こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

イェローン・ファン・フェーン~『ベスト・オブ・ミニマル・ピアノ・ミュージック』(6枚組)

オランダのミニマル・ミュージックのスペシャリストであるピアニスト、イェローン・ファン・フェーンが、これまでリリースしたアルバムの中から、フィリップ・グラス、マイケル・ナイマン、アルヴォ・ペルト、ルドヴィコ・エイナウディ、マックス・リヒター、坂本龍一など、ピアノで弾くミニマル・ミュージックの名曲をセレクトしたベスト盤が登場!
(2020/10/14)

クラシック 現代音楽

GRAND PIANO レーベル~2020年11月発売新譜情報(3タイトル)

2012年、知られざるピアノ曲のレパートリーを開拓するために設立された「GRAND PIANO」レーベルの新譜情報です。今回は歴史的楽器で聴くモーツァルトの秘曲集、『20世紀のフォックストロット集第2集』、近現代アルメニアのピアノ作品集の3タイトルがリリースされます。一部世界初録音
(2020/10/09)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

世界初演!ユロフスキ&ロンドン・フィル~ウラジーミル・マルティノフ:ユートピア交響曲

モスクワ生まれの作曲家ウラジーミル・マルティノフ(1946~)の作品「ユートピア交響曲」の世界初録音。中国哲学の「タオ(道)」のテキストに触発された作品で、ユロフスキ率いるロンドン・フィルハーモニー管弦楽団が2019年ロンドンのアビーロード・スタジオで録音
(2020/10/09)

クラシック 現代音楽

ブニアティシヴィリ~色とりどりの小品集『ラビリンス(迷宮)』国内盤はBlu-spec CD2仕様で登場!

奔放な解釈、繊細な表現が高く評価されるカティア・ブニアティシヴィリの新アルバム『Labyrinth=迷宮』。彼女のお気に入りを集めたという今作は、とにかく選曲がユニーク。クープラン、スカルラッティ、バッハなどのバロック期の作品からモリコーネ、ペルト、ゲンズブールをはじめとした近現代作品まで幅広い時代から多彩な曲が並びます。独自の個性に磨きがかかった注目のアルバムです!
(2020/10/07)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽 クラシック オムニバス

ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送響による2016年Teosto賞受賞作曲家アンティ・アウヴィネン作品集

フィンランドにおいて直近1年で最も創造的な新作を発表した作曲家・作詞家に授与されるもので、北欧諸国で最大の音楽賞の1つTeosto賞を2016年に受賞したフィンランドの現代作曲家アンティ・アウヴィネン(1974-)の作品集。近年の世界情勢を基にした作品3曲が収録されています
(2020/10/07)

クラシック 現代音楽

ブルガリアの近代作曲家パンチョ・ヴラディゲロフの管弦楽作品集第1集(2枚組)

20世紀ブルガリアにおける「最も卓越し、影響力のある作曲家」の一人パンチョ・ヴラディゲロフ(1899-1978)。今回発売となる管弦楽作品集は、いずれも1920年代から40年代までに作曲されたもの。彼の息子アレクサンドルが指揮、ブルガリア国立放送交響楽団による演奏です
(2020/10/07)

現代音楽 交響曲・管弦楽曲

サクソフォン版ライヒのカウンターポイント!ヴィタリ・ヴァトゥーリャ~『ビヨンド・ワーズ』

サクソフォン奏者ヴィタリ・ヴァトゥーリャによるアルバムは、電子機器と組み合わせることによって無限の音色のパレットを得たサクソフォンを駆使し、サクソフォン版に編曲されたライヒの“ヴァーモント・カウンターポイント”と“ニューヨーク・カウンターポイント”をメインに、田中カレンのアンビエントな作品など収録
(2020/10/07)

クラシック 現代音楽 ブラス

Naxos~2020年11月第1回発売新譜情報(9タイトル)

今回は、スペクトラム・コンサーツ・ベルリンが演奏するコルンゴルトの“組曲&ピアノ五重奏曲”、ベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番と“クロイツェル”を弦楽合奏の伴奏で演奏した『リ・コンポーズド』、ファレッタ&バッファロー・フィルによるフローラン・シュミットの“バレエ音楽「サロメの悲劇」”など世界初録音を含むCD9タイトルがリリースされます
(2020/10/07)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 現代音楽

ヴィキングル・オラフソンがドイツ・グラモフォンに録音したCD3枚をBOX化!『三部作(Trilogy)』(3枚組)

アイスランド生まれのピアニスト、ヴィキングル・オラフソンがドイツ・グラモフォンに録音したCD3枚(『フィリップ・グラス:ピアノ・ワークス』、『バッハ・カレイドスコープ』、『ドビュッシー - ラモー』)をキャップBOXに収納した限定盤CDボックスが登場
(2020/10/06)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック 現代音楽

デュルプト&アンサンブル・リンクスによるスティーヴ・ライヒの名作“18人の音楽家のための音楽”

1974年から76年にかけて作曲されたスティーヴ・ライヒの名作“18人の音楽家のための音楽”。ミニマル・ミュージックの古典とも呼べる存在の記念碑的作品です。現代音楽レーベルの名門『Kairos』からアンサンブル・リンクスによる新録音が登場!
(2020/10/06)

クラシック 現代音楽

タベア・ツィンマーマン、待望の無伴奏作品集第2弾!『SOLO Ⅱ「バッハとクルターグ」』

Myrios Classicsレーベル史上最大のヒットとなった2008年リリースの無伴奏作品集『SOLO』。ヴィオラ・ファンのみならず多くのクラシック・ファンを虜にした名盤として知られます。今回遂に第2弾が登場!今回はバッハの無伴奏チェロ組曲第3番と第4番のヴィオラ版を両端に、クルターグの“サイン、ゲームとメッセージ”から6曲をセレクト
(2020/10/06)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック 現代音楽

NHK Eテレ『クラシック音楽館』で取り上げられたニコライ・カプースチンが話題!

