奏をライフワークのひとつとして活躍する気鋭のピアニスト飯野明日香の2020年最新盤は、新世代の日本を代表する10人の作曲家たちが、馴染み深い日本の歌にインスピレーションを受け、このCDのために書き下ろした新曲10曲を収録。世界的評価も高まるジャズ作曲家で、先日のグラミー賞にノミネートされるなど話題の挾間美帆も参加!
(2020/04/10)

クラシック 現代音楽 国内クラシック

石坂団十郎も参加!DUXレーベルのペンデレツキ/協奏曲集Vol.8&9

去る3月29日に86歳でこの世を去った現代のポーランド楽壇を代表する巨匠クシシュトフ・ペンデレツキ(1933-2020)。ペンデレツキが作曲した数々の「協奏曲」を網羅するために、ポーランドのレーベル「DUX(ドゥクス)」が進めてきた協奏曲シリーズの第8巻と第9巻が登場します。第9巻にはチェロの石坂団十郎が参加しています
(2020/04/09)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽 国内クラシック

英国の鬼才アデスが指揮するベートーヴェン:交響曲第1~3番!カップリングはバリーの現代曲

作曲家、指揮者、ピアニスト、トーマス・アデス(1971-)がブリテン・シンフォニアを振ったベートーヴェンの交響曲集。アイルランド国立交響楽団のコンポーザー・イン・レジデンスなどを務めたアイルランドの作曲家、ジェラルド・バリー(b.1952)の作品をカップリング
(2020/04/09)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 現代音楽

ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送響の最新アルバムはマグヌス・リンドベルイ:“告発”&“2つのエピソード”

ハンヌ・リントゥが指揮する、現代フィンランドを代表する作曲家の一人、マグヌス・リンドベルイの2つの作品。“2つのエピソード”は2016年のロンドンのプロムスでベートーヴェンの“第九”の前奏曲として初演された作品。“告発”はリンドベルイにとって初の本格的な「声とオーケストラ」のための作品です
(2020/04/09)

クラシック 現代音楽

名曲から知られざる楽曲までチェロのために書かれたソナタを凝縮したBOXが登場!『チェロ・ソナタ・エディション』(33枚組)

優雅で叙情的であり、最も深い感情を表現できる深い音色を持つチェロ。このアンソロジーでは、バロックの作曲家であるヤッキーニとD.ガブリエッリによる最初のチェロ作品から、ショスタコーヴィチ、カプースチンなど20世紀に作曲された作品まで、チェロのために書かれたソナタを中心に収録されたBOXが登場!
(2020/04/02)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック 現代音楽

Naxos~2020年5月第1回発売新譜情報(8タイトル)

今回は、フランスで人気を誇った「オペラ・コミック」の序曲集、チョーリャン・リンとジョン・キムラ・パーカーが演奏する現代アメリカのヴァイオリン・ソナタ集、マイケル・ドアティがウディ・ガスリーの生涯にインスパイアされた作曲した“この地は歌っている”など世界初録音を含むCD8タイトルがリリースされます
(2020/04/01)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 現代音楽

ケント・ナガノが作曲者臨席のもと演奏したペンデレツキ/ルカ受難曲(SACDハイブリッド)

ペンデレツキの「ルカ受難曲」は破格の大編成ゆえ、なかなか実演される機会はありません。2018年7月14日にモントリオール交響楽団とカナダ初演を果したケント・ナガノがその一週間後にザルツブルクのフェルゼンライトシューレで行なったコンサートのライヴ録音。当コンサートに臨席した作曲者ペンデレツキが終演後の喝采に応じている体験を共有できます!
(2020/03/31)

クラシック オペラ 現代音楽

エドゥアルド・フェルナンデス~ベルント・アーロイス・ツィンマーマン:ピアノ独奏曲全集(SACDハイブリッド)

ドイツが生んだ鬼才作曲家ベルント・アーロイス・ツィンマーマン。このアルバムはB.A.ツィンマーマンらしい繊細さに加えてドラマティックな展開をみせる音楽が特徴のピアノ作品を収録。全集は珍しい!
(2020/03/31)