2020年10月4日(日) に放映されたNHK Eテレの番組『クラシック音楽館』で、7月に惜しくも亡くなったロシアの作曲家ニコライ・カプースチンが取り上げられました。番組内で取り上げられた作品が収録されたアルバムをご紹介いたします
(2020/10/05)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

クリスチャン・ヤルヴィ&バルト海フィル~チャイコフスキー:眠れる森の美女(クリスチャン・ヤルヴィ編曲によるドラマティック・シンフォニー)

クリスチャン・ヤルヴィの最新アルバムは、クリスチャン自身が“眠れる森の美女”を凝縮版に編曲、世界初録音!全曲の上演には完全版は3時間、縮小版でも2時間を超える大作を、全曲版を構成する54曲のすべてをそれぞれを1分ほどに凝縮し、トータル70分の起伏ある文字通りのドラマティックなシンフォニーとして再現しています
(2020/10/02)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 バレエ 現代音楽

スペインの鬼才コンポーザー・ピアニスト、アルベルト・ギノバルトの最新アルバムは注目の“ピアノ協奏曲第3番”が収録!『大地の悲しみ』

スペインの鬼才コンポーザー・ピアニスト、アルベルト・ギノバルトの最新録音が登場。今作ではついに3番目のピアノ協奏曲“第3番「Les Mans del Vent」”が収録!そして地球環境保全を訴える“大地の悲しみ”、バルセロナからインスピレーションを受けた交響的作品“ガウディの夢”の3作品が収められています
(2020/10/02)

クラシック 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽

トリスタン・ペリッチによる50挺のヴァイオリンと50チャンネルの1-bitエレクトロニクスのための、画期的ミニマル・ミュージック!『ドリフト・マルティプライ』

ニューヨークを拠点とする作曲家のトリスタン・ペリッチ。このアルバム『ドリフト・マルティプライ』は、50挺のヴァイオリンと50チャンネルの1-bitエレクトロニクスのための作品で、ヴァイオリンとスピーカー(サウンド、ハーモニー、ノイズによるカスケード)を融合させたものです。この曲は、2018年のニューヨーク聖ヨハネ大聖堂でのレッドブル・ミュージックフェスティヴァルにて初演されました
(2020/10/02)

クラシック 現代音楽

エレーヌ・グリモー、2017年エルプフィルハーモニーでのライヴ映像!『ピアノ・リサイタル「ウッドランド・アンド・ビヨンド」』

この映像は、2017年ハンブルクのエルプフィルハーモニーで行われた「ウッドランド・アンド・ビヨンド」と題したコンサートの模様を収録したもの。大きなスクリーンに映し出される「森」をバックに、演目は、アルバム『ウォーター』と同じ構成で、ベリオ、武満、フォーレ、ラヴェル、アルベニス、リスト、ヤナーチェク、ドビュッシーの「水」をテーマとした作品とニティン・ソーニーの書き下ろしの新作“トランジション”を取り上げています
(2020/10/01)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

日本初演作品も収録!フラックス弦楽四重奏団~一柳慧:弦楽四重奏曲集(2枚組)

2020年1月、神奈川県民ホールの開館45周年記念事業として行われた、「一柳慧 弦楽四重奏曲全曲演奏会」のライヴ収録盤。1957年、ジュリアード音楽院留学時代の“第0番”から、日本初演となった2018年の“第5番”まで収録
(2020/09/30)

クラシック 現代音楽

20世紀を代表する作曲家たちのドキュメンタリー映像を集めたDVDボックス!『20世紀の作曲家たち』(7枚組DVD)

鋭い視点で描くドキュメンタリー映像に定評のあるACCENTUS MUSIC からリリースされている、サティ、アイヴス、ジョン・ケージ、ユン・イサン、ペンデレツキ、アルヴォ・ペルトという6人の20世紀を代表する作曲家たちのドキュメンタリー映像を集めた7枚組DVDボックスが発売。日本語字幕付き
(2020/09/29)

クラシック 現代音楽

アストリグ・シラノシアン&ナタナエル・グーアンによるナディア・ブーランジェへのトリビュート・アルバム!『ディア・マドモアゼル』

近代フランスを代表する音楽教育者の一人、ナディア・ブーランジェ。ピアソラ、ストラヴィンスキーからミシェル・ルグラン、クインシー・ジョーンズなど多種多様なアーティストたちに音楽の基礎を教えました。今回チェロ奏者のアストリグ・シラノシアンがブーランジェの作品に、門下のアーティストの名作を収録したトリビュート・アルバムを制作。ブーランジェの“3つの小品”ではピアノにバレンボイムが参加しています
(2020/09/29)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽 クラシック オムニバス

ファジル・サイ自作自演!カザル四重奏団との共演でファジル・サイ:ピアノ五重奏曲集&シューマン:ピアノ五重奏曲

近年は作曲家としても人気沸騰中のファジル・サイ。このアルバムではサイ自身がピアノを担当、カザル四重奏団とともに、自身の作品であるピアノ独奏曲を原曲とする“3つのバラード”と“Yuruyen Kosk”のピアノ五重奏編曲版とシューマンのピアノ五重奏曲を演奏しています
(2020/09/25)

クラシック 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