クラシック 現代音楽

ピーター・ゼルキン追悼盤『コンプリート・RCA・アルバム・コレクション』(35枚組)

自分のいくつかの録音はいい出来ではなく、改めて発売するには値しないから、あなたにお願いしてそうしたものを省いてもらおうと思っていました。以前に復刻されたCDも手元にあるので、週末に聴いてみました。すると気持ちが変わったのです。今の私ならそのようには弾かないような解釈が刻まれた録音であっても、そうした欠点を補う何かがあり、いくつかは実に楽しく聴いたのです(P.ゼルキン)
(2020/03/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

3つの「日本沈没」の音楽を復活させたCD『小松左京音楽祭』トリプティーク、金属恵比須が初共演!

映画監督の樋口真嗣氏が「私の悲願でもある」と熱望したTV版「日本沈没」の復元演奏を含む小松左京原作による映像音楽を特集した音楽祭のライヴ録音を収録。演奏はオーケストラ・トリプティークと新世代プログレッシヴグループの金属恵比須。日本の名だたる映画監督が認めた佐藤勝、田中正史、広瀬健次郎のサウンドがついに蘇ります!
(2020/03/26)

クラシック 現代音楽 国内クラシック

世界初演!井上靖原作、トーマス・ラルヒャー作曲の歌劇“猟銃”!2018年ブレゲンツ音楽祭ライヴ

1949年に発表された井上靖の短編小説『猟銃』を、オーストリアの現代音楽家トーマス・ラルヒャーが作曲を担当してオペラ化!2018年ブレゲンツ音楽祭でのライヴで、世界初演映像。演奏はアンサンブル・モデルン!演出家カール・マルコヴィクスの繊細な心理描写で、独創的なオペラの映像に仕上がっています
(2020/03/26)

クラシック オペラ 現代音楽

ジョン・ウィルソン&BBCスコティッシュ響によるリチャード・ロドニー・ベネットの管弦楽作品集第4弾!(SACDハイブリッド)

『オリエント急行殺人事件』や『フォー・ウェディング』など映画音楽の作曲家としても知られるイギリスの国民的作曲家リチャード・ロドニー・ベネット。人気シリーズ管弦楽作品集の第4弾は“ピアノ協奏曲”に、BBCの60周年を記念して書かれた協奏的変奏曲“アニヴァーサリーズ”、バロック音楽や中世の音楽に基づく“トルバドゥールの音楽”など幅広い作風が収録されています
(2020/03/25)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

ドゥダメル、メータ、サロネンが集結!ロス・フィル創立100周年ガラ・コンサートの映像が登場

2019年10月、本拠地ウォルト・ディズニー・コンサート・ホールでロス・フィル創立100周年を祝うガラ・コンサートが行われました。現・音楽監督のドゥダメル、名誉指揮者のメータ、桂冠指揮者のサロネン…歴代の指揮者が集結!これぞロス・フィルというプログラム演奏された豪華コンサート。さらにロス・フィルの歴史を紐解くドキュメンタリーも収録。日本語字幕付き
(2020/03/25)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 現代音楽

バッティストーニ「BEYOND THE STANDARD」の第4弾!ベルリオーズ“幻想交響曲”と黛敏郎“舞楽”を収録!

クラシック王道の名曲と、日本人作曲家による傑作をカップリングしたプロジェクト「BEYOND THE STANDARD」第4弾。セッション録音で緻密に構築された“ベルリオーズ:幻想”と、1962年にニューヨーク・シティ・バレエ団からの委嘱によって黛敏郎が作曲したバレエ音楽“舞楽”をカップリング!
(2020/03/24)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 現代音楽 バレエ

世界初録音!ペンデレツキ:交響曲第6番“チャイニーズ・ソングズ”!カップリングは“クラリネット協奏曲”

“スケッチのみの未完の作品”として知られていたペンデレツキの“交響曲第6番「チャイニーズ・ソングズ」”。2017年にペンデレツキ自身が完成させた全曲の世界初録音アルバムが登場!カップリングは“クラリネット、弦楽、パーカッションとチェレスタのための協奏曲”
(2020/03/19)

クラシック 現代音楽